A dinnerとdinner?

英語の勉強には終着点がなく、日々疑問が湧き上がってきます。
不思議なことに、同じ状況に立て続けに遭遇することもあり、そうした単語には何か縁があるのではないかと思って、ネイティブの友人に会ったり、会社のハーフの同僚に聞いたりしています。

気温が8度ぐらいまで上がって過ごしやすかった週末ブライアントパークのスケートリンクは大賑わい。

最近遭遇したのは、a dinnerという言葉。
dinnerは数えられない名詞なので、”a”を付けることに違和感があったのですが、ネイティブの人が”a dinner”という言葉を使っている現場に、短い間に2度も遭遇しました。

そこで、その表現を使っていた友人のアメリカ人に聞いてみたところ、説明に窮していて、a dinnerもdinnerも同じじゃないかなぁと言っていたのですが、隣でそれを聞いていた友人の奥さんが、詳細に違いを教えてくれました。日本語でもそうですが、微妙なニュアンスの違いは、ネイティブの人であれば全く意識せずに使っているので、あえて質問されると戸惑ってしまうようです。

a dinnerは、誰かとの特定のディナーをするときに使うそうです。たしかに、私が2度遭遇した場面では、そのような文脈で使われていました。
“I briefly met Maria on the street as she was on her way to a dinner with her friend.”
(マリアと道で会ったよ。彼女は友人との夕食に行く途中だったあったからちょっとだけだったけど。)

若干意訳してみましたが、マリアは、私と友人との共通の知人ですが、私も友人も、マリアとはもう何年も会っていないという関係です。そのため、普通であれば、私の友人が道でマリアと出会ったら、長話になりそうですが、そこが”briefly(ちょっとだけ)になったのは、マリアに夕食の予定があったからです。誰かとの特定のディナーという状況下なので、”a dinner”となっています。

別のネイティブの子も、”I will have a dinner with my friends.”という表現をしていましたが、これも、ただの夕食全般ではなく、ある夕食の計画について話しているので、”a dinner”です。

これに対して、”dinner”は、私達が受験英語でならった通りです。”Let’s have dinner.”(さあ、夕飯を食べよう。)といった夕飯全般に対して使われます。

dinnerに”a”が付くことがあるなんて考えたこともなかったので、驚くべき発見でした。

こんなに一見簡単な単語にもまだ知らないことがあるので、そう考えると、英語は一生学び続けていく言語なのかもしれません。

A dinnerとdinner?」への2件のフィードバック

  1. nico の発言:

    こういうちょっとしたニュアンスの英語、本当に興味深いですよ!

    私の場合そもそも、a,an,theがよく文に使われいて
    混乱しています(笑)
    またthe使うの?それでまたthe使うの!
    そして、それがつく理由をちゃんと理解して進む。

    当然ネイティブの方はそれはどうしてつくのかは自然に習得しているので
    わからなかったり、説明は難しいですよね。

    今まさに勉強真っ盛り。
    まさかa dinner は聞いたこともないかく、その理由がわかりました。
    その経緯でaがつくとは!

    本当に奥が深いですね。日本語でそういった使い方って思いつかないですね。

    日本にいると、ネイティブの表現はいかにもになってちょっと一歩
    ひいてしまうのが私のイメージで、

    中学から学んだ英語でいっちゃうことも多々。

    その微妙な理解で私の学習法はこれで良いのだろうか、、。

    White Catさんのように現地で話すとなると事情は変わりますね。

    それでも!
    リアルな英語は知りたいですね。話したい!

    そして、イギリス英語、アメリカ英語の違い。

    来週からオーストリアの留学生が我が家にくるのですが
    (インフルエンザ大流行でならなかったらですが)
    第二言語としての英語、注意深く聞いてお勉強しようと思います。

    言語の習得は永遠ですね。
    よくスポーツのようなものと聞きますがそうかもしれませんね。
    ましてや日本にいれば尚更です。

    いつもありがとうございます!
    そして、TVの番組見られるといいでのですが、
    私が見たものもどうやら再放送だったようですね。
    華やかさから離れていても、いきなりレオナルドディカプリオが
    乗って、彼は大物になると運転手が思ったといっていた記憶があります。
    そこがまたNYの魅力ですね!

    いいね

    • 冠詞は本当に難しいです。ネイティブの文章や発言に注意を払っていますが、いざ話したり書いたりすると、よく間違えています。ただ、日常生活で逐一指摘してくれる人もいないので、間違えたことにすら気づかないという悪循環です。。

      英語は使っていないとすぐに衰えますが、少しずつでもやっていると、忘れたころに成果が出ていたりするので、本当にスポーツです。練習していないもの(例えば発音や新しい単語の暗記)は永久にできない、というところもスポーツと一緒です。
      相当な忍耐がいりますが、その先にある目標(ネイティブの人との楽しい会話等)に向かってお互い頑張りましょうねー^ – ^

      いいね

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中