アカデミー賞を影で支える人

昨夜の第82回アカデミー賞の結果は、一晩明けてもテレビや新聞で持ちきりですアップ

 

300億円をつぎこみ、現時点で2000億円を超える興行収入を記録している3D映画「アバター」12億円の制作費ぎりぎりの15億円を回収したイラク戦争をテーマにした「ハート・ロッカー」の対決。

 

それは、「アバター」のジェームズ・キャメロン監督と「ハート・ロッカー」のキャスリン・ビグロー監督の元夫婦対決でもありました。

 

結果は、「ハート・ロッカー」の圧勝王冠1

女性初の監督賞をはじめとした6冠を獲得しました。一方、「アバター」は3冠。

お金をかけて、多くの人を呼び込んだ超大作よりも、映画本来のストーリーやメッセージ性に支持が集まった結果となりましたリボン
N.Y.に恋して☆-Kathryn Bigelow
真ん中が、女性初の監督賞を受賞したキャスリン・ビグロー監督(写真はnj.comより)

 

そのアカデミー賞を影で支えていたのは、国際的に名高いプライスウォーターハウスクーパースの会計士宝石白

華やかな表舞台の裏で行われる様々な駆け引き。そうした誘惑に屈せず、発表当日まで秘密を厳格に守り、正確に票をカウントするという重大任務を、同会計事務所が76年間にわたりつとめています。

 

過去82回開催のうち76回

その間に数えた票の数は45万票以上

その間に作成した受賞者の名前を入れた封筒は2500通以上(1941年の封筒の制度導入以降)

候補者の票の集計に要した日数は7日

最終票の集計に要した日数は3日

毎年手集計にかかる時間はのべ1700時間

 

これらをミスなく、そして最も重要な秘密を絶対に守る、という任務を今回も無事に終えましたグッド!

 

アメリカのテレビでは、何度もこの票はプライスウォーターハウスがカウントしましたと報じていましたが、会計士がこうした場面でも活躍できるのはとても面白いですニコニコまた、秘密を守るという重要任務の適任者として、会計士が選ばれるというのは、アメリカで社会的信用が高いことのあらわれだとも思いましたニコちゃん

 

この出来事は、日本でも最近報道されていたようです(こちら からどうぞ)

 

次回は私が一番注目していたアカデミー賞候補作品を紹介したいと思います。

 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中