NY観光で知っておきたいNYのトイレ事情

NYに来て間もない頃、不便だなぁと思うことは色々あったのですが、その一つが、街にトイレが少ないことでした。

日本であれば、駅、デパート、カフェ、オフィスビル等々、どこにでもトイレがあり、しかも驚くようなきれいさですよね。
しかし、NYでは、地下鉄の駅にトイレはありません。(唯一あるのは、郊外電車の発着地となっているグランドセントラル駅、ポートオーソリティー駅、ペンステーション駅です。)
いつの時代かは地下鉄にもトイレがあったようで、駅によっては、トイレの名残りの看板が残っているところもありますが、ドアは固く閉ざされています。
また、驚くことに、カフェもお店によってはトイレがありません。
日本ではトイレがないカフェを見たことがなかったのですが、今から思えば、きっと何らかの法律で、カフェにトイレ設置義務があるのでしょう。
NYでは、8畳ぐらいのとても小さなカフェがたまにあるのですが、こうしたお店には、まずトイレはありません。昔はそれを知らずに、トイレを目当てについでに飲み物を買おうと間違えてたまたま近くにあるカフェに入って、後からトイレがないことを知ることもありました。
日本のオフィスビルは、地下鉄の駅と連携していることも多く、地下街が発達し、1階も開放的で誰でも自由に入れる雰囲気のビルが多いと思いますが、NYは勝手が違います。
NYのオフィスビルは、テロ等への備えもあるからでしょうか。警備がわりと厳しく、一歩足を踏み入れると、セキュリティーの人の机があり、彼らが目を光らせています。
病院や語学学校等、人の出入りがよくあるテナントが入居しているようなビルでは、1階のセキュリティーで名前を告げることもありませんが、ビルによっては、受付にある台帳に名前と入館時刻の記入をしなければいけません。トイレは通常、1階を除く各階にあるのですが、各テナントに用事のある人しか使えないようになっていて、トイレのメインのドアの鍵は、テナント内の受付で借りる仕組みとなっています。そのため、関係ない人がふらっとビルに入ってトイレを使うことができません。
NYがトイレ事情でこんなに不便な街と気付いてから、マンハッタントイレマップを作ったらけっこう売れるのではないかと思うほどでした(笑)
今日は、私がおすすめするトイレスポットを、地域別にまとめてみました。(下記はあくまで目安で、私がこれらのエリアに行くときに当てにしているトイレがある場所です。)
宝石紫アッパーイーストサイド
・Barnes and Noble:86th street and Lexington avenue (日本で言う三省堂のような大型本屋さんです。)
・Bloomingdale’s:59th street and Lexington avenue (大型デパート)
宝石ブルー5番街
・プラザホテル地下:59th street and 5th avenue (地下のフードコートにきれいなトイレがあります。)
・ユニクロ:53rd street and 5th avenue (ユニクロは、全店舗トイレ完備です。)
・5番街沿いに並ぶデパート:Henri Bendel, Saks fifth avenue等いくつか大型デパートがあります。
宝石緑アッパーウエストサイド
・DSW:79th street and Broadway (安売りデパート)
宝石白ミッドタウン
・タイムワーナービル:59th street and 8th avenue(コロンバスサークルの角にあるファッション&オフィスビル。)
・紀伊国屋書店(ブライアントパークのすぐ西側にあるマンハッタン唯一の日系の本屋さん。1階に大きなトイレが2つあります。)
・サンライズマート:41st street between 5th avenue and Madison avenue(マンハッタンに3店舗ありますが、トイレがあるのはこの店舗のみです。)
宝石ブルーユニオンスクエア
・DSW:14th street between Union Square West and Broadway
・Barnes and Noble:16th street between Union Square West and Broadway
宝石赤SOHO
・Bloomingdale’s :Between Spring street and Broome street on Broadway
・ユニクロ:Between Prince Street and Spring street on Broadway
{2B60D5EE-7D8D-4BCA-AEBF-BFD4093BB7C3}

こちらは、上記リストに登場しているBloomingdale’s。ここ数年、Chinese New Year(旧正月)を意識した装飾で、中国人の消費を狙っています。

上記、具体的に書いてみましたが、これ以外に一般的に便利なのは、
・デパート(自由に出入りできるし、もちろん日本の比ではありませんが、それなりにきれいです。)
・スターバックス(どんなに大きな店舗でも1,2こしかありませんが、必ずトイレは完備してあります。)
・コーヒーチェーン店(スタバ以外のチェーン店も、トイレは確実にあります。)
・ホテル(泊まってもいないのにトイレのためだけに利用するのは気が引けますが、大型ホテルであれば、1階にホテルがあることが多いので、すーっと入ってしまって大丈夫だと思います。)
また、リストから外してしまいましたが、以前は、5番街をウロウロしている時、トランプタワーの地下にあるトイレをたまに利用していました。いまだにメラニア夫人とその息子さんも住んでいて、警備も厳重になってしまい、もはやビルの前に行くことすら難しい状況ですが、以前は、トランプタワーの1階と地下はとても開放的な空間で、観光客が気軽に休憩できるようなベンチもあり、ふらっと入っても全くおかしくなかったのです。そして、あまり知られていないため、いつも空いているという穴場な場所でもあったのです。トイレのためだけにあのビルに行っていたなんて言ったら怒られてしまいそうですが。。
今日は一風変わった話題となりましたが、NYの公衆トイレはとても汚いですし、全体的に日本と比べると綺麗度ははるかに落ちるので、観光の際に目星となるトイレの場所を知っておくと意外と役立つのではないかと思っています。