NYの名物クッキー

私はNYが大好きなので、こちらへ来てからも、色々な方法でNYの情報収集を行っていますサーチ日本から持ってきた何冊かのガイドブック、NYのローカル番組、こちらの新聞等々メモ

 

それでも、まだまだ知らないことだらけです。

数ヶ月前に生粋のニューヨーカーの子に教えてもらったのが、これリボン
N.Y.に恋して☆-black and white cookie
写真をよく見ると、黒い部分が白い部分に少しはみだしていたり、重ねて売られているので、白いところに別のクッキーの生地がはりついた跡が。日本では売り物にならないかもしれない商品も、ここNYでは立派な売り物です笑

 

一見普通のクッキーに見えますが、これは「black and white cookie」と呼ばれるNYの老舗名物スイーツです。

NYというと、カップケーキやチーズケーキを思い浮かべる人も多いと思いますが、歴史があるのは、このクッキーのほう林檎

 

今まで全く気にしたことがなかったこのクッキーですが、意識して観察してみると、街じゅういたるところで売られています。

老舗デリ、アメリカ系スーパー、パン屋、カフェ、スタバのレジの前、duane reade(NYでよく見かける薬局。日本で言うとマツモトキヨシのような存在です。薬局といっても食べ物や雑誌、文房具も売っていて、コンビニのないアメリカで、コンビニ的役割も果たしています。)

 

このクッキーの誕生は1946年。

Manhattan’s William Greenberg Bakeryが、パンを作る際に余ったバターを使って作ったのが始まり、といわれています。このバターに少量の小麦粉を加えただけなので、クッキーのように生地は伸びず、食感もふわっとしていて、どちらかというとカップケーキに近い感じですキラキラ

こちらのカップケーキは見ただけでビックリすると思いますが、大きさは日本の1.5~2倍、甘さも2倍。そのため、このblack and white cookieは、クッキーの手軽さでカップケーキの味が楽しめる、とあるHPに紹介されていましたが、なんとこのクッキーとても大きいです。

これが伝統的なサイズなのでしょうか。普通のお店で売られているものは、直径約12センチビックリマーク

 

しかし、上にも書いた薬局duane readeですばらしい商品を発見ニコニコ

ミニサイズのblack and white cookie。日本のクッキーと同じサイズのものが20枚ぐらい入っているパックです。

どの店舗でもお菓子売り場に必ず置いてあるので、ぜひ1度試してみてください。
N.Y.に恋して☆-duane reade
街を歩いていたら、スタバ以上に遭遇率が高いのが、ここduane reade宝石ブルー

5分に1軒は見つけられるぐらいにいたるところにあります。24時間営業なのも便利。

 

なお、今まで食べたものの中では、このDuane Readeで売られているクッキーが、生地がふわっとしていて一番おいしいですキャッ☆

真ん中の白黒チョコが1度に食べられるところから、ぜひ最初の1口を。

 

black and white cookie発祥のお店はこちら

ベルWilliam Greenberg desserts

http://wmgreenbergdesserts.com/index.htm

Madison avenueの82ndと83rd streetの間

月~金 8am-6:30pm

土 8am-6pm

日 10am-4pm

 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中