NYにもこのビジネスが…。

所変われば、住んでいる人々の価値観、生活スタイルも違い、それによりビジネスにも大きな差がでてきます左右矢印

そんなことを考えながらNYの街を歩いていると、NYで流行っているのに東京ではあまり盛んではないビジネス、逆に東京でしか流行らないビジネスがあることに気づきました。

たとえば、

東京よりNYでさかんなビジネスといえば、ベビーシッター弁護士事務所歯医者があります。

おとめ座ベビーシッター:こちらでは、女性は結婚、そして出産後も仕事を続けることが普通なので、ベビーシッターの方にお世話になることが多いです。

メガネ弁護士事務所:訴訟社会のアメリカ。そうでなくても、外国人は、ビザの申請、グリーンカードの申請等で弁護士の方にお願いするケースもしばしば。

宝石ブルー歯医者:多様性が重視されるアメリカですが、なぜか歯並びはとても重要。みんな小さいときに矯正をしていて、芸能人のようにきれいで整った歯をしています。

一方、東京でしか流行らないビジネスは、まつげパーママラソン関連ビジネスではないでしょうか。

目まつげパーマ:朝のメイク時間短縮になるとして、日本ではOLに人気ですが、欧米人はまつげがもともとくるんとカールしているので、需要は限られたアジア人にしかなく、お店も見かけません。

走る人マラソン関連ビジネス:みんな合理的なので、かわいいランニングウエアをわざわざ買うことはなく、また電車はどんな格好でも乗れるので、更衣室とシャワールームを備えたランニング施設は存在しません。

 

そして、私が日本では一種のブームのようになっているけれど、NYでは絶対に流行らないだろうな~、と個人的に思っていたビジネスがあるのですが、なんとそのビジネスがNYにも上陸してきましたぼーぜん

 

それは、「婚活」。

流行らないと思った理由は、NYにいる日本人の構成を考えると明らかだと思うのですが、

・駐在員:日本である程度のキャリアを積んでからNYへ渡ってくる人が多いので、既に結婚しているおひなさま

・大学生・大学院生:活動するにはまだ若いキラキラ

・その他:日本で一定期間働いた後にNYへ飛行機NYでやりたいこと、学びたいこと等々、みんな夢や目標に一生懸命で、あまりそういう発想にたどりつかない。

そして驚くことに、そのビジネスを始めたのは、NYで大手の一角を占めるとある日系人材紹介会社。

こちらには日系人材紹介会社が数社あるのですが、その規模はどこもほぼ同じぐらいで、いわば全ての会社が大手です。

不景気のため副収入を期待して、本業のビジネスのノウハウを生かせるとして始めたようです。個人的には、これまで築いてきた会社のイメージに傷がついてしまうのではないかと思います…あせる

多くの日本人が読んでいるフリーペーパーの1ページに大きく広告が掲載されたので、NY在住日本人の間では、このビジネスが、果たして場所を変えても成功するのか、ちょっとした話題になっています。

女性にやさしい街・NYC

「どうしてるかな、会いたいな~」と思っていた友人と、2日連続で偶然出会い、ハッピーな週末を過ごしていました音譜ある人は私がお気に入りのカフェで座ろうとした席の隣りに座っていて、そしてもう1人とは道端でばったりと遭遇。

広いマンハッタンで、奇跡のようですビックリマーク

「引き寄せの法則」がきっと結びつけてくれたのでしょう。

続きを読む

8:2の法則

NYには、日本人向けのフリー紙がいくつか存在しますベル

週間で発行している週間NY生活、毎日発行のDAILY SUN、NYジャピオンなどがその代表格でしょう。
私のお気に入りは、中の半分以上を広告と求人情報が占めている他者とは違い、広告を最低限に抑え、全て独自取材でNYの文化を深く掘り下げている週間NY生活こちら からどうぞ)キャッ☆
しかし、こうしたフリーペーパーは、NYの新しいイベント、NYで活躍している日本人、NY関連のニュースを知る良い機会なので、新聞を見つけると発行元を問わず、必ず入手して、情報収集に努めていますサーチ

