8:2の法則

NYには、日本人向けのフリー紙がいくつか存在しますベル

週間で発行している週間NY生活、毎日発行のDAILY SUN、NYジャピオンなどがその代表格でしょう。
私のお気に入りは、中の半分以上を広告と求人情報が占めている他者とは違い、広告を最低限に抑え、全て独自取材でNYの文化を深く掘り下げている週間NY生活こちら からどうぞ)キャッ☆
しかし、こうしたフリーペーパーは、NYの新しいイベント、NYで活躍している日本人、NY関連のニュースを知る良い機会なので、新聞を見つけると発行元を問わず、必ず入手して、情報収集に努めていますサーチ

NYジャピオンには、あのレバレッジシンキングで一躍有名なコンサルタント、本田直之さん連載があります。

そこに、先日こんな記事がありました。
「8:2の法則」

会社の売上の80%は、仕事のできる20%の社員が稼いでいるビックリマーク
会社のしくみをうまく表している言葉だと思いました。

この8:2の法則は、世の中色々なところに存在しているそうです。
そして、私にも、この8:2の法則があることに気づきました。

それは、友達の男女比ですマイメロ
こちらでできた友達を考えてみると、

日本人の友達 男:女=2:8(もしかしたら、1:9に近いかも)

外国人の友達 男:女=8:2
どうしてこうなるのかというと、

日本人の友達は、男女問わず、分野は違うけれど、皆何かしたいことを求めてこっちへ渡ってきている人たちアップ

特に女友達は感覚が似ていて、あっという間に親しくなれ、そしてその友達を通じてまた新たな女友達ができて…という形で広がっていったのですニコニコ
一方外国人ですが、仲良くなる友達は、やはりみんな何らかの形で日本に興味がある人たち目

それも、日本の映画やドラマが好きだったり、日本文化に興味があったり、日本で働いたことがあったり人それぞれ。

でも、一番一般的なのは「Kill Bill」等からサムライ文化に目覚め、剣道を習ったことがあったりする人たちなのですひらめき電球そうすると、自然と男性陣のほうが仲良くなりやすいです。
さすが人種のるつぼNYとあって、友達も、美大生、弁護士、銀行マン、会社経営者、大学院生、アナウンサー、研究者、役者、会計士、SE、記者等、多岐にわたり、彼らから聞く新鮮で刺激的な話にいつもわくわくしていますきゃー
そして、英語がもっとうまくなったら、もっと会話が楽しくなると思うと、英語の重要性を実感する毎日です音譜

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中