世界基準を知るということ

日本時間で24日に行われた注目の女子フィギュア。NY時間では、23日夜でした。日本のニュースのほうが詳しいので、そちらで色々チェックしていたら、NYとの時差が14時間あることをすっかり忘れていて、あやうく見逃すところでしたあせるアメリカは、やはり野球バスケアメフトの国なのでしょうかはてなマーク

オリンピックは、NBCというチャンネルで放送されていますが、日本のような盛り上がりは全くなく、普通の試合とほぼ同じような扱いなので、ついオリンピックが4年に1度しかない特別な舞台であることを忘れてしまいそうですかおアメリカは、メダル争いもトップを走っているのに、不思議でなりません。

解説は、金メダル候補となる外国人選手(フィギュアでは、プルシェンコやキムヨナ、真央ちゃん)以外は、やはりアメリカ選手に熱がこもりがち。アメリカ生まれの日本人、長洲未来ちゃんは、真央ちゃんと同じぐらい大きく取り上げられていました。

日本にいたら、日本選手が登場したら、見ている私まで緊張して競技が終わるまでずっと固まってしまうところですが、こちらの解説者がドライであるからか、そして日本選手も他国選手と全く平等に報道されているからか、冷静に競技を楽しんでいますリボン

そこで気づいたことは「世界基準」で戦うということの重要性ひらめき電球

続きを読む