日本から見た中国人、NYから見た中国人

ここ5〜10年ぐらいの間に、日本人と中国人の関係は大きく変化したと思います。

私が渡米した8年ちょっと前は、都内でいうと、たまに皇居で中国人の観光バスを見かけるといった程度でしたが、今では、一時帰国のたびに、銀座の目抜き通りを占拠しているかのような中国人の団体さんや、洋服や家電を必死に買い漁っている中国人の観光客、そうした彼らを意識してどんどん増える免税店にただただ驚くばかりです。

そして、それだけではなく、ニューヨークで知り合った中国人との違いを目の当たりにするにつけ、考えさせられることが多いです。

窓際に佇む猫ちゃん。優雅で羨ましいです。

もちろん、日本にもそうでない中国人はたくさんいると思いますが、日本でよく目にする中国人は、観光地で見かけることが多い、行儀が良くなかったり、物欲が強かったり、マナーが守れない、といった方々だと思います。

それに対して、私がニューヨークで見る中国人は、大きく分けると、全く異なる2つのグループに分けられます。
1.中国で財をなした親からの多額の仕送りのもとで、語学学校(短期滞在ではなく、大学入学を目指してのステップアップのために通っているケースが多いです。)や大学、大学院に通っている子たち。今の20、30代の中国人は基本的に一人っ子なので、特にこうしたお金持ちの子弟は、わがままになりがちで、勉強も必死に行うわけではなく、ニューヨーク生活を謳歌。

2.中流もしくはそれ以下の家庭出身(中国の物価水準を考えると、中国で中流家庭といっても、日本の中流家庭よりはるかに貧しいです。)で、中国の価値観や生活スタイルに限界を感じ、猛勉強して自分の力でニューヨークで留学や就職。

面白いことに、ニューヨークにいる中国人は、この2つのグループのどちらかに必ずといってよいほど当てはまります。

見て明らかな通り、ニューヨークで成功していくのは後者のグループの子たちで、前者の子たちは、大学や大学院を卒業してニューヨークに残りたくても、仕事が見つけられず、母国へと帰っていきます。

私が語学学校や職場で出会って仲が良い中国人は皆後者のグループに属していて、私がアメリカの会社で米系だけでなく、日系企業向けの仕事をしていることもあって、そのほとんどの子たちが中国語、英語、日本語を自在に操るトリリンガルです。
そんな彼らは、日本に憧れて奨学金をもらって日本の大学(それも一流校)へ留学し、その後、ニューヨークで仕事を得て英語と日本語を使って仕事をしています。

その中でも、私が一番仲が良い子は、大学と大学院の6、7年間しか日本に住んでいないのに、日本語はほぼ完璧で、携帯で日本経済新聞まで購読しています。渡米までの半年間は日本の大手金融機関で日本人に混じって働いていましたが、彼女の部署で外国人採用第一号だったそうです。

こんな優秀な子なのでガリ勉ちゃんのような子をイメージするかもしれませんが、いたって普通で、彼女がアメリカの別の都市に引っ越してしまうまでは、週末に一緒にピラティスに行ったりお茶をしたり、時には彼女から、銀座ダイアナの靴のセール(年に2回海外発送が無料になる時があります。)のお知らせが届いたり、といった感じで、会社の後輩だった子ですが、今では親友であり良き相談相手です。

ついにオープン。ブライアントパークのスケートリンク。この光景を見ると、ホリデーシーズンの始まりを感じます。

彼らが自己研鑽に熱心なのは、もともと勉強家ということもあると思いますが、たぶん、一番の原動力は、中国に住みたくない、ということなんだということは、彼らと話しているとひしひしと感じます。
インターネットが発達し、これだけ世界との距離が近くなった今、一歩中国の外へ出て、自国との違いを知ってしまった彼らが、中国で暮らしていくのは、色々な意味で難しいのではないかと思います。

アメリカで残っていくために、必死にスキルアップをして頑張っている彼らを見ていると、なんとなくアメリカの大学を出て、運良くアメリカでの仕事が見つかって働いている日本人とのレベルの違いは歴然としています。

また、それ以外にも、私の中国人の友人たちを通して感じた日本人との違い、私が仲が良い中国人の子たちが皆持っているすばらしいことについて、次回はご紹介したいと思います。

日本から見た中国人、NYから見た中国人」への7件のフィードバック

  1. nico の発言:

    読んでいてただただ驚きました。
    中国は日本では書いてあるような爆買いやマナーの悪さなどについつい行きがちですが、確か成田空港で働いていたときに女子トイレに普通に入る中国人男性はもうとっても驚きました。
    御手洗済ませて鏡の後ろには40代の男性!
    そしてとにかく押しが強い!

    というのが私の個人的なイメージですが

    ニューヨークでは二つのタイプに見事にわかれて
    しかもとにかく賢明に努力されて
    会話も他の能力もきっと素晴らしいことがよくわかり、

    ふと思えば私が親しくしていた中国人のかたはとても真面目でめちゃくちゃ働いていて、日本でしっかり一軒家買ってました

    中国は私にとってはほんとうに凄すぎる国で相当なパワーを持っていて
    だからこそそのような人達もいて
    同じアジア人として共通する部分もあるのかなと思えました。

    ちなみにニューヨークのチャイナタウンはまだ健在なのでしょうか?
    ニューヨークにいると私はいつもチャイニーズと間違われましたが
    White Catさんはいかがですか?

    スケートリンク、ありがとうございます!ちょうど見たかった画像です!

    また仲の良い中国のご友人との記事楽しみにしています!

