まるで別世界☆NYファッションウィーク潜入レポ

暖冬と思っていたニューヨークですが、ここ数日めっきり冷え込んで、氷点下の日が続いています。そんな中、熱く盛り上がっていた毎年恒例のニューヨークファッションウィークが、先日閉会しました。

年に2回、2月と9月に開かれるファッションウィークは、一流ファッションブランドが揃うニューヨークでの一大イベントで、誰もが知るセレブやモデルたちもショーを見にNY入りをします。そんなNYの象徴とも言えるイベントにいつか行ってみたいと思い続けて早10年。その機会は思わぬ形で訪れました。

仕事上でのお付き合いから始まり、ブランドオーナーでありデザイナーさんの才能に惚れ込んで親しくさせていただいているブランド、Marco Bagaさんが、ニューヨークファッションウィークのデビューを果たし、オーナーの友人としてファッションショーに呼んでいただく、という幸運に恵まれました。

Marco Bagaのオーナー、ロシア生まれでアメリカ育ちのMarinaさんは、緑色の目をした美女。サステイナブルファッション(端切れを使ったりと、地球環境に優しいものづくり)に本格的に取り組むために、大手ファッションブランドでのカバンデザイナーの仕事を辞め、独立しました。

写真右がMarinaさん。ブランド紹介の最後のデザイナー紹介場面で登場。

イタリアから仕入れた端切れの革を使って作ったカバンには、Otaru, Kamakura, Naraと、日本の地名が入った名前が付いていたりと、親日家でもあります。

他のファッションショーに行ったことがないので、比べることができませんが、色々な肌の色、髪の色、目の色、年齢のモデルさんが登場したり、さらには、トランスジェンダーのモデルさんもいたりしたのは、多様性を認めるニューヨークならではかもしれません。

普段見たこともないようなおしゃれな人たちで会場は埋め尽くされ、かっこいい男性は皆ゲイカップルだったりするのも、ニューヨークらしい光景です。

手前の男性二人は仲の良いゲイカップル。

ショーの後の歓談時間。

開場を待っているところ。極寒の中、素足に薄手のジャケット、という方も。

ニューヨークは不思議な街で、自分がどんな人生を歩むかによって、出会う人たちも変わってきます。渡米当初の10年前は、私と同じく渡米間もない友人しかいませんでしたが、今では公私ともに、周りはアメリカ人かグリーンカード保持者しかいません。アジア人が全体の1%ぐらいしかいなかったファッションウィークの会場は、独特の社交界の雰囲気が漂っていましたが、こうした場で、友人の晴れ姿に立ち会えたのは、光栄です。

世界は広い!NYで目撃したそれぞれの元旦

みなさま、遅ればせながら、明けましておめでとうございます。

アメリカは、日本のようにお正月文化がないので、1月2日から仕事が始まる会社があると聞いても不思議ではありません。そして、年が明けてしばらくはクリスマスツリーは飾られたままで、街のホリデーディスプレイも残っているので、ニューヨークで過ごす年越しは、日本のお正月とは大きく異なります。

ニューヨークで年越しと聞いて皆が真っ先に思い浮かべるのは、タイムズスクエアのカウントダウンだと思いますが、これは観光客向けの催しで、ニューヨークに住んでいる人が行くことはほぼありません。なぜなら、「過酷」だからです!

年をまたぐ数時間前からしかイベントは始まりませんが、あまりに混雑するために、お昼ぐらいからタイムズスクエアに行かないと、カウントダウンの場所としてテレビに映るあの場所に辿り着けません。
その上、あまりに混むため、一度決めた自分の場所から動くことはできないので、皆、なんとオムツをしながら、6、7時間も寒空の下で待っているのです。

ニューヨーカーでタイムズスクエアのカウントダウンを見たという人は、自宅の高層マンションか会社のオフィスから優雅に眺めています。

実は、遠方から来た友人に連れられて、夕方6時ごろに入り込もうとした年もありましたが、タイムズスクエアに通じるあらゆる道を警官が塞ぎ、そのエリアで行われるイベントのチケットを見せないと通してくれず、結局、近所のバーのテレビからカウントダウンの様子を見たこともあります。

