世界へはばたく宮崎ワールド

昨年の夏、日本ではいたるところで、「ぽ~にょぽにょぽにょ音譜」という歌声が聞こえてきましたが、NYでは1年遅れで、今夏ようやく映画が封切りとなりました。

英語のタイトルは、
「Ponyo on the cliff by the sea」うお座

N.Y.に恋して☆-ponyo

「崖の上のポニョ」という邦題が忠実に訳されていますひらめき電球

一緒に観に行ったギリシア人の友達は、2,3年前に宮崎アニメの世界を知ってから、そのとりこになり、今では私以上にジブリのことを知っているいわばジブリおたくぶーぶー
ぽにょを見るのはもう3回目なのに、「今回は、今まで気づかなかった細かい動作に注目して見るからいいんだよ~。」と言って、ついてきてくれましたニコニコ

映画の後は、もちろんジブリトーク。
彼によると、こんなに人間や自然の細かい動きを見事に描いているアニメ映画は、宮崎監督の作品以外にないそうで、作り手のその心配りに気づくと、ドキッとするそうですビックリマーク

たとえば、
「魔女の宅急便」で、主人公のキキがくつを履くシーン。
靴を履くときに、つまさきでトントンと地面をつつくしぐさを見て感動した、と興奮気味に話してくれましたアップ

日本人でも気づかないこんな場面に注目している人がいることに驚きましたが、ジブリ映画が、外国人を惹きつけてやまないのには、ストーリーの面白さだけでなく、こうした魅力もあったんですね目
「千と千尋の神隠し」や「ハウルの動く城」は、日本人でもテーマを理解するのが難しいのに、どうして海外でも公開されるのかしら、と思っていた長年の疑問がようやく解けましたひらめき電球
この友達のジブリの知識は、どこでそんなに情報を入手したのかと思うぐらいの量と細かさで驚いてしまいますビックリマークぜひ、アメリカでのジブリ普及大使に任命したいですクラッカー

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中