    いいね

    • 日本でも、私の友人たちがかつてそうであったように、熱心に勉強に励んでいる中国人も多いと思いますが、つい目立ってしまうのは、私達が普段行くような街で爆買をしている中国人観光客になってしまいますよね。また、中国との間では政治的な摩擦もあり、日本のメディアがそういった点を煽っているような気もします。

      中国人のパワーはとにかくすごいです。底力の違いを感じますが、日本も、戦後の焼け野原から立ち上がって高度経済成長を成し遂げたときには同じような感じだったのではないかと思います。

      同じアジア人同士なので、あうんの呼吸とか間みたいなものは似ていたり、あと、私の周りにいる中国人は親日家なので(日本に留学しているぐらいなので、特にそうなのだと思います。)、そういった意味でも友達になりやすいと思います。

      チャイナタウンはすごいですよ!マンハッタンのチャイナタウンは拡大を続け、いまやお隣のリトルイタリーを侵食しています(笑)また、クイーンズの奥、フラッシング(JFK空港の近くです)には、さらに大きなチャイナタウンがあり、こちらは中国さながらの光景です。

      私は、たまに中国語で中国人に道を聞かれたりしますが、どうやらインドネシア系に近く見えるようで(バリ島に旅行に行ったときに現地のガイドさんに言われました!)、中国人以外から英語で話しかけられたり(この間も日系カフェで日本人の店員さんにずっと英語で対応されて、最後まで日本語を話す機会を逃してしまいました。)します。

      ブライアントパークはこの時期、とてもきれいいですので、引き続き写真のアップもしていきますね!

      いいね

  2. sumie の発言:

    夕方のクライスラービル、ブライアントパーク いいですね~
    この賑わいの中に入ってみたくなります、観光客じゃなくて。

    中国人や韓国人に偏見を持ってる日本人はたくさんいますね。
    みんなそうじゃないと思うよといつも言ってるんですけど。
    日本人は一つイメージをつくると思い込みが激しいと思います。
    アメリカ人はほとんどの人がトランプを支持してるから嫌いだとか。
    意外とそういう人多いんですよ。
    やっぱり中国パワーはすごいんですね。

    プリンストン大学の見学に行ったとき、アジア系の学生グループがいろんなとこで説明を受けてましたけど、みんな中国人でした。
    これは1番の裕福な学生たちでしょうか。

    20年ぐらい前パリのビジネスホテル、日本人が泊まらないようなところでしたが、そこでシンガポールのビジネスマンから、あなたは香港から来たのかと聞かれたので、違う、日本だと答えると、日本なんて知らないと言われました。びっくりでした。やっぱりそんなもんなんでしょうか。

    いいね

    • ニューヨークに来て、外から日本のことを見ることになりしばらく経ちますが、日本のメディアの情報はとても偏っていると思います。もちろん、どこの国でもそういった偏りは否めませんが、そういった偏りがあると思ってニュースを見聞きするのと、ただ流れてくるニュースをそのまま受け止めるのでは、ずいぶん大きな違いがあると思います。

      中国人についてもその例のひとつで、日本から発信される情報だけでは、中国や中国人を的確に表していないので、中国国内のことについても、私は中国人の友人に直接聞いたりするのですが、やはり日本での報道とは違っている部分が多いです。。

      プリンストン大学は、私大なので、寄付をたくさんしてくれそうな人が重宝される側面もあり、裕福な中国人も多いかもしれませんが、とてもレベルの高い普通ではなかなか入れない大学ですので、母国で力をつけた優秀な中国人も多いと思います。

      シンガポールと日本は近いのに、そんなことを言う人がいるのは少しびっくりします。私は語学学校以外でアメリカの教育を受けたことがないので詳細は分かりませんが、アメリカでは、どうやら世界のことについて学校であまり教えないようで、アメリカ人の中には、アジアの国々が名前も場所もごちゃごちゃになっている人はけっこういます。。ヨーロッパの人でそんな人はいないので、その点については、自国主義のアメリカの欠陥かもしれません。

      いいね

  3. こんにちは。初めてコメントさせていただきます。
    少し前からWHITECATINNYさんのブログを拝見させていただいておりましたが、今回の中国の方の事、「まさに!」と思いまして、思わず書き込ませていただきました。
    私が知り合ったNY在住中国出身の方々もまさにWHITECATINNYさんのおっしゃる、後者のグループの方です。
    熱心に仕事をされていながら同時に人生も思いっきり楽しんでいて、ご自身が苦労されているせいか、知り合いになった人には仲間意識を持って親身になって世話を焼いてくれ、一緒にいるだけで元気をもらえました。
    私の場合は旅先で出会っただけなので一面的な感想かもしれませんが、記事を読んで、彼らのことがとても懐かしくなりました。

    これからも楽しみにブログ拝見させていただきます。

    いいね

    • はじめまして!ブログの購読、そして、コメントありがとうございます☆

      日中関係を巡る政治的衝突や歴史的背景を反映してか、日本のメディアは総じて中国人に対して否定的な論調のような気がしますが、私がNYで知っている中国人はすばらしい人たちばかりで、そうした中国人もたくさんいるということを日本の人たちに知ってほしくてこの記事を書いたので、FLOWさんに共感していただけて嬉しいです。
      中国人は、一度仲良くなると、とても温かい人間関係を築いてくれ、また、アメリカで頑張っている中国人は本当に優秀で努力家で、私の友人や同僚は私よりいくつも年下ですが、色々刺激をもらっています。FLOWさんが出会った中国の方々も、そうした方だったのだと思います!この記事の続きもまたアップしますね。

      これからも、どうぞよろしくお願いします!

      いいね

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中