真の国際人になるための心得

インターネットの発達も相まって国際化の波が押し寄せている現代ですが、本当に皆のお手本になるような「国際人」は実はあまり多くないのではないかと感じています。

 

私が理想とする国際人とは、日本語と英語(英語だけが外国語ではありませんが、一番汎用性のある言語としてまずは英語ができることは、国際人として必須だと思います)が堪能で、細かいニュアンスまでも含めてこれらの言語を理解し、操ることができる人。そして、言葉だけでなく、自分が働いている国の文化や常識を身につけていて、ビジネスの場で交渉できる人。さらには、日本人として、日本のビジネスマナーを体得している人。そして、身だしなみが整っていて、自分が最も美しく見える術を知っている人。

 

{0AA6361A-2A61-412C-9143-AD5243578385}

最近の癒し。ペットショップで見つけた子犬。外が寒くて写真を全然撮っていないため、この子の写真を載せてみました。

国際人と言った時に、語学にコンプレックスがある我々日本人が真っ先に思い描くのは、語学が堪能な人だと思います。しかし、これだけでは、何か大切な要素が欠けてしまっているのです。なぜなら、国際人としてビジネスの場で活躍するためには、ビジネスマンとしての常識、ビジネスのやり方を身に着けている必要があるからです。例えば、アメリカ人相手であれば、アメリカ人に有効なコミュニケーションの方法がありますが、同じことを日本人に行なってしまっては、失礼にあたることもあります。国際化した現代社会においては、一つの案件が、特定の国の人とだけやり取りして完了することはなく、多くの場合、複数の国の人が関わってくるので、その時々で、それぞれの国の人に対応して、臨機応変にコミュニケーション方法を変えて行く必要があります。

日本流の方法をアメリカ人に使ってしまうと、まどろっこしかったり、意思決定が遅いと思われてしまいますし、逆に、アメリカのやり方を日本人に使ってしまうと、アグレッシブだったり、唐突だと捉えられかねません。

そこで、それぞれの立ち位置を把握し、微妙な場所でバランスを取ることが重要になってきます。

 

そして、身だしなみですが、アメリカ人は、そうした素振りを見せずにいながら、日本人以上に外見に気を使っていると思います。

体型を気にして頻繁にジムに行く人がいたり、サラダばかり食べている女性がいたり、以前このブログでも書きましたが、外ではどうでもよい平たい靴やスニーカーで闊歩している一方で、自分のオフィス内ではヒールを履いていたり、重要なミーティングの時には良いジャケットを来ていたり。

日本人がいつもある程度の身だしなみを整えているのに対して、アメリカ人の場合、普段が日本人以下だとしても、ここぞという時の気合の入り方は、日本人以上です。

 

また、アメリカでは、「自分の見せ方(魅せ方)」がとても重要であることも、ここ最近実感しています。これについては、最近国際社会で活躍している日本人女性と話したときにも同じく感じましたので、追って詳細をご紹介したいと思います。

 

こうして見てみると、幼い頃から海外生活をしている場合、言葉に支障はなくても、日本的価値観の部分が発達していなかったり、また、大人になってから海外生活をすると、そうした日本的マナーは大丈夫でも語学の壁があったり、となかなか上手くいきません。

 

このテーマは細かく書くととても奥が深いので、私が憧れる真の国際人日本人女性の例を交えながら、少しずつ掘り下げていきたいと思います。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中