深夜のUberとアメリカの移民の人生

最近、残業が多く、毎晩Uberで帰宅しています。Uberが登場したのは、ほんの数年前のことです。それまでは、いつ来るか分からないタクシーを道で待っていましたが、Uberの登場でそんな必要もなくなり、Uberでは呼んだ車の到着時間が分かるので(だいたい5分以内でやって来ます)、退社する直前に呼んで、パソコンを閉じてビルの下に着いた頃に車が到着してくれるので、効率が良いです。

タクシーがあまり走っていないような場所はもちろん、週末や天気の悪い日のようにタクシーがなかなかつかまらない時でも、Uberは自分が指定した場所に確実に来てくれるので便利です。そんなことから、イエローキャブが通っているような場所でも、退社時間の数分前にUberを呼んでささっと家に帰っています。

Uberはボンネットに小さなUのマークがある以外は、普通の自家用車のような外見です。

先日乗ったUberの運転手さんは、インド人。家に着くまでの短い間に話をしたのですが、数ヶ月前にイエローキャブからUberに鞍替えしたそうです。イエローキャブの場合、運転をしながら自分でお客さんを探さないといけませんが、Uberの場合、GPS機能で近くのお客さんと自動的にマッチングをしてくれるので、同じ時間を働いても乗せるお客さんの数はだいぶ増えたそうです。

せっかくの機会なので、普段疑問に思っていることを聞いてみました。

最近、Uberを呼ぶと9割ぐらいの確率でToyotaの車がやって来ます。偶然とは思えない確率の高さでいつも不思議に思っていたのですが、車を持っていない運転手は、Uberからではなく、自分でリース会社から車を借りているそうで、Toyotaの車は丈夫でトラブルも少ないので人気があるようです。

アメリカで働くためのビザはどうしているのでしょうか。移民問題に詳しいジャーナリストの友人も以前同じことを思って調べたそうですが、もう何十年も前に、インドやパキスタンといった当時はかなり経済状態が悪かった一定の国の人たちに、アメリカがビザをどんどん出していたようで、その時代に渡ってイエローキャブの運転手になったそうです。自国での生活に困窮して、アメリカへ渡った人たち。私が話したUberの運転手は10年前に渡米したそうですが、その頃はもうビザもだいぶ厳しかった時代です。なんと、難民ビザでやって来て、最近までイエローキャブの運転手をやっていたそうです、

夕方6時から明け方6時までというハードな仕事。タクシーの運転手は、色々なお客さんと関わる上、道路事情等知っておくべきことも多く、ニューヨークでの仕事を通して、肌でニューヨークの街で暮らすということを感じているそうです。

難民ビザという日本人には馴染みのないビザ。難民には、通常のビザにはない制限もあるはずです。それでも、自国を離れて(捨てて)、アメリカへやって来るという覚悟は、普通のビザの人には到底計り知れない相当なものだと思います。ただ、正直なところ、このアメリカという国では、タクシーの運転手をやっているだけでは、絶対に平均的な暮らしはできません。何億という巨額の報酬をもらっている人がいる一方で、働いても働いても豊かになれない人もいるアメリカ。この国の貧富の差の大きさを目の当たりにするたびに、考えさせられることが多いです。

深夜のUberとアメリカの移民の人生」への4件のフィードバック

  1. nico の発言:

    ちょうど今月上旬にタクシー運転手から見たNYという番組を見て
    渡米した理由は自国の貧困、戦争から脱するために数十年前に
    なった方が多いようですね。

    60代の男性がたは生活の為。
    トランプ政権になってからは家族とも会えないと
    低い声で。中近東の出身のかたでした。

    家族を養うために会えなくてもここでタクシー運転手として
    送金する。なりたい職業でもなく、生きていくため。

    そして運転手歴が長いかたは本当に地域それぞれの歴史もしっている
    のですね。
    この場所に行ってしまったというのは薬物に染まってしまったということ。

    とてもリアルでした。

    競争社会が激しいNYで裏が見える瞬間ですね。

    東京にいても考えられないようなお金がかかる地域での
    裏事情。

    とても衝撃的でした。

    中には若者がいつか会社をおこすためにここでタクシー運転手しながら
    お金を貯めて自国で独立したい。
    と夢を語っていた青年。

    誘惑も多いかと思うこの場所でどうか見失わずに夢実現してほしいものだなと
    心で思ってしまいました。

    ブログに書かれていることと全く同じ内容の番組で
    私までこの同じ場所での貧富の差、考えちゃいますね。

    いいね

    • そんな番組が放送されていたんですね!興味深いです。番組のタイトルをもし覚えていらしたら教えてください。ユーチューブで見てみたいです。

      本当にそうなんです。旅行でニューヨークに来てタクシーやUberに乗っても、彼らがどこからどうしてこの街にやって来たかなんて考えもしないと思うのですが(私自身もそうでした)、住んでみると、色々考えることが多いです。
      彼ら運転手たちが、なぜ、わざわざ母国を離れて、大変な労働環境の中でニューヨークで暮らしているのかなぁと思ってしまいますが、きっと母国ではもっと厳しい状況なのだと思います。

      世界の縮図とも言えるニューヨークで、今いる場所とは違う地球の裏側の別の国の実態を垣間見ているような気持ちになりますが、運転手に限らず、デリの店員さんやデリバリーの若者等も同じような状況なのだと思います。

      豊かな日本からは考えられない現実ですよね。

      いいね

  2. sumie の発言:

    Uberは便利ですよね。
    利用しようかと迷ったことがあります。
    私の場合は出会えなかったらどうしようと・・・場所確認のドライバーの英語が聞き取れなかったらと心配になってしまってやめました。
    Toyotaが多いんですか。
    最近は問題が多くてあまり利用されてないのかと思いました。
    イエローキャブは2回利用しましたけど、多分2回ともドライバーはインド人でした。話を聞いてみるといろいろ答えてくれたかもしれないですが、何しろ聞き取る自信がないので・・・悔しいです。
    難民ビザって初めて聞きました。
    みんな必死の覚悟で働いてるんですね。
    ドライバーさんたちは家賃の高いマンハッタンに住んでるんですか。
    メトロポリタン美術館のある通りや、マレーヒル辺りにあるマンションに住んでる人はいいな~と眺めてたんですけど、相当裕福じゃないと住めないでしょうね。
    ニューヨークでの貧富の差って日本どころではないということでしょうね。

    いいね

    • UberではGPS機能で車の場所が確認できますし、指定した場所に確実に来てくれますので、複雑な建物とかでない限りはすぐ見つかると思います。(車のプレートや車種も事前に教えてくれるので、いつもプレートを見て確認しています。)

      Uberはたしかに社長が退任したり、色々んs国でトラブったりと問題は多いですよね。ニューヨークだとLyftという全く同じビジネスをしている会社があって、こちらも有名です。

      マンハッタンはどこも家賃が高いので、高級でなく普通のエリアでも、住み続けるのは大変です。メトロポリタン美術館やマレーヒル地区は、高級地区の代名詞のようなところなので、相当な高級取りではないと住めないです。
      運転手さんたちで、マンハッタンに住んでいる人はまずいないと思います。皆、クイーンズやブルックリン、ブロンクスのどこかだと思います。
      貧富の差は、驚くほどすごいです。以前、occupy wallstreetの運動がありましたが、まさに富はトップ数%の人たちで独占されていると思います。

      いいね

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中