マンハッタンに住むのは夢物語?!

ニューヨーク市はニューヨーク州の一部で、マンハッタン、ブルックリン、クイーンズ、ブロンクス、スタッテンアイランドの5つの地区から成っています。ニューヨークと言った時に誰もが思い浮かべるマンハッタンは、意外と小さな島で、街歩きを楽しんでいたら、地図上でかなりの大移動をしていたなんてこともあります。

空港からマンハッタンへと向かう光景が、あまりに殺風景で驚く人も多いかもしれませんが、それほどにマンハッタンとその他の地区は、景観に大きな差があります。最近では、ブルックリンも少しずつ注目されるようになってきましたが、まだまだ栄えているのはごく一部。あらゆるものがマンハッタンに集中しているのです。

写真が暗いですが、イーストビレッジの可愛いアパート。入り口横に左右に手入れされた植木が並んでいたりと手が込んだアパートです。

永遠のヒット作、”Sex and the City”は、ドラマの中の世界ではなく、かなり細かなところまで忠実に描かれていて、ニューヨークに住んで改めてこのドラマの偉大さを実感していますが、唯一とも言えるほどに現実とかけ離れているのが、「住まい」の描写です。

物書きとして生計を立てる主人公キャリーは、とてもお洒落なアパートに住んでいて、ニューヨーカーはあんな素敵なところに住んでいるのかと思ったり、ニューヨークに渡ったらあんな暮らしができるのではないかとドラマを見て感じた方もいるかもしれません。でも、世界一とも言える家賃が高いこの街では、毎月の家賃を払うために働いている、といっても過言ではありません。

もっと言ってしまうと、マンハッタンで一人暮らしをすることはすごいこと、と考えている人はとても多いです。

キャリーのアパートですが、実際はこんな間取りになっていたようです。

現存する建物はウェストビレッジにありますが、ドラマの中では、アッパーイーストにある設定になっています。お金持ちの家族が住むいくつもの部屋がある大きなアパートと、若手のプロフェッショナルが住む小さなワンルーム(アメリカの用語で言うとstudio)が混雑し、お洒落なレストランやお店が立ち並ぶことで知られるエリア。これだけの広さのアパートをこの地区で借りるとすれば、少なくとも40万円ぐらいはかかると思います。

一人で暮らすアパートにそんな家賃が払えるのは、一体どんな人でしょうか。ドラマの中で主人公がひもじい生活をしていてはおかしいので、誰もが憧れるようなアパートで暮らしているという設定になっていましたが、マンハッタンの事情を知れば知るほどに、非現実な設定であることを実感します。

また、主人公のキャリーだけでなく、他の登場人物や、彼女たちのボーイフレンドたちも、皆素敵なアパートに住んでいましたが、あんなところに住んでいる人はなかなかいないと思ってる間違いないです。

日本とは大きく異なるニューヨークのアパート事情。まだまだ続きます。

<過去記事>

「住んで分かったニューヨークの恐るべき住宅事情」も合わせてご覧下さい。

https://whitecatinny.com/2016/10/17/住んで分かったニューヨークの恐るべき住宅事情/

マンハッタンに住むのは夢物語?!」への4件のフィードバック

  1. nico の発言:

    本当のマンハッタン事情を知るとあのドラマは生活の基盤からスタイルまで幻想なのかなぁってついつい思ってしまいます。
    憧れをドラマでやっているだけで、この間取りで40万以上!考えただけでもすごいですよね。

    マンハッタンに住んでいる方々はほんの一握りでその生活だけのために懸命に働いているのは私の親戚のおじさんが言ってたように、日本でいう豊洲や高級住宅街で高層マンション購入して、夫婦二人してそのローン返済のために時間削って一生懸命働く状況と似ていて、

    そういったステータスを好むか人の価値観によって違うのかなって感じます。

    マンハッタンなら本当に夢物語ですね!
    アメリカンドリームとはいいますが、格差が日本と違い激しいアメリカでは
    なおのこと本当に大変なんだなぁって思ってしまいます。

    いいね

    • あのドラマ、現実離れした部分ももちろんあるのですが、意外と忠実に描かれている部分も多いんですよ〜!そのへんのことは少しずつ書いていきますね。

      マンハッタンに住むのは大変ですが、マンハッタンに住めるけど自然が好きだからとか子供の学校のためにちょっと郊外に住んでマンハッタンに通勤するのと、マンハッタンに住むのは到底無理でやむなく家賃が払えるエリアに住むのとでも全然違うと思います。

      ニューヨークは電車のダイヤも乱れがちですし、マンハッタンに何でも集まっているので、良い刺激を受けるという意味でも、マンハッタンにこだわり、マンハッタンに住めるように頑張る価値はあるのかなぁと個人的には思ったりします。

      いいね

  2. の発言:

    こんにちは

    先日ある番組を観ていたらマンハッタンの家賃の高さに改めて驚いてしまいました‼️
    滞在先のホストファミリーのお家はマンハッタンで、地下鉄もバスもお買い物にも便利で。レストランも(有名店ではないかもですが)セントラルパークも近く。
    朝の日差しが眩しいくらいで窓を開けて朝食😍私には非日常で映画の中みたいです。

    お家賃は聞いた事は無いのですが、なんとなくですが想像がつきます。ハーレムにも友人がいますが、ハーレムも以前に比べて高くなってると聞きますが。

    マンハッタンの家賃の高いのはなんとなく理解できても😅でもやっぱり30万以上をどうやって払うのかしらなんて思ってしまいます😅

    以前友人がイーストビレッジに住んでいた家賃にも驚かされました😅
    高い家賃でも住むだけの魅力と価値があるのですよね。

    いいね

    • ホストファミリーの方、良い場所にお住まいなんですね!セントラルパークが近いのは、ニューヨークらしさを感じられていいですね✨

      ハーレムは、数年前から、マンハッタンのダウンタウンに住んでいた白人も、家賃が少しでも安いところを追い求めて北上して住み始めていると聞いたことがあります。ここ数年で、おしゃれなレストランもかなり増えてきています!

      ブルックリンも好きですが、まだまだ交通の便が悪く、おしゃれなのは一部のエリアだけで、やはり私はマンハッタンが一番好きです!

      いいね

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中