いきなりステーキのNYでの挑戦

驚くような出店攻勢をかけ、日本ではいまや知らない人はいないほどの有名店に駆け上がったいきなりステーキ。
銀座に1号店がオープンしたのは2013年のこと。私が渡米した2009年にはまだ店舗がなかったため、私は2年ほど前までこのお店のことを全く知りませんでした。

2017年に入ってすぐにNYにお店をオープン。それからまだ1年半しか経っていませんが、既にマンハッタンに5店舗ほどお店を開きました。

いきなりステーキと言えば誰もがまず思い浮かべるのは、「立ち食い」。アメリカではステーキは高級食。家族や親族皆で集まった時やクライアントとの会食、誕生日等、特別な時に高級なステーキ店を予約し、おしゃれをして、大きなテーブルを囲んで美味しいワインとともに楽しむステーキ文化が定着したアメリカで、スピード重視の立ち食いステーキが果たしてどこまで受け入れられるのかと、NYに住む多くの日本人が注目しました。

続きを読む