SATCのミランダがNY州知事に?!

アメリカで社会現象ともなり、日本にもファンが多いニューヨークが舞台の人気ドラマ「Sex and the City」に、メインとなる4人の登場人物のうちの一人として出演していたシンシア・ニクソンが、3月19日に自身のツイッターで、ニューヨーク州知事選挙への立候補を表明したと、3月20日付けのニューヨークタイムズ紙が報じています。

シンシア・ニクソンは、SATCに正義を貫く正統派弁護士として登場していた赤い髪の女性で、ドラマの中の名前、ミランダの方がしっくりくる方も多いかもしれません。

シンシアは一番右側。

シンシアの立候補は以前から噂になっていましたが、ついに正式な立候補表明がなされたことで、次期ニューヨーク州知事選挙の行方は目が離せなくなりそうです。

シンシアの最大のライバルは、現職2期目、さらには父親も3期もニューヨーク州知事を務めたアンドリュー・クオモ氏。

立候補表明の際に彼女がツイッターに投稿した短いビデオ(こちらからどうぞ)を見ると、ニューヨークで生まれ育った彼女がどれだけニューヨークを愛し、どれだけニューヨークが抱える問題(貧富の差や時間通りに来ず、汚くて破茶滅茶なニューヨーク市の地下鉄事情等)を彼女が本気で変えたいと思っているかが伝わってきます。

アメリカの選挙は有権者の目が厳しく、日本のように有名人であるだけで簡単に当選するような世界ではありません。さらに、名前が知られているだけの理由で大統領になってしまった現大統領にリベラルなニューヨーカーは愛想を尽かしていることを考えると、知名度は抜群だけれども政治の世界での経験がないシンシアの選挙への挑戦は決して平坦な道ではないと思います。

ニューヨークの地下鉄は、運賃はよく値があがるのにサービスは反比例しています。そんな地下鉄も、こんな可愛い子犬が隣にいたら楽しくなります。

ただ、彼女の立候補表明のビデオでは、同性愛者として演説する姿(元々は男性と結婚して二人の子供を授かりましたが、2003年に離婚し、2012年に女性と再婚しました。)や、女性の配偶者と一緒に自身の子供を育てる場面(再婚相手との間に一人の子供がいます)も登場し、彼女が社会問題に積極的に取り組んでいる姿が伺えます。

今年のニューヨーク州知事選の行方から目が離せなくなりそうです。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中