怒涛の4月とNYにやってきた春

気が付いたら今月ももう30日。明日からは早くも5月です!

この4月は仕事が立て込んでいて、開設以来自分のペットのように大切にしているこのブログからも足が遠のいてしまっていましたが、私は元気に過ごしています。

睡眠時間がいつもの半分ほどという日が続く週もあり、プライベートに使える時間は極めて短い月でしたが、個人的には、充実感でいっぱいです。

この2ヶ月ほどは、東京と台湾ほどの距離があるアメリカの地方都市とNYの間を4往復もしました。
日本からエースとして送り込まれた切れ者駐在員と一緒に仕事をする機会に恵まれ、仕事のスタイルや考え方を間近で学ぶことができたことは、私のキャリアにとって大きな財産となりました。

英語には、”book smart”と’street smart”という言葉があります。
日本語でぴったりと当てはまるような短い表現が思い付かないのですが、前者は、いわゆる教科書通りの勉強が得意で筆記試験で良い点数を取る人、そして後者は、自分の頭で考える力があり、人生生きていく上での智恵がある人のことです。

今回の仕事を通して、私は公私共にstreet smartで、日々高い志を持って努力を続けている人たちと一緒にいることが好きで、私自身も自分の目標に向かって日々精進していきたいと思いました。
ニューヨークには、様々な分野でstreet smartな人たちと知り合える機会が数多くあり、新鮮な刺激を受けられることはありがたいです。

出張から帰ってくると、長い冬ごもりをしていたニューヨークに春がやって来ていました。
ニューヨークの春は気まぐれで、4月頭に突然春らしい天気になってみたかと思うと、また冬に逆戻りしたような寒さが続くこともあり、4月も後半になるまで気温は安定しません。
そんなこともあり、桜も何の前触れもなく突然花開くのです。

日本のようにあちこちに桜の木があるわけではないニューヨークでは、桜がある場所を事前に調べて「わざわざ」見に行かない限り、桜には出会えません。

今年は、幸いにも、NYで桜というならここ、というようなお花見スポットに巡り会えましたので、写真とともにご紹介したいと思います。

{CE6C3B80-C1F2-47CE-86FE-2F84CA761194}

セントラルパークの北側にある貯水池のすぐ西側の80丁目後半からは桜のトンネルと呼ばれるほどに桜の木がたくさん。奥は、超がつくほど高級なコープ(マンション)。

{152A8635-6FFE-4576-B73B-1CD6C2D1AA30}

ルーズベルト島の西側にも桜の遊歩道が。通常の地下鉄でもこの島へは行けますが、奥に写る真っ赤なトラム(ケーブルカー)で島に降り立つと気分が盛り上がります。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中