速報!波乱の大統領選挙の幕開け

今日は、いよいよ大統領選挙の幕開け。
全米50州の中で一番乗りで、アイオワ州での選挙人を選ぶ投票が行われました。

この投票は、各州ごとに行われるのですが、1972年以降先陣を切っているのがアイオワ。
今日までの間、あらゆるメディアがあらゆる手段を使って投票予測を行い、どの候補がどの候補よりも何ポイント有利、不利と報じてきましたが、最初に有権者の声が聞けるアイオワ州の結果は、今後の他の州の投票結果へも影響を及ぼすことにもつながり、アイオワを制した者が大統領選挙を制するとも言われるほどに、重要な意味を持っています。(アイオワがどれだけ重要かは、こちらからどうぞ。)

そして、蓋を開けてみたら、過去にないほどの大接戦。
さらに驚くことに、民主党、共和党ともに、メディアの予想を覆す結果となりました。

最初に勝利予想が出たのが、共和党。
前評判では、ドナルド・トランプ有利と言われていましたが、最後に微笑んだのは、29%という最多票を獲得したテッド・クルズ氏。
驚くべきことに、トランプさん、クルズさん、そしてマルコ・ルビオさんのトップ3候補は、なんと5%の僅差の中でひしめき合い、共和党支持者の票は、完全に3分割されました。

{C17067FA-EC80-4735-9114-0E99C32307F0:01}

NY1より。開票率91%ですが、テッドさんの勝利が確定。

{2B7A1A2E-FD2D-4A53-B8E4-B5E5518D787C:01}

NY1より。共和党の勝利者、テッドさん。勝利演説の中でも、何度もthe Godと神への感謝を口ににしていて、さすが保守派共和党候補です。

一方、民主党は、ヒラリーさんとサンダースさんの一騎打ち。
93%開票された今でも、最終結果は出ていないほどの接戦で、今のところ、ヒラリーさんが50.1%、サンダースさんが49.4%獲得という途中経過となっています。
ヒラリーさんが数ポイントリードするのではないかという前評判を覆し、サンダースさんの驚くほどの健闘に、メディアも驚いています。
{C7A173C0-994E-40F2-9E09-A9B71546A9BF:01}

NY1より。票は二人の候補者に二分割されました。

なお、アイオワ州では、2012年の選挙時から、首位獲得者に全選挙人が割り当てられる方式から、得票数に応じて選挙人数を割り当てるという、より実態に即した形が採用されています。
開票が終わった今は、この結果を受けて、各候補が支持者たちにお礼の演説を行っています。
アメリカでは小さい頃から学校でプレゼンの授業があり、普通の人でも皆、人前で話すのが本当に上手いのですが、政治家となれば、プロ中のプロ。
テッドさんも、ヒラリーさんも、カリスマ性、分かりやすい内容、メッセージ力、アピール力、間の取り方等々、あらゆる点ですばらしい演説でした。

{8EA7C0D3-2CD8-479E-82ED-988770FA2ACF:01}

NY1より。家族一丸となって戦うヒラリーさん一家。さすがと思ったのは、予想外に苦戦した結果となったものの、そんなマイナス面は微塵も感じさせず、あくまで自分がトップを走っているという力強いメッセージでした。決して良い状況ではなくても、強い姿を見せる、というのは、アメリカでは、政治の世界だけでなく、ビジネスやプライベートでも普通に行われています。

{948E6483-9BFB-4E36-8BF2-8C5EA1FBA715:01}

NY1より。こちらは、お馴染みのトランプさん。トランプさんも、思いがけず2位となったものの、”I love Iowa, thank you Iowa”とアイオワの人々の心を掴んでいました。

さあ、次は、来週のニューハンプシャー州。アイオワと並んで大統領選挙の行方を占う上で重要な州です。
私は米国市民ではないので、参政権はありませんが、今回の大統領選挙、ますます目が離せなくなってきました。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中