人生のレール

日本では、世間で名の通った会社に就職したり、ステイタスのある仕事に従事し、社会がいつの間にか敷いた規定のレールに乗った人が勝ち組とされ、そのレールに乗りそびれてしまった人や途中でレールから脱落してしまった人は、自然と負け組扱いされてしまう風潮が強いことは、NYへ来るまであまり意識することはありませんでした。

しかし、肌の色も髪質も、話す言葉も、信じる宗教も、普段食べるものも違う人たちが混じり合って暮らすNYで、何のレールもないところを自らレールを作りながら歩んでいる人たちを目の当たりにし、自分でレールを作っていけるこの環境がとても心地よくなり、私がNYにこだわる究極の理由はここにあるのではないかと思います。

私は日本でもNYでも普通の会社員ですが、面白いことに、私がプライベートでNYで集っている友人たちの会社員率は極めて低いです。
毎日決まった時間にオフィスに出社するという生活ではなく、フリーランスという形や、会社員でも自分で仕事を作り出して働いていたり、在宅ワークをしていたり、そのスタイルは様々です。

それぞれが、それぞれの形で、自分のやりたいことに向かって邁進することを可能にしてくれ、その夢を形にしてくれる都市は、世界中を見渡してもなかなかないのではないかと思います。

日本人に限ると、NYでこうして自由に羽ばたいているのは圧倒的に女性が多いです。
日本人男性は、駐在員が多いため、日本で敷かれたレールの延長に一定期間のNY駐在があり、また日本のレールに戻っていかれる方が多いのです。

日本とアメリカでの仕事には色々と違いはありますが、大まかな違いへの対応が分かってしまえば、残る大きな壁は英語力のみだと思います。
アメリカ人は、日本人のようにきめ細かで丁寧な仕事はしないし、深い思考力も、トップクラスの人を除いた平均レベルでは、日本人の方が圧倒的に勝っています。

つい最近、私の会社の日本からの駐在員の方は、駐在の任期が過ぎた後もアメリカに残るという選択をし、日本の会社を退職してアメリカの現地法人との雇用契約へと切り替えました。
3年という駐在期間の間に、こちらの生活が気に入ったようです。日本からの駐在でアメリカで働いている人の中には、アメリカの生活の方が気に入っている人もたくさんいます。
どこでどういった人生を送るかは、完全に自分次第だと思いますが、日本のレールを外れてみると思いがけない面白い世界が広がっていることもあるので、そういった選択肢が選べるような生きる力を身につけることに精進するのも良いかもしれません。

 

人生のレール” への5件のフィードバック

  1. ひしひしとニューヨークと日本の違いがリアルに伝わります。

    それにしてもフリーランスでニューヨークでやられているということは相当何か奏でてないとですよね。
    ビザ取るのも今となっては大変なので
    ずっとニューヨークで働けてること自体、相当なものを持っている上での英語力ですよね。

    日本にいると英語でさえ相変わらず身近に感じることのない毎日。
    自らが学び行動することの大切さがよくわかります。

    英語力、、今フランス人が我が家にステイしているのですが英語が母国語ではなくてもあれだけ話せる感覚にパンチ食らったばっかりです(笑)

    日本のレールを外れていく世界。 その世界を広げて生きていきたいものです。様々な選択肢は様々なチャンスも与えてくれますよね。精進せねばと改めて感じました。
    ありがとうございます。

    いいね

    1. いつもコメントありがとうございます😊 ブログは一方通行になりがちなので、こうして感想をいただけるのはありがたいです。

      フリーランスの方々の多くは、日本で数年の経験を積んで、こちらでさらにその技術を研磨していっているケースが多いです。モデル、美容師さん、和菓子職人、お琴奏者、デザイナー、女優、クリエイティブディレクター等々職業は様々です。
      皆、下積み時代を経て着々とニューヨークでの地盤を築いているように思います。
      日本でフリーランスというと良い響きばかりではないかもしれませんが、フリーランスの多いニューヨークだからこそ生きやすいのかもしれません。

      nicoさんのお宅にはフランス人がいらっしゃるなんてうらやましいです!ラテン系ルーツの言葉はどれも似ているみたいですが、私にはさっぱり分かりません。ヨーロッパの人は、ガリガリ勉強しなくても、英語を流暢に話せるのは、いいですよね〜。

      いいね

  2. こんにちは

    White cat さんはNYで活躍されていて羨ましいですよ🤗私が若くても挑戦できなかったと思います。

    日本は全体的に失敗が無く全てではないけれど対応が行きとどいていて住みやすく安心だけれど…人間関係と人生の在り方みたいのが
    決まってるような感じで…
    私なんて小さい頃から人と違って変わってるって言われ😅だから職場は外資系にしたのですが😅

    NYは多様性、柔軟性、だから魅力的でNY自体が生きてる感じがするのかな。でもその反面、自分が無いと流されてしまうのかもです。

    これからも頑張って色々と話しを聞かせて下さいね。応援しています。近日中にメールしたいと思うので宜しくお願い致します。

    いいね

    1. こんにちは!

      そうなんですよね、日本では生まれや学歴で最終着地点が自ずと決まってしまっていますよね。1億総中流社会なので、ほとんどの人が同じような生活に落ち着くことがもともと見えてしまっているのは、チャレンジが認められているアメリカ社会との大きな違いだと思います。
      両親がメキシコからの不法移民の私の友人は、コロンビア大学を卒業しました。
      本人の努力でどうにでもなる社会、というのが、アメリカの大きな特徴だと思います。

      いつも応援歌ありがとうございます😊 メール、お待ちしております!以前のメールは最近あまり使っていないので、お手数ですが、ブログのプロフィールに記載のメールアドレスにご連絡いただけましたら幸いです。

      いいね

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中