東京とNYを結ぶ秘密のレストラン

ニューヨークには、ドラマにも登場するようなおしゃれなレストランリボン、一見入るのがためらわれるほど汚いけれど実は味は絶品というお店宝石白、NYの歴史とともに歩んできた歴史あるダイナーソフトクリーム等々、あらゆるレストランがありますが、味も雰囲気も抜群、というお店は看板を一切出さず、人知れずひっそりと営業していると聞きます。

そうした秘密のレストランはここNYに7軒あるらしいのですが、それも噂によるものなので、定かではありませんはてなマーク

口コミだけが頼りでどうして経営できてしまうのかは大きな謎ですが、私が知っているそんな2軒のお店は、いつもドアを開けると中は人でいっぱいビックリマーク夜が更けてもカクテル片手に地元ニューヨーカーであふれていますカクテルグラス


N.Y.に恋して☆-dancing boy
街角で見事なダンスを披露する少年。NYの街角ではよくこんな光景を見かけます。こうした街角アーティストたちに遭遇するのも、NYライフの楽しみのひとつです宝石紫

そして、ひょんなことから、3軒目の隠れ屋を発見しました目
その名は、Bohemian宝石ブルー

HPを見てみると、和食の原点は日本から、というオーナーの意向のもと、東京の西麻布にできた1号店に続いて、2号店がマンハッタンでひそかに営業を行っています。(現時点で世界中でお店があるのはこの2都市のみ。
http://www.yelp.com/biz/bohemian-new-york
(お店のHPは、このページのどこかにあるので、探して訪問してみてください。)

このレストランの秘密の徹底ぶりからは、オーナーの相当のこだわりがうかがえます。もっと地球をFreeに遊ぼう、というコンセプトのもとで、世界中を気ままに旅しながら、気に入った場所にアジトをつくっていくそうです。そのペースは年1ぐらいだとかヒツジ

そのレストランが、マンハッタンにお店を構えたのは、おしゃれなカフェや洋服屋が集まるノーホーのとあるビル。かつてアンディー・ウォーホルが所有していたビルでこのお店は今日もひっそりと営業を続けています。

21世紀のボヘミアンたちがあつまるアジトキラキラ一体どんな世界が繰り広げられているのでしょうか。

お店の連絡先は非公開のため、HPからメールを送って問い合わせなければいけません手紙でも、返信は先方が「ピンと来た場合だけ」だとか。本当のアジトですね中トトロ?

近いうちにこのアジトに潜入に行ってみたいと思いますまっくろくろすけ
次回は、こんなすてきなアジト情報をゲットした意外な出会い、でもNYらしい面白い出会いを紹介したいと思いますにゃ

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中