アメリカで重視される価値観

夢いっぱいにスタートしたアメリカ生活で、海外組が最初に直面する試練といえば、
・携帯電話の契約ができない
・銀行口座が開けない
・クレジットカードが作れない
という3重苦ではないかと思いますしょぼん

どれも、アメリカ生活を送る上で必須のアイテムですが、アメリカはそう簡単に海外から来た人たちに門戸を開いてくれませんパー

そこには、アメリカ生活を送る上で知っておかなければならない、アメリカ社会が重視する、ある価値観が隠れています。

それは、「信用力」OK

日本では、きちんとした身分証明書を持っていて、自宅の住所を示すことができれば、それなりに「きちんと」した人であるという暗黙の解釈が存在しますが、統計上把握できていない不法移民も多く抱えるような国アメリカでは、たとえパスポートがあり、定住している場所があっても、その人自身が、社会的に信用できるとは全く言えないのですビックリマーク

なぜなら、身分証や自宅の住所といった個人情報からは、請求書をきちんと期日までに支払ってくれるような「きちんと」した人であるということが証明できないからですメガネ

請求書を期日までに支払うなんて、当然すぎることですが、色々な人が暮らすアメリカでは、こんな日本では当たり前のことも当たり前ではありません。(NYで一般的なルームシェアでは、部屋をきれいに使い、家賃も滞納することがない日本人は、アメリカ人の大家さんに好まれているようです。)

{FE837C73-6823-4555-8D37-320194301124:01}

数日前、グランドセントラル駅付近で行われていたユダヤ人によるイスラエルに関するデモの様子。老若男女が参加し、警察も出動する大騒ぎに。

アメリカが認めるようなきちんとした人であることを証明するためには、請求書の滞納をしないというレベルのきちんとした人であることを証明すれば良いので、簡単なようにも見えますが、アメリカ入国直後は、そもそもアメリカ国内でクレジットカードや携帯の契約ができないので過去に滞納したことがないことを証明できず、クレジットカード、携帯、銀行口座のいずれも持てないという負のサイクルになってしまいます。

では、こうしたサイクルはどうやって抜け出せば良いのでしょうかはてなマーク

まず、クレジットカードは、日系の会社と契約(JALとANAは、アメリカ新参者でも契約をしてくれます。)し、1年ほど期日までに請求書の支払いをして実績を作った後に、アメリカのクレジットカード会社と契約ができるようになります。

携帯電話も同様で、最初は日系の会社(KDDIやNTT Docomo)と契約して、いずれアメリカの会社に移るという方法や、アメリカの会社に多額の敷金を支払って、最初からアメリカの会社と契約する方法が一般的です。(敷金は、契約期間満了時に全額返ってきます。)

そして、銀行口座は、学生であれば、大学の学生証やビザの書類だけで学生用の口座を開くこともできますが、NYでは、シティバンクの5番街店に日本人用デスクがあり、この店舗に限って、アメリカ入国直後の日本人の申請も受け付けてくれています。

日本人であれば、ほとんどの人が当たり前のように身につけている「きちんと」感が、渡米直後はアメリカ人に証明できず、出端を挫かれてしまうのは、なんとも皮肉ですが、そうしたハードルは、一定期間暮らしているうちに、自然に溶けていくように思います。

そして、面白いことに、アメリカでの信用力は、ある一つの番号によって、一元管理されていて、この番号は思わぬところでもその効力を発揮してくることになりますサーチ

次回は、そんな不思議な番号とそれにまつわるお話です。

{1C101E24-DD32-4A74-BFBE-D016A94DF944:01}

こちらもすごい人だかり。碁盤の目状に走るマンハッタンの道に重なるように太陽が沈む年に二度しかない瞬間、通称マンハッタンヘンジを自らのカメラに収めようと集まったカメラっ子たち。

{F89EE3F2-36F0-45F0-9587-4DB8CAF18502:01}

皆の視線の先は、マンハッタンの東側から望むタイムズスクエア。マンハッタンの象徴とも言える、写真手前に映るクライスラービルも同時に収められるこの場所は、毎回マンハッタンヘンジの頃になると大賑わいです。

アメリカで重視される価値観」への4件のフィードバック

  1. Whitecatさん、今回の記事もこれからニューヨーク移住を計画中の私にとってとても重要で貴重なお話しです。その不思議な番号とても気になります(*^.^*)

    次回の記事も楽しみにしています♪

    いいね

    • maririn☆さん!この記事、アメブロから移行できていなかった過去記事なんですよー^ ^;; 過去の日付でアップしていたはずが、うまくできていなくて、新しい記事のようになってしまっていました。。正しい日付に直そうと思うので、記事は数年前のところに移動しまーす。

      いいね

  2. こんにちはwhitecatinnyさん。ブログ楽しく拝見させていただいてます。ニューヨークは単に旅行でちらっと行っただけだったのですが、良いところですよね。そこで、勇気をもって飛び出して活躍されているなんて、素晴らしいですね。尊敬です!私は勇気が足りなくグズグズするタイプなので憧れます。
    ニューヨークでは、ホテルの人とか美術館のスタッフとか、レジの人とかもすごく気さくで、楽しいイメージしかありません!でも、働いて生活となるといろいろ越えなければならないハードルがあるのですね。私も頑張ろう!という気持ちになります。thank you!!

    いいね

    • こんにちは!いつも購読をありがとうございます😊 ニューヨークは住めば住むほど、発見のある面白い街です。旅行では見えなかった生活の大変さもありますが、それを上回る刺激をくれる友人達、考えもつかないようなことをしようとしている人たち、全然違う生い立ちの人たちとの出会いがあり、そうした出会いが貴重な経験に繋がっています。ノリの良さもピカ一ですよね。マンションのエレベーターで知らない人と話したり、カフェで友達になったり。色々なニューヨークの側面をこれからもお伝えしていきたいです!

      いいね: 1人

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中