NYジャピオンには、あのレバレッジシンキングで一躍有名なコンサルタント、本田直之さん連載があります。

そこに、先日こんな記事がありました。
「8:2の法則」

会社の売上の80%は、仕事のできる20%の社員が稼いでいるビックリマーク
会社のしくみをうまく表している言葉だと思いました。

この8:2の法則は、世の中色々なところに存在しているそうです。
そして、私にも、この8:2の法則があることに気づきました。

それは、友達の男女比ですマイメロ
こちらでできた友達を考えてみると、

日本人の友達 男:女=2:8(もしかしたら、1:9に近いかも)

外国人の友達 男:女=8:2
どうしてこうなるのかというと、

日本人の友達は、男女問わず、分野は違うけれど、皆何かしたいことを求めてこっちへ渡ってきている人たちアップ

特に女友達は感覚が似ていて、あっという間に親しくなれ、そしてその友達を通じてまた新たな女友達ができて…という形で広がっていったのですニコニコ
一方外国人ですが、仲良くなる友達は、やはりみんな何らかの形で日本に興味がある人たち目

それも、日本の映画やドラマが好きだったり、日本文化に興味があったり、日本で働いたことがあったり人それぞれ。

でも、一番一般的なのは「Kill Bill」等からサムライ文化に目覚め、剣道を習ったことがあったりする人たちなのですひらめき電球そうすると、自然と男性陣のほうが仲良くなりやすいです。
さすが人種のるつぼNYとあって、友達も、美大生、弁護士、銀行マン、会社経営者、大学院生、アナウンサー、研究者、役者、会計士、SE、記者等、多岐にわたり、彼らから聞く新鮮で刺激的な話にいつもわくわくしていますきゃー
そして、英語がもっとうまくなったら、もっと会話が楽しくなると思うと、英語の重要性を実感する毎日です音譜

続きを読む

NY老舗レストランの悲劇

セントラルパークの中にお店を構え、ニューヨーカーのみならず多くの人々に愛されてきた老舗レストラン、Tavern on the Green(タバーン・オン・ザ・グリーン)が、昨年末の2009年12月31日、33年の歴史に幕を閉じましたしょぼん

N.Y.に恋して☆-ToG13
LeRoy一族が経営するこのレストランは、豪華な内装伝統的なアメリカ料理で知られ、常にニューヨークのトップレストランの一角を占めていましたアップ日本のガイドブックにも必ず掲載されているし、映画等に登場する機会も多かったので、観光客の間でも有名レストランでしたキラキラ

N.Y.に恋して☆-ToG2
まだクリスマスの飾りが残る店内

会社のパーティー、そして絶好なロケーションということもあり結婚パーティーにもよく使われていたようですクラッカー

N.Y.に恋して☆-ToG6
広間と広間をつなぐ通路。通路とは思えないきらびやかさです。

営業最終日は、大晦日ということも相まって、このレストランに思いを寄せる多くの人々で賑わう店内が、テレビでも放送されていました。

こんな歴史と伝統あるレストランがなぜ閉店に追い込まれてしまったのかというと、なんと経営難から2009年9月にChapter11、いわゆる会社更生法を申請したからです叫び
そして、2009年12月末までとなっていたここの借地権を、公園管理局が延長しないことを決定。その借地権は、同じくセントラルパーク内でレストランを経営するセントラルパークボートレストランのオーナーの手へ渡ることとなりましたリサイクル

しかし、ここで不思議なのが、タバーン・オン・ザ・グリーンの経営の実態はてなマーク
2009年の数字は明らかとなっていませんが、2008年は36百万ドル(約36億円)もの収益を生み出しているそうです。他のレストランと違い、公園管理局への借地料、労働組合への拠出費用があったことを考えても、破産に追い込まれてしまったのには疑問が残ります。財務諸表を一度のぞいてみたいです目
そして、この地では、今年3月には新オーナーの下で新しいレストランがオープンするため、1月13日から15日の3日間、ファンへの最後の機会としてレストランが一般公開され、同レストランのとある広間では、レストランの貴重な品々がオークションへかけられました。様々な債務者への返済にあてる資金を集めるためですお金