タイムズスクエアのカウントダウン以外では、レストランやクラブでのイベントに参加する人、友人たちと集まって乾杯する人など、様々です。

そして、1月1日は皆、ごく普通に友人や恋人、家族と休日を楽しみます。

私は親しい友人たちとおせちパーティー。
注文したおせちに加えて、少しずつ追加のものを持ち寄ったのですごい量になり、気がついたら7時間もの間、話し続け、食べ続けていました。

手前3つのお重はレストランのもの。手作りのぬくもりある味でした。

こちらのお重は私が作りました。焼き加減を間違えて伊達巻が焦げてしまった以外は、割ときちんとできて安心しました。アメリカは何でも高いので、自分が食べたいものは自炊して好きなだけ作るのが一番!

友人の家に向かう電車の中では、こんな光景を目撃。
オーソドックス派というユダヤ教徒たちです。

そして、音楽を演奏してチップを貰おうとしていたおばさんも。↓の写真の左に小さく写るギターを抱えたおばさんです。

ユダヤ教徒の人たちは独自のルールに基づいて、日本人からは考えられないような生活をしていますが、この写真は、彼らの暮らしぶりの一端を垣間見ることができる面白い光景です。

ユダヤ教徒の男性たちにとって重要なのは、ユダヤの経典の勉強。ヘブライ語で書かれた難しい書物を熱心に読んでいる男性をたまに地下鉄の駅で見かけますが、新年の朝からこの光景はすごいなと思います。(彼らは席に座っているのに、彼らの奥さんたちは立ったまま話し込んでいました。)

そして、友人の家からの帰りの電車では、こんな光景を目撃しました。
ただ自転車が写っているように見えるこの写真は、実は多くのことを語っています。

この自転車は、レストランの出前サービス大手の会社のものなので、この自転車の持ち主は新年からあちこちへのデリバリーに追われていたのです。そして、自転車に乗って家へ帰るところを私が見かけたのでした。新年早々こんなことをしてまで生計を立てるのに必死なのは、間違いなく移民。慎ましやかな生活スタイルが浮かび上がってきます。

最近一緒に仕事をしているイタリア系アメリカ人は、友人たちとコニーアイランド(ブルックリンの外れにある海と海沿いの遊園地が有名なところ)で、なんと寒空の中海に飛び込むというイベントに参加したと聞いて、驚きました。

Screen Shot 2020-01-11 at 1.13.11 AM

Coney Island Polar Bear Clubと呼ばれる、1903年創立のアメリカ最古のbathing club(水泳クラブ)は世界的にも有名で、今では元旦に、世界中で同じ時刻に、皆が海に飛び込む、という催しが行われているそうです。今年は例年より暖かかったので楽だったと言いますが、0度ちょっとしかない(時にはマイナス)のニューヨークで元旦から海に飛び込む人たちの心理は一生理解できないと思います(笑)

こうして見てみると、日本人の私、電車で見かけたユダヤ教徒、移民の配達員、正真正銘ブルックリン生まれのイタリア系アメリカ人は、全然違う元旦の過ごし方をしています。

こうした違いは、日々の食べ物から考え方、生き方まであらゆるところで顕著となり、そうした実態を垣間見ることができるのは、ニューヨークならではかもしれません。

改めて、世界の広さを実感した元旦でした。

 

 

 

今年もあと数時間!

すっかりご無沙汰してしまいましたが、ニューヨークは年明けまであと6時間です。

遅ればせながら、クリスマスに撮った写真を。ニューヨークの象徴、エンパイアステートビル。

立ち止まることやぼーっとすることが苦手な私は、常に何かしているのですが、振り返ってみると、ニューヨーク生活10年を迎えた今年は変革の一年で、特に今年の秋以降は、月のお休みが平均2日ぐらいでしたが、充実度もひとしおの一年でした。

一昨年から、一年の最初に、やりたいことを書き出すという作業をしています。

小さなことからすぐには達成できない大きなものまで、できそうか否かに関わらず、書いてみるのです。

1年後に振り返ってみると、自然とやりたいことから消え去っているもの、できたこと、別のやりたいこと、と色々浮かび上がってきて面白いです。

その振り返りは元旦に今年のリストを作りながらやってみたいと思いますが、備忘録で今年一年をまとめてみました。

・転職: 自分の時間が欲しくて、5年半勤めた会社を辞めて、ワークライフバランス重視のアメリカ人が立ち上げたベンチャー企業へ。

・社員研修でカリブ海へ: ここで、新しい会社の経営者と初めて会いました。人間的にも素晴らしい方で、また、このベンチャー企業の成功の秘訣を随所に垣間見る良い機会となりました。

