NYで一番有名な猫・マチルダちゃん

ニューヨークには、なぜか野良猫が全くいません。道には食べ物もあふれていますが、いまだ一度も野良猫を目撃したことがないです。

ニューヨークをベースに活動している猫の愛護団体がいくつかあるので、こうした団体によって、適時に保護されて、飼い主が見つかるまで、世話をしてもらっているからでしょうか。驚くことに、ニューヨークでは、猫を飼おうと思った時に、一番身近な方法が、こうした愛護団体を通じて、自分が気に入った猫ちゃんを探すことなのです。

{E4441517-F47D-46F3-86F9-F07090B548B2:01}

ASPCAは、ニューヨークで有名な愛護団体の一つです。ある日、突如街中に宣伝車が登場し、車の中には飼い主を待っているねこちゃんたちがいました。

{E0294332-E194-442B-9EC3-414D9D1BE628:01}

こんな感じで、ちょっとでも手をケースの外に出して、みんなと触れ合おうとする赤ちゃんネコ。

ニューヨーク在住のミュージシャン、坂本龍一さんが力を入れて活動している猫の愛護団体もあり、私の友人はその団体を通じて、それはそれは人懐こくて愛らしい猫を飼っています。

街では全く見かけない猫たちですが、ニューヨークの中心部、ビジネスで賑わうミッドタウンのあるホテルは、ニューヨーク1有名な猫がいることで知られています。

それは、Algonquin Hotel宝石白
1902年にホテルとしてオープン後、その美しい建物は、ニューヨークの歴史的建造物にも指定されているホテルです。一歩足を踏み入れると、少し落とした照明に、重厚な調度品の数々で、歴史の深さを感じる空間。

{2C2ABB79-73B1-410C-BA63-7529EFE0629B:01}

ホテル内のレストランでは、1919年から毎日、ジャーナリスト、作家、出版関係者、俳優らが、丸テーブルを囲んで、様々な議論を交わしたそうです。そして、それを可能とするホテル側の多大なサポートもありました。

このホテルに入ってすぐ右手にある旅行者のスーツケースを運ぶキャリーの上にどーんと構えているのが、このホテルの名物猫のマチルダちゃん。

{087FA477-38C9-4C1A-BB60-D5A2924A7B50:01}

なんとこのホテルでは、1930年代からずっと猫を飼っているそうです。そして、劇に出てくるような名前を付けようとのアイディアで、その当時から、雄猫にはハムレット、雌猫にはマチルダと名付けられてきたそうです。

猫ちゃんだけを見に来るお客さんも多いのでしょうか。小さなホテルの入口を通り抜けたわずかなスペースでマチルダちゃんと遊んでも、特に注意されることはありません。
休憩が必要な時には、すぐ横の控室で休んでいるので、姿が見えない時には、ホテルマンに聞くと、どこにいるのか教えてくれたりもします。

{895A908F-3E0E-4BE6-9902-9B3E091C53F0:01}

触っても全く動じないマチルダちゃん。

作家たちの会合は、Algonquin Round Tableと呼ばれていたようで、ホテルのレストランで、この丸テーブルを指定する人もいるようです。次回は、レストランにも足を運んでみようと思います。

ベルAlgonquin Hotel
59 West 44th street (between 5th and 6th avenue)

ブログランキングに参加しています。宜しければ、下のボタンのクリックをお願いします!
にほんブログ村 海外生活ブログ ニューヨーク情報へ
にほんブログ村

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中