N.Y.に恋して☆-ToG3
ある広間の様子。ピアノはなんとYAMAHA製。これも競売対象でした。

このレストラン、私は11年前に初めてNYへ旅行で来たときから知っていたのですが、シンプルな外観からは想像できないぐらい高級レストランであったため、しかるべきときが来たらぜひ行ってみたいと思い、いまだ足を踏み入れたことはありませんでした。

しかし、今回が最後の機会なので、カメラ持参で中へ入ってみました。
そして入ってビックリ!!すべての床に敷き詰められたじゅうたん、天井のあちこちに下がる豪華なシャンデリア、壁一面を埋める西洋画、あちこちに展示された豪華な鹿のオブジェ(鹿がお店のマークであるため)ぼーぜん
当初の想像を超えた、現代のレストランとは思えない空間が広がっていました。

ただ、同時に驚いたのは、それら全ての品々に1つ残らず、番号をつけたタグがつけられていたことビックリマーク
お店の看板、窓ガラス、小さな置物、食器…、店内にあるものは全てオークションの対象となっていました。
そして、オークション会場では、番号順に、機械的に、ものすごいスピードで競売が進んでいました。

N.Y.に恋して☆-ToG1
セントラルパークが描かれた絵画。壁一面を覆い、迫力あるサイズです。

そして、競売にかけられた品々を見てみると、こんなものまでかお

お店の看板

N.Y.に恋して☆-ToG10

お寿司も出されていたのでしょうか。

N.Y.に恋して☆-ToG8

輝く鹿の耳にもタグがつけられています。

N.Y.に恋して☆-ToG5

伝統的なものを守る一方で常に変化を求めるNYにおいて、歴史ある遺産は大切にしていかなければいけないと思いますが、一族の放漫経営により、NYの価値あるものが失われてしまったのは、本当に残念ですダウン

手帳の謎

の流れの早さに少しの焦りと驚きを感じていましたが、こちらではそんな感情が全くわきません。

 

というのも、年を越した実感がいまだにないからですあせる

 

日本時間のタイムズスクエアのカウントダウンにも行きました。

友達に年賀の挨拶メールも送りました。

実家に届いた年賀状は全部スキャンして送ってもらいました。

今年の目標もたててみました。

 

でも新しい年が明けた感触がつかめないのは、お正月を日本で過ごしていないからですかお

こちらでは、お正月という概念がなく、新年の挨拶はクリスマスと一緒。

グリーティングカードも、「A Happy New Yearクラッカー」というものはなく、「Merry Christmas & A Happy New Year音譜」となっていて、クリスマスがメイン、新年のお祝いはあくまでそのおまけのような位置づけなのです。

所変われば文化や風習も変わるのは、とても面白いですアップ

 

「1年の計は元旦にあり」を実践するべく、新しい手帳を買いに街へ飛び出してみましたくつ

日本だったら、最近では秋頃から次の年の手帳があちこちのお店に並んでいるし、バリバリキャリアウーマンの勝間和代さんや佐々木かをりさんは独自の手帳を発売していますが、こちらではそんな光景は見かけません。

 

無印良品にあった手帳はあまりにシンプルだったので、買うのをためらっていたら既に売り切れてしまいましたしょぼん

Papyrusというかわいい文房具(主にグリーティングカードを扱っています。)やさんにも出向きましたが、そこで見つけた手帳は、なんと2009年7月スタートで2010年6月エンドビックリマークアメリカの新学期が9月に始まることに対応しているようです。ビジネスマンは、会社支給の手帳とかあるのでしょうか。それとも、iphoneやblack berryでスケジュール管理をしているのでしょうか。みんな一体どうしているのでしょうはてなマーク
N.Y.に恋して☆-diary
MOMAで開催中のモネの睡蓮展。こんな表紙の手帳があったらすてきですねキラキラ

私の手帳探しはまだまだ続きます。

見つけたら、忘れないうちに目標を書き留めたいと思いますメモ

 

その1つは、NYの隠れスポットを開拓することニコニコ

ガイドブックでは最新ショップやレストランが重視されがちですが、NYには普段何気なく通り過ぎているところに実は歴史的遺産があったり、そして地元客でにぎわうお店が隠れていたりします。

そんなスポットを自分の足で歩き、目で見てここでお伝えしていけたら、と思います中トトロ?