佐藤可士和さん、NYでiconic brandingを語る

先日、日本で売れに売れているクリエイティブディレクターの佐藤可士和さんが、NYで講演会を行いました。

{6421B150-5BBD-4095-9FB7-712936292CBE}

自身の事務所名の由来を語る佐藤さん。

佐藤さんと言えば、ユニクロを始めとする数々の有名企業のロゴの生みの親として知られていますが、そんな佐藤さんが今回講演に選んだテーマは、”Iconic Branding”について。企業が目指している姿やイメージをロゴという形に落とし込み、外に発信していくというお仕事。 

佐藤さんの仕事は、ロゴの制作にとどまらず、ロゴを通して、企業イメージを発信したり、企業価値を高めていくことも含み、それが、iconic brandingという表現へと繋がっています。

{1567C507-8C1E-4AF9-88F6-EAEE99AAAE3F}

佐藤さんの手で、こんなにたくさんの有名ロゴが生まれています。

ユニクロ、ツタヤのTポイント、楽天、セブン&アイホールディングス等、ロゴを見ただけで誰もが会社名も言えるような日本の有名企業のロゴを多数手がけてきた佐藤さんが考える、企業のブランディングは、相手にとって何が一番重要かを考えることだそうです。

そのため、企業から依頼を受けたら、自分のインスピレーションでいきなりデザインを始めるのではなく、相手との深いコミュニケーションを通して相手のニーズを把握し、時には歴史や実地調査も含めた下調べも行うそうです。

そのため、佐藤さんが手がけたロゴには、どれも必ずストーリーがあるのです。

 

{3409F843-D583-42F4-BE85-E46EA48575A9}

アイコニックブランディングの特徴とは・・・。

例えば、ユニクロの場合、ちょうどユニクロが海外展開をしようとしていた矢先にロゴの仕事が来たそうです。そこで、日本語には、漢字、ひらがな、カタカナがあることを考え、海外のものにはカタカナが使われるので、海外へと通じる企業というメッセージを込めて、あえて英語とカタカナの2つのロゴを作ったそうです。

 

海外での評価も高い佐藤さんの講演を楽しみに、会場は8割型日本人以外の人で埋まったのですが、常に物事の本質をつかもうとすれば、無理に奇抜にしようと思わなくても、新しいアイディアは生まれてくるというお話や、人は新しいものが好きなので、常に新しいことに挑戦することを忘れない、という佐藤さんのモットーも生で聞くことができました。

 

{073C8097-2AFD-4B81-BBFC-D498602AF466}

歌舞伎役者さんたちのポップなロゴ。

{C662D21D-B3DD-4DB9-A619-6402D64DCF61}

最後は質疑応答。

これだけ新しいロゴを数々世に送り出しているのはさることながら、ニューヨークの聴衆を前にして、堂々と英語でプレゼンをされていた佐藤さんを見て、世界を見据えて仕事をされている意識の高さを感じました。 

そして、講演会後の懇親会では、佐藤さんから直筆のサインをもらい、佐藤さんとファッション誌にも度々登場されている奥様も間近で見ることができ、大満足の講演会でした。

 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中