発音美人を目指して

日本人が苦手とする英語の発音としてよく言われるものといえば、

RとLの区別、thの音

ですが、これ以外にもネイティブには通じにくい発音があることが分かりましたひらめき電球

 

それは、

【wu】【ʒə】

 

これだけだとはてなマークだと思いますが、たとえば、

「woman」の【wu】

「asian」「measure」の【ʒə】

といった単語を思い浮かべたら、イメージがわいてくるでしょうか。

 

どちらも、私たちが思っている以上に、くちびるを使って発音キスマークしないと、先生に直されてしまいますNG

これは、日本人だけでなく、アジア人みんな共通。韓国人、中国人も同じく苦労しています。

 

でも、面白いことに、スペイン語圏の子たちは、私たちにとってはとても簡単な発音が大変なようです。

たとえば、「skill」。

えっ、て思うかもしれませんが、スペイン語は、最初に「e」をつけることが多いようで、「skill」をつい「eskill」と言ってしまうとか。

 

そして、発音と同時に大切なのが、抑揚ビックリマーク

日本語は、フラットな話し方なので、これも慣れるのは意外と大変。

でも、アクセントをつけずに同じテンポでしゃべると、ネイティブには怒っているように聞こえてしまうそうですガーン

 

抑揚をつける箇所は、

大きな声で、長く、高い声で

をうまく組み合わせるのがポイントです。

 

やはり、留学生と見破られないような英語が話せるようになりたいですリボン

きれいな発音の模索はまだまだ続きますベル

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中