ここまですごい!レディーファースト

欧米では、アジア諸国に比べてレディーファーストの文化が成熟していると言われていますが、アメリカでのレディーファースト文化には目を見張るものがあります。

{6253B5F6-B83E-470E-8CCF-01D4B68C1AD3}

夕暮れ時が美しいブルックリンブリッジ。天気も良いので、マンハッタンからブルックリンの方向へと歩く人がたくさん。

{3CC33A1F-CBFF-45AA-B8F8-B816C0DCB56B}

途中では、自由の女神も見ることができました。

いつも驚くのが、エレベーターでのマナー。
私より先に来て、私より扉の近くでエレベーターを待っている男性も、絶対に自分が先にエレベーターに乗ろうとしません。
それは、会社のエレベーターのような利用者の多いエレベーターでも、同じです。
私より前にいる複数人の男性たちが、エレベーターの扉が開いたと同時に、ささっと横によけて先に通してくれたことは、一度や二度ではありません。
こうして譲ってくれた時には、”thank you”と言って先に通させてもらいます。
それはエレベーターを降りる時も同じ。
狭いエレベーター、扉の前にいる人から降りたら効率的だと思いますが、扉の前にいる男性は通常、ささっと端にずれて、女性たちが出終わるまで動こうとしません。
会議室やレストランでも、アメリカにいる男性は、どうぞ、と必ず先に通してくれます。
それは、知り合いかそうでないかを問わずに、常に普遍のルールです。
私の会社の私よりはるかに年上の日本人上司たちも、いつも道を譲ってくれます。
日本ではそうした文化がないものの、長いアメリカ生活の中で、こうした行動様式も自然と身に付けている日本人は、とても素敵だと思います。
そして、それは、こうした行動だけでなく、考え方も間違いなく柔軟な証拠だと思います。
あくまで文化の違いなので、アメリカ式と日本式とを一概には比べられないと思いますが、アメリカのレディーファースト文化は興味深いです。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中