ニューヨーク流・自分らしく生きる方法

昨日は、ニューヨークでは、年齢に縛られた価値観をしている人がいないことをご紹介し、日本社会が決めた暗黙の年齢の縛りから自分の気持ちを解き放つことで、自分らしく、より楽しく充実した人生を送れるのではないかということを書きました。

こちらが昨日の記事です。

https://whitecatinny.com/2018/02/25/年齢に縛られない生き方/

例えば、アメリカでは、大学院は大学を出てすぐの人が行く場ではなく、ある分野について、より知識を深めたい人が、その知識を深めたいと思ったタイミングで行く場所です。そのため、30代後半や40代、さらにはその上の世代の人が行っても、誰も不思議な眼差しを向けることはありません。

私の大家さんは、フリーランスのパーソナルトレーナーです。離婚等の多大なストレスで食生活が乱れて劇太りしてしまったものの、食生活の改善や運動で10キロ以上の減量に成功した自身の体験をもとに、クライアントの方々へのアドバイスを提供しています。年齢は分かりませんが、外見から50代後半か60代前半だと思いますが、昨年から、仕事の幅を広げるために、栄養学等を学びに大学院に行き始めたそうです。情熱があれば、何事も、始めるのに遅いといったことはないのです。

今日のブランチ。この記事のトップのユーモア溢れる写真も、このお店のものです。

週末は、ニューヨークで活躍する日本人漫画家、ミサコ・ロックスさんが書いた本を読んでいました。

意地悪な大家さんに家を追い出されて一時期ニューヨークでホームレスにまでなってしまった彼女。でも、その後、漫画家未経験のところからスタートして、2年間の努力の末に、ディズニーグループの出版社から、自身の初恋・留学体験を綴ったアメリカの若者向けの漫画が、ニューヨーク公立図書館が選ぶベスト・ティーンズ・ブックリストの1冊に選ばれるという快挙を達成。2010年には、雑誌「日経ウーマン」”ウーマン・オブ・ザ・イヤー”の一人に選ばれるまでになり、今やアメリカで漫画家として不動の地位を築かれました。

そんな彼女が、ニューヨークで生き抜くための考え方や行動の仕方について、自身の行動をもとにまとめたのが、「理由とか目的とか何だっていいじゃん!チャレンジしなくちゃ後悔もできない!」という本です。

ニューヨークへ渡った当初の私自身と重なる部分も多く、また、ニューヨークでただ生きるのではなく、生き残るために必要なことが書かれていて、共感する部分が多かったです。また、この本に書かれていることは、ニューヨークに限らず、海外で挑戦したい人たちにとって貴重なアドバイスで、さらには、日本に住んでいても、持ち合わせていたら良いのではないかと思う内容でした。

ご興味ある方は、ぜひ手にとってみて下さい(私が唯一共感できなかった部分は、ニューヨークでのバイトの話です。とりあえずこの街に残るための資金作りのためにできそうな仕事が4つほど紹介されていますが、現在の厳しいビザの状況を考えると、不法就労はあまりお勧めできません。また、自転車操業的な生活は、やるべきことに時間と労力を注ぐことができず、ただニューヨークにいるだけの状態になりかねなません。その辺の事情は、下記の過去記事で触れています。この部分を除いては、個人的に共感することばかりでした。)。

https://whitecatinny.com/2017/11/19/ニューヨーク移住を考えた時に2番目にしたいこと/

ニューヨーク流・自分らしく生きる方法” への4件のフィードバック

  1. 少し内容を知るだけでも読みたくなる本ですね。

    自身の経験からのトレーナー、何がきっかけで
    自分が役に立つことができるかわからないものですね、

    この本はぜひ読んでみようと思います!

