婚約ニュースで沸くアメリカの美人モデルの素顔

アメリカだけでなく、いまや世界を代表するスーパーモデルのKarlie Klossさんが、先日婚約したことが、今朝のアメリカのニュースで大きく報じられています。

こちらが、婚約を公表したインスタグラムの投稿。

カーリー・クロスさんのお相手は、6年にも渡って付き合っていたジョシュア・クシュナーさん。ジョシュアさんは、トランプ大統領の娘、イヴァンカさんの旦那であるジャレード・クシュナーさんの実弟です。以前、こちらのブログでも紹介しましたが、カーリーさん、ジョシュアさんともに民主党を支持するリベラル思想の持ち主で、前回の選挙の時には、ヒラリーさんに投票している上、その後も全米で同時に開催された女性の権利を訴えるデモ行進”Women’s march”にもジョシュアさんが目撃されたりと、ジョシュアさんの兄ジャレードさんがトランプ政権の中枢を担っているにも関わらず、二人は反トランプの姿勢を示していることでも、メディアに注目されていました。

<過去記事>
トランプ氏の親族でいながら反トランプ派らしいあるイケメン青年

カーリーさんの美しさにもうっとりしますが、カーリーさんのことを調べていくと、頭脳明晰、そして、行動力のある方であり、日本のメディアではもしかしたらあまり知られていない素顔も見えてきます。

13歳の時に地元、セントルイスのショーになんとなく出たところ、多くの人の目にとまり、彼女のモデルとしてのキャリアは始まりました。その後は、アメリカの人気下着メーカー、Victoria’s secretの専属モデルを務めた他、NYやパリ、ミラノでのファッションショーの常連。また、VOGUE誌をはじめとする多くの雑誌にも登場しています。

そんな華やかな側面だけでなく、学業にも熱心で、モデル業で忙しい中、高校時代は楽屋で宿題をこなし、卒業後も、モデル業をセーブしながら、名門NY大学にも通っています。モデル業だけでも誰よりも忙しかったはずですが、学びにも貪欲で、普通であれば引退後に行うところを、モデル業を続けながら行っていました。

もともと理系科目が得意で、特に興味のあるプログラミングを学ぶために、モデル業をしながらNYの専門学校にも通い、今では、”Kode with Klossy”というプログラミングを学びたい高校生のための奨学金プログラムも運営してしています。また、料理が得意で、”Karlie’s Kookie”という乳製品とグルテンを使わないクッキーを作り、その売上を恵まれない子供たちのために活動するチャリティー団体へと寄付しています。

こんなに多くの活動を行っていながら、まだたったの25歳。

アメリカでは、モデルや女優さんといっても、「美貌」だけで生きている人はいず、生まれ持った「美」に加えて、常に新しいことを学んだり、自分が興味があることに力を入れている人が多いように思います。

(カーリーさんの素顔が分かる短いビデオはこちらからどうぞ。)

そして、カーリーさんのそうしたアクティブな姿勢が、多くの人たちの共感を呼び、支持を得ているのだと思います。

なかなか見ないイケメン、ジョシュア・クシュナーさんは、アメリカを代表する若いビジネスマン。ハーバード大学、そしてハーバードビジネススクールを卒業した後、ゴールドマンサックスに短期間勤務し、その後は自身の投資会社を立ち上げました。また、医療費の高いアメリカで、一般の人にとって利用しやすいサービスを提供する保険会社も立ち上げています。カーリーさんの美貌だけでなく、その賢さや生き方にも大きな影響を受けたと思います。

メディアでは、早くも二人の結婚式に誰が呼ばれるのか(二人が投票していないトランプ大統領は?)などと騒がれていますが、素敵なカップルの婚約にアメリカが湧いています。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中