ドミニカ共和国の女の子の馴れ初め

最近、ドミニカ共和国出身の両親を持つ、NYで生まれ育った女の子と一緒に仕事をしています。カリブ海に浮かぶ小島、灼熱の太陽の日差しのもとで、のびのびした国民性というイメージが強いドミニカ共和国のイメージそのものの、明るい太陽のような女の子で、それでいて、さらに真面目でテキパキと仕事をこなしてくれるMちゃんを私はとても慕っています。

そんなMちゃんと、先週、今週と地方出張で一緒に仕事をする機会があり、2人で田舎の和食屋さんで夜ご飯を食べながら、色々な話をしました。

Mちゃんは、入社まだ2年目という若い女の子ですが、昨年結婚しました。
しかし、NYで生まれてアメリカ国民であるMちゃんと違い、ドミニカ共和国出身の旦那さんは、まだグリーンカードを待っている段階で、Mちゃんは、なんと交際期間も含めて6年間、旦那さんと遠距離で暮らしています。

そんなMちゃんが、結婚前に旦那さんと取り決めをしたことがあるそうです。それは、家事の平等な分担。

日本では、まだまだ男性の力が強い上に、長時間労働のために、物理的に男性が家事や育児に積極的に参加することは難しい状況ということを、NYには普通にいる家庭的な男性たちを見ると強く感じますが、ドミニカ共和国では、その状況は日本よりもっとひどく、男性は、たとえ女性が働いていても、女性が家のことはすべて行うことを期待しているそうです。
それは、女性の社会進出がアメリカのように進んでいるわけではなく、専業主婦も多い国のため、自然と男性が家のことに協力しないという構図が作られていってしまうことにもよるのかもしれません。

しかし、男女平等、そして女性の社会的自立も広く謳われているアメリカ社会で生きてきたMちゃんは、ドミニカ共和国の封建的なスタイルを受け入れることはできず、今の旦那さんに、結婚する前に、家事はお互いが働いている以上、半々で行うことを提案したそうです。
旦那さんは、ドミニカ共和国出身の男性の中では珍しく、とても柔軟な考えを持っていたようで、今でもMちゃんが半分以上家事をやってくれたらいいな、という思いがある反面、「Mちゃんが幸せであることが一番で、そんなMちゃんを見ていることが好きだから。」と言って、Mちゃんの思いを全て受け止めてくれ、それが、Mちゃんにとって、今の旦那さんと一緒にいることを決意する決め手になった、とMちゃんは私に話してくれました。


ウォール街からマンハッタンを臨む。少し雲がかっていますが、パノラマのようです。

アメリカでは、相手に合わせて自分を無理に変えようとしたり、相手の顔色を伺って自分の考えを言ったり言わなかったり、ということは、特にプライベートな状況ではまずなく、自立した女性たちは、皆、自分の凛とした考えを持っています。

それに対して、日本では、相手に合わせて、つい何でもいいよ、と言ってしまったり、さらには、自分の意見を言わないということがまだまだあるような気がしています。また、自分の考え(たとえば、小さなことでは、何を食べたいかとか)を常に言う社会ではないので、そういったことからも、自分が納得するかしないかは別にして、なんとなく他人が言ったことに合わせる習慣がついてしまっているのかもしれません。

そんなことから、相手に対しても、あくまで自立した一人の人、として、自分の核となる部分はぶらさずに生きているMちゃんは、とても素敵だと思いました。

正直、遠く離れたドミニカ共和国ではなく、自分が住む身近なNYに恋人がいたら良いと思って、大学時代にちょっとデートしてみたりもしたそうですが、あまりに誠実でない男性たちに辟易し(都会ゆえの事情でしょうか。NY、特にマンハッタンには、真面目な男性は少ない、というのはよく言われています。)、結局、自立したMちゃんを尊敬してくれ、そのスタイルを受け入れてくれた今の旦那さんがMちゃんの生涯の伴侶になりました。

欧米では、日本特有の「何でも良い」は通用せず、”What do you want?”と聞かれたら、必ず自分の答えを言うことが求められます。
“What do you want?”と聞いてきた相手は、こちらが伝えたことをきちんと叶えようとしてくれますので(叶えることを楽しんでいるかのようでもあります)、海外では、自分の意見を恐れずに伝え、自分らしく生きていくことを強くおすすめしたいです。

 

