なんとも明朗会計!アメリカの選挙事情

少し遅れた更新となってしまいましたが、11月2日、アメリカでは中間選挙が行われましたひらめき電球

2008年にオバマ大統領が誕生してから、その任期が半分経過したところで行われた今回の選挙の結果は、オバマ大統領のこの2年間の通信簿ともとれることから、選挙前からマスコミは民主党、共和党、そして最近登場した草の根政党ティーパーティーのどの政党が勢力を伸ばすかで大盛り上がりでしたメラメラ

結果は日本でも大きく報道されていたように、オバマ大統領属する民主党が惨敗ダウン大方のマスコミの予測通り、共和党の大躍進という結果となりましたアップ

なかなか上向かない景気。10%近くとかなり高い水準で推移する失業率。
日々の生活に苦しむ人たちの不満は、そんな状態をなかなか解消できないとして、現有政党へと向かったのが今回の選挙結果でした。この結果は、自民党が民主党に惨敗し、政権交代が行われた2009年夏の日本の状況と自然と重なりますかお

しかし、大きな違いは、アメリカには強烈なリーダーシップを持って国民を率いることができる絶対的なリーダー(=オバマ大統領)がいることではないでしょうか。
ほぼ単一民族の国である日本と違い、多くの移民たちあふれるこの国では、宗教や政治的価値観、生活環境が全く異なる人々が共存していて、そうした人々すべての意見を通すことは不可能でしょう。
しかし、オバマ大統領のように、その目線が国民へ向いているリーダーがいるということは、自己の地位や利権にこだわり、不都合なことがあるとあっという間に辞任してしまうリーダーばかりであるわが国と比べて、国民にとって、なんともうらやましいことだと思います宝石白

そして、もうひとつの大きな違いは、選挙が明朗会計であることメモ
選挙といえば、どこから発生したかわからない巨額の政治献金や闇金を元手に行われるイメージがある日本¥
お金がなければ立候補すらできない状況は、2世3世議員を生み出すひとつの理由になっているように思います。(ちなみに、お隣韓国では2世3世議員は存在しないようですビックリマーク日本は実力よりも名ばかり議員が多いと話すと、「どうして、ただ政治家の子供や孫だという理由で当選できるの?」と不思議がられてしまいましたはてなマーク

今回の中間選挙の結果をチェックしていてたどり着いた面白いHPはこちら。
http://www.cnn.com/ELECTION/2010/results/main.results/

CNNの選挙結果のHPなのですが、州をクリックすると各議員の当選結果と得票数が分かるだけでなく、議員の名前をクリックすると、議員のプロフィールだけでなく、選挙資金の出処と使用先までもが一覧となっています目

これを見れば、議員がどういった団体や人々と密接な関係にあるのかが分かり、政治ニュースをまた違った視点から見ることができるのではないかと思いましたサーチ

このデータがどこまで信憑性が高いのかは定かでないのですが、大まかなお金の動きを知る上では、とても有用なサイトだと思います宝石ブルー

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中