私が好きな英語の挨拶表現(別れ際)

アメリカでは、知らない人とちょっとした会話をする機会が割りと多くあります。
島国の日本では、知らない人はよそ者という意識が強いからか、面識のない人と会話をすることはおろか、どんなに顔見知りの人(例えば同じマンションの他のフロアに住む住人や会社で隣の部署の人)でも直接知っているわけではない人と、会話をすることはあまりないように思います。

しかし、NYでは、エレベーターの中や家の近くでご近所さんとちょっと話したり、ふらっと立ち寄ったお店で店員さんと話したり、といったことが、ごくごく普通の日常生活の中に組み込まれています。


ハーレムで偶然見つけたマンションの壁1面の落書き。(もはや落書きというレベルを超えています。)
では、そうした人たちとの会話の最後はどうやって結んだらよいでしょうか。英語には、そんな場面に最適な定型の挨拶表現があります。

今日は、そうした会話を締めくくる挨拶表現について書いてみたいと思います。
Have a good day (Enjoy your dayも使います。)- 朝 (良い一日を)
Have a good afternoon (Enjoy your afternoonも使います。) -お昼 (良い午後を)
Have a good night - 夜 (良い夜を)

面白いことに、上記の表現は、日本語に意訳すると、「じゃあまたね。」とか「さようなら。」となりますが、そういった時に、ネイティブの人たちは、good byeとは言いません。その代わりに使うのが、have a good xxxという表現なのです。

こうした挨拶は、見知らぬ人以外にももちろん使えて、帰社するときには、good byeの代わりにhave a good nightとなりますし、have a good nightは友人との別れ際にも使うことができます。

渡米して間もない頃に、さようなら = have a good nightということを知ったときには、軽いカルチャーショックを受けました。たとえ定型表現ではあっても、ポジティブなこうした言い回しが私は大好きで、特に朝に誰かにhave a good dayと言われると、その日は良い日のような予感すらします。アメリカに来る機会がありましたら、ぜひこうした表現にも注目してみてください。

*表紙の写真は、You’be Got Mailの映画でもお馴染みのcafe lalo。たまに訪れたくなるお店の一つです。

私が好きな英語の挨拶表現(別れ際)」への3件のフィードバック

  1. の発言:

    こんにちは☺️

    cafe lalo懐かしいです❤️懐かしいです。
    NYでは1番行くカフェかもです。
    ケーキは甘いので半分も食べれないですが😅

    挨拶って基本だとう思うのですが日本ではなかなか厳しいかな。でも私は自分から朝の挨拶を積極的にしています。大人も子供も初めはビックリしますが⁉️だんだんと挨拶を交わしてくれるようになりました。

    日本人でNYに行かれた事がない方はNYの人達って冷たいでしょとか言われますが、確かに無愛想な郵便局とか駅のスタッフとか別にしてアパートメントのロビーやエレベーターや犬の散歩など出会う人達は挨拶上手だなと思います。ちょっとした時間でも会話を楽しくするって良い習慣ですよね。

    日本にいても私は心がけたいな☺️
    いつかcafe laloであえると良いですね❤️

    いいね

    • こんにちは☆
      NYには新しいカフェはたくさんありますが、カフェラロのような雰囲気のカフェはなかなかないですよね。私も大好きで、何度も通っています。次回の苺さんがNYにいらしたら、ぜひカフェファロでお会いしましょう!

      アメリカ人は、仲良くなるのは大変ですが、ちょっとした人との会話は上手いですよね。笑顔でhave a good dayという会話ができるのは、とても好きな文化です。

      いいね

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中