ドミニカ共和国の女の子の馴れ初め」への4件のフィードバック

  1. nico の発言:

    Mさんの自立している姿、そしてそれを尊敬する旦那様ステキな関係ですね。

    日本にいると少しずつは変わってきてはいるとは聞いていても
    実際のところほとんど結婚して
    子供がいれば女性に負担がほとんどいく事実は私も含めどの日本の女性も声を合わせておっしゃると思います。

    他の国でもそのようなことはあるのですね。
    ヨーロッパなどでは分担してやることが多いと聞いたことがあったので
    日本ではまだそのような文化はまだまだだなとついつい感じてしまいす。

    日本特有の何でも良い!!
    周りでも本当に多いです。
    私はこれが良い!!と言うタイプなので
    気づけば頼むものも人と違う。

    だからニューヨークが好きなんなだなぁと今回の記事を読んで改めて思えました。

    ところで前回の記事の美容師さんの雑誌VERY読みました!
    同じ幼い子供を抱える母親として、
    自分の仕事に対する姿勢、家族に助けながら、
    とても興味深い内容でWhitecatinnyさんの記事無くしてはこの感動は実感できなかったと思います!
    どうもありがとうございます!

    私ももっと自立できるために毎日精一杯ですが
    記事を読んでいつも元気がでます!

    ところで、マンハッタンの男性は誠実な男性があまりいないのですか!?
    そこは驚きました。

    大変なことも沢山あっても様々な経験をブログを通して知れること、とても感謝です!

    いいね

    • nicoさん、こんにちは☆いつもコメントありがとうございます。

      私は日本としか比較ができませんが、アメリカ人女性は本当に自立しているなぁと思います。自分のぶれない信念をしっかりもっていて、その部分については妥協しないという姿勢は、見習うべきところだと思います。(アメリカ人男性は、それが当然と思っているので、逆に何でもいい、っていうのはマイナスだったりします(笑))結局、自分の信念を崩してしまうと、自分のアイデンティティーが崩れていってしまうことにもつながって、最初は良くてもいずれ不幸になってしまうので、Mちゃんのような生き方を私もしたいです。そういった意味でも、Mちゃんからこういった話を聞くことができたのは、私にとっても良い経験でした。

      VERYの記事も早速読んでくださったとのこと、うれしいです。COCOさんのような世界を舞台に活躍されている女性がいるのは、同じ日本人女性として嬉しいですよね☆

      マンハッタンの男性、、私の友人は両親が移民だったり、友人自身が移民だったりするので、いわゆるみなさんがイメージするような白人アメリカ人男性とは違うので、そういったことは当てはまらず、私はそういった友人以外の友人がいないので身をもって体験したわけではないのですが、マンハッタンでそれなりに暮らしていくためにはある程度の収入も必要になってきたりするので(NYの物価は本当に高いです!)、お金を持っている若いうちは、色々な女性と遊ぶ人も多いようです。マンハッタンは誘惑が多いところですし。。tinderのようなアプリが流行ってしまうところからも、そんな様子は垣間見れるような気がします。。

      いいね

  2. の発言:

    こんにちは

    ブログを読みながらそうだそうだよね😅
    日本と欧米では女性が働くという当たり前の事がなかなか厳しいですよね。

    今は日本人の女性が妻で母で宇宙飛行士だったりする時代です。多くの女性が優秀だったりするのに家族や社会の受け入れが厳しいからなかなか女性が活躍できてもごくわずかなのが残念だと思います。

    私のアメリカの友人は定年してから大学院に入り勉強をしています。年齢に関係無く学んだり性別に関係無く活躍できるって素晴らしい事ですよね。

    同僚の方のこれからが楽しみですね。

    いいね

    • アメリカでは、一人一人が自立していて、個人としてのアイデンティティーを築いているので、女性でも働きやすい社会だと思います。大統領選挙に敗れたヒラリーさんは、glass ceiling(女性が越えられないガラスの天井=アメリカで女性の活躍の限界を示す表現)という言葉を使っていましたが、あそこまで上にいくと違うのかもしれませんが、私の職場では今のところglass ceilingは感じたことがなく、女性でも高いポジションで活躍している人がたくさんいます。全ては、社会とそこに住む人たちの考え方によると思います。

      アメリカでは、いくつになっても学ぶ意欲の高い人が多いと思います!日本のように年齢によって自分で自分の行動を制限しないのは、良い習慣だと思います✨

      いいね

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中