ニューヨークで学んだハグの実態

アメリカ人と日本人を含むアジア人との大きな違いの一つは、他人との距離感だと思います。

アメリカ人は、初対面の人ともうまく共通点を見つけて会話を弾ませたりするのに長けていますが、身近な人との距離感も、日本人よりもはるかに近いです。
その代表例が、ハグ。
{8A8C82F6-E137-4371-B1CA-78A62FFB728C}

thespiritscience.comより。女の子の表情が可愛いです。

 

ハグって、一体どんな場面で、どんな人とするのでしょうか。
教科書にも書かれていないハグの実態は、私は、ニューヨークで暮らす中での実体験から学んできました。
ハグについてまとめてみると、
・ハグをするのは女性同士または男女間。男性同士のハグは、ゲイの男性同士しかありえません。ゲイでない男性同士の場合は、握手が一般的です。
・ハグをするタイミングは、人に会った時と別れる時。通常の挨拶の一環のようなものです。日本人同士の場合、会った時や別れる時に親しみを込めて手を振ると思いますが、そのアメリカ版がハグに当たります。
・ハグをする相手は、家族や友人、久しぶりに会った知人。
一番見極めが難しいのは、ハグをするほどの仲かどうか、だと思いますが、アメリカ人のハグの敷居はかなり低いです。
例えば、2、3回しか会ったことがない人でも、それなりに話が盛り上がったり、楽しい時間を過ごせたと思ったら、ハグをするのはごくごく普通です。
男女問わず、相手がハグを自然に求めてきたら、ハグをしてみる、という感じで良いと思います。
面白いのは、会社のようなオンの場面では、社内で親しい女性同士のハグはOKですが、男性の同僚とのハグは、絶対にありえません。
それは、以前アメリカで社内恋愛がほとんどない理由を分析してみたこちらの記事にも書いたのですが、アメリカ人は、オンとオフを明確に分けているからです。
以前、道でばったり前職の同僚に会った時、そのアメリカ人の同僚は、自然にハグを求めてきました。
この例もそうですが、オン以外の場面でのハグの敷居は低いです。
前職の同僚にとって、私の転職後、私はその人の中でオンの外の人になったので、ハグをしてもいいのです。
その他、親しいクライアントの人との間でも、ハグをすることは絶対にありません。
同僚の男性がクライアント先の男性に握手を求められたり、私自身がクライアント先の男性と握手をすることはありますが、クライアントの女性と握手をすることはありません。また、私の会社の同僚が、クライアントの女性と握手をすることもありません。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中