ニューヨーク移住を考えた時に2番目にしたいこと

先日、ニューヨーク移住を考えたときに最初にしたいこと、そして、なぜそれが必要なのかということを書いてみました。

ニューヨーク移住を考えた時に最初にしたいこと
ニューヨークにひそむ誘惑とは?!

今回は、その最初の関門を突破した次のステップのお話をしてみたいと思います。

ニューヨークで何年後にどんなことをしていたいという目標が決まったら、次にしたいことは、ビザの申請といった書類手続きが思い浮かぶかもしれませんが、その前に重要なことが、資金計画です。

駐在員としての渡米ではなく、自力での渡米の場合、ニューヨークへ渡る前、日本にいる段階でニューヨークでの仕事が見つかっているということは、かなり難しいと思います。
そうすると、渡米後一定期間は無職ということになります。

また、3ヶ月以上の滞在であれば、何らかのビザが必要になるので、そのためのお金も必要になります。多くの人は、学校に行くという形をとると思いますので、その場合は、学生ビザの申請が必要です。学生ビザはあくまで勉強のためのビザで、アメリカ国内での就労を固く禁じています(大学生が大学内の施設で働くことは一定の条件のもとで認められていますが、それ以外での例外はまずありません。)ので、学生ビザ取得のためには、銀行の残高証明書をアメリカ大使館に提出して、学校に行っている間生活をするための貯金が十分にあることを示さなければいけません。

アメリカでの生活の立ち上げには、意外とお金がかかります。
家の保証金を支払ったり、不動産屋さんを介して物件を探した場合には手数料の支払いもありますし、学校への学費の支払い、ビザの申請費用(留学斡旋会社を頼まずに自分でできますが、それでもビザ申請費用等諸経費は発生します。)、渡航費等々。
そういったことを考慮し、さらに、仕事が見つかるまでに数ヶ月かかると考えると、その間の生活費も必要です。

貯金が十分にないと、精神的にも不安定になってしまいますし、さらには、ニューヨークでの滞在が思った期間できそうになくなってしまった時に、アルバイトに精を出さざるを得なくなってしまい、結局本当にやりたいことに時間が割けなくなってしまい、当初のレールから大きく外れてしまう危険があります。また、アルバイト先にいる、同じように目標としていたレールから外れてしまっている人たちと集っていると、結局周りの雰囲気とニューヨーク独特の誘惑に流されてしまい、流されてしまっていることにすら気づかないかもしれません。

もともと学生ビザでのアルバイトは禁止されていますので、万が一それが移民局に見つかってしまった場合は、強制送還されてしまいます。
そうなってしまうと、自分の名前に傷がついてしまい、今後アメリカに仕事等の長期で戻ってくることはまず不可能となってしまうでしょう。

それぞれ目標とする滞在期間やニューヨークでの生活水準によって、渡米前に必要な貯金額は変わってくると思いますが、ニューヨークでの暮らしを精神的にも経済的にも余裕があるものとするためには、貯金は多いに越したことは間違いありません。

この時期恒例のホリデーマーケットが始まったグランドセントラル駅構内。

クリスマスオーナメントのお店。

こちらはニューヨークの景色を扱った写真屋さん。

ニューヨーク移住を考えた時に2番目にしたいこと」への2件のフィードバック

  1. nico の発言:

    現地で一から仕事を探すって並大抵のことではないなと本当に読んでいて思えました。

    私も学生のときに色々調べて見た経緯がありますが、そんな冒険というか
    とにかく大変なんだなと驚くばかりで
    結局、父親が突然無職になって潔く諦めることができましたが、、

    ビザは本当にこれがないとずっとは住めないものですよね。
    お金さえあれば学生ビザで住めるかもしれませんが
    それこそ何のためにとただ語学留学ならそこにずっといる理由さえなくなるし、目的がなんなのか流されるだけですね。

    10年以上まえに知り合いで広告代理店に務めていたOLさんがいきなり仕事辞めてニューヨークに行ったことを読んでいて思い出しました。
    結果的に現地の人との子供を妊娠して
    妊娠しながら、日本食レストランで働いていたようですが
    そこからは音信不通ですが
    恐らく日本にいることかと思います。
    だいぶ精神的にもてていたようですし、
    それこそ何のためにニューヨークへ行ったのか、目的はしっかりと定まらずにだったのかな、、
    そうなるとダメージだけ受けて日本に戻ってきたということですね。

    White Cat さんのほうがそのような日本人がいることを沢山いらっしゃるかと思いますが、

    記事に書かれていることをしっかりぶれずに諦めずにやっていくことで
    White Catさんのように現実的に長く
    仕事もできるのだなととても勉強になります。

    海外で働くことって、ただ頭が良いとかではなく、全て一人考え行動して
    コミュニケーション力も長けていて、知識と知恵を使いつつ、度胸ないと
    やはり難しいんだろうなぁと。

    でも私が思うのは友達も何人かいますが現地の人と結婚して住んでいる方が1番多いようなイメージですが
    そのように感じますでしょうか?

    いいね

    • こんにちは!
      NYには、日本のように恵まれた経済大国からの人だけでなく、物価水準も教育水準も全然違う国からやってきて、切磋琢磨している移民たちも多くて、そういう彼らを見ていると、日本人として移住するのは、彼らたちと比べたらずっとハードルが低いのかなぁとも思います。

      以前も質問いただいていたNYに長期で住んでいる人の件、返信しそびれてしまっていてすみませんでした!
      私の周りを見ると、現地の人(日本人以外)と結婚してそのまま住んでいる人もいれば、日本人同士のカップルや夫婦もけっこう多いです。言葉や文化の壁がない分、日本人同士のほうが良いという人は多いです(日本人男性は99%日本人と結婚していて、国際結婚は日本人女性のケースがほとんどです。)ただ、結婚して住んでいる方も、専業主婦は私の周りでは皆無です。というのも、もともとNYへやってきたきっかけが、勉強だったり仕事をするためだったりするので、女性側は結婚して仕事をやめるという風にはならず、自己実現のためのキャリアアップを目指しています。また、NYの物価はとても高いので、現実問題、ウォール街の高給取りを除いて、旦那さんのお給料だけでは標準レベルの暮らしをすることは、難しいと思います。そのため、奥さんも高いお金を払って子供を保育園に預けながら働いています。
      このへんの事情だけで記事がいくつも書けそうですので、近いうちにもっと掘り下げて書いてみますね☆

      いいね

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中