    40代から大学院なんて、本当に素晴らしいですね!
    私も学びたいこと、自身だけではなくそういった場所で学ぶことで更なる
    大きな学びが得られるのではないかそんな気がします。
    今回いた留学生も大学で仕事をしながら日本語を学ぶために
    提携校である都内の有名大学で通っていましたが20代後半でした。

    何事もそれに向けての行動のみなのかもしれませんね。

    読んでいてワクワクするような感覚を私も感じられてとても
    嬉しいです。いつも本当にありがとうございます!

    いいね

    1. 本、おすすめです!週末一気に読んでしまいました。
      ニューヨークでこれからキャリアを始めたい人にとってためになる情報ですが、そうでない方々にとっても、ニューヨークとはどういった場所なのか、どういう心構えや思考回路が必要なのかがまとめて分かって面白いと思います。

      いいね

  2. Whitecatさん、嬉しいです!今日の記事を読みどうしてもコメントせずにはいられませんでした!2日連続で失礼いたします😃Whitecatさんも読まれたのですね😃✨

    ミサコさんとは3年前ニューヨークに行った時に直接ご本人にお会いしました😃✨本当に自分自身を前に出してゆけるとても強く生きるパワーを感じる方です。その反面キュートでお茶目な方でした😃

    出会うきっかけとなったのは、書店にべつの本を買いに行った時に何故か目があってしまいました!ミサコ.ロックスさんの本に!やはり、その頃はニューヨークに対するアンテナをビンビン張りまくっていたのだと思います(笑)

    そして、彼女もアメブロをやっているとのことでさっそく本の感想もしかり自分もまもなくニューヨークに行きます!と熱くコメントを書き込んだらミサコさんのほうから、では是非ニューヨークでお会いしましょう!ということであっという間に会うまでにこぎ着けてしまいました😃✨何故かあの時のニューヨークでは不思議なご縁ができその時初めて道で会った人と行動するなどけっこう流れに任せながらも充実していました。

    話しがそれましたが、ミサコさんからはニューヨークでの生活の現実やニューヨークでの日本人の立ち位置など、そしてニューヨークで流行っているものが日本に上陸した時にはもうニューヨークでは流行りが過ぎていることやニューヨークに限らずアメリカのエンタメ界の裏側など貴重なお話しをたくさん聞かせて頂きました。初めてお会いしたのに3時間もご一緒させて頂きとても楽しい時間を過ごしました。

    やっぱり、彼女はセルフプロデュースをしっかり持たれています。また自ら学校に出向き人種差別をされているような子供達に絵を通して居場所を与えてあげるなどして、本当に精力的にパワフルに活動されています。

    前回のニューヨークでミサコさんにお会いできたことは今後も私がニューヨークを目指す上でかなり大きな糧として心に強く残っています。

    ここ2年間で以前と状況や環境は変わったもののやはりこうしてニューヨークの情報をここ最近目にする機会がまた増えて来たのはニューヨークに呼ばれているのだと勝手に思っています✨

    きのうの記事もそうですが私もWhitecatさんに背中を押して頂いているような気がします!

    今日もパワーを頂ける素敵な記事を本当にありがとうございました😃✨

    いいね

    1. ミサコさんにお会いしたんですね!ご本人のエネルギーが伝わってくるような本でした。

      ニューヨークにいる日本人で、日本人を相手に仕事をしている人は多いですが、笑いのツボが違う国で、アメリカ人相手に漫画という世界で勝負していること、そして、貧困層の多い人たちが暮らす公立の学校で子供達を相手に授業を受け持っていることは、とても普通の人には出来るものではないと思いますし、そこに飛び込んでいった勇気がすごいです。

      本の中にも、セルフプロデュースのことが書いてありましたね!これは、どの分野に限らず、ニューヨークではとても重要だと思います。ミサコさんは、迷って失敗しながらも、しっかりと自分のブランディングを確立したことで大きな飛躍に繋がったと思います!元気な気持ちになれる良い本で、ニューヨークに行きたい人には必読書だと思いました^ ^

      いいね

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中