・研修でサンディエゴへ: 断れず、ある研修一コマの研修講師をすることに。もう一人の上司が助けてくれましたが、ネイティブ相手にノンネイティブの私が1時間ぐらい話すというドキドキの体験。帰国子女でない私が長年抱えている英語コンプレックスが少し解消されました。

・友人のプロジェクトでウェブサイトをローンチ: 半年ぐらいかけて、プロジェクトリーダーとして朝も夜もかかりっきりだったプロジェクトが無事に始動しました。これも遠い引き金となって次の転職へ。

・しまなみ海道の美しさに感動: 瀬戸内海の絶景をバックにサイクリング。いろんな人にカリブ海より良い場所と勧めています。

・友人のライブを聴きに、ドイツへ: ドイツのケルンとニューヨークの二重生活を送る友人夫婦の家に泊まらせてもらい、ライン川のサイクリングや地元料理を堪能。人生を最大限満喫しているカップルの欧米流生き方は、参考になることが多いです。

・また転職: 人生で6社目、ニューヨークでは5社目。渡米して間もない頃からライフワークにしたいとずっと思っていたことに時間と熱意を全て注ぐべく、新しい会社へ。片手で数えられるほどしか社員がいない会社で、ニューヨーク行きを決めた時と同じぐらい周囲に驚かれましたが、ごくごく自然な流れでそんな方向へ (私がなぜこの決断をしたかは、追って書きたいと思います)。

・転職に伴って引っ越し: 5年間も住んだ家を離れ、マンハッタンからお隣ブルックリンへ。猫を飼える環境が整いました。

・着付けを習う: 簡単な着付けが一人でできるようになりました。お花見で友人と着物でお出かけも実現。

充実度いっぱいの気持ちで迎える2020年。

今年も健康で、多くの方々に支えられた1年でした。

皆さま、良いお年をお迎えください^ ^

NYならでは?ルームメイトにまつわる事件簿

先日、ニューヨークでは社会人になってもルームメイトと暮らすことがごくごく普通に行われていることをご紹介しました(こちらからどうぞ)。
物価が高いニューヨークで、大学卒業後、たとえそれなりの仕事に就けたとしても、学生ローンを抱えていたり、かなり抑えられた新卒のお給料だったり、と色々な事情で、ルームメイトとの暮らしを選ぶ人は多いです。

逆に、新卒でマンハッタンで一人暮らし、と聞いたら、その人は、両親から家賃補助を受けているであろうおぼっちゃまかお嬢様であることは間違いないと言っても過言ではありません。

グラマシーのおしゃれなタウンハウス。こういうところには、実は有名人が住んでいたり、ということが普通にあるのがニューヨークです。

他人と暮らすと、一人では考えられなかったような事件が起こるのが常。今日は、そんなニューヨークらしいルームメイトにまつわる事件の数々をご紹介したいと思います。

掃除の頻度で対立
ルームメイトとの暮らしでは、キッチンやバス、トイレはシェアとなります。そのため、トイレットペーパーや掃除用具はルームメイト皆で折半しますし、掃除も担当制にして決めているケースがほとんどです。でも、ここで問題となるのが、その担当を守らなかったり、また、綺麗さの価値観が異なるので、綺麗好き(ときには潔癖症)の人が他の人の掃除にいちゃもんをつけたり、逆に言われた方はストレスを抱える、ということが起こります。
ある男性は、男性だらけのルームシェアで、掃除が面倒くさいから、人に頼んで定期的に掃除してもらっていると言っていましたが、それは正しい選択かもしれません。(ニューヨークでは、不法移民や低所得者の人たちが、掃除などの仕事に従事していて、お金持ちでなくても、安価で受けられるこうしたサービスを利用している人たちがいます。)

自分が知らないときにパーティー?!
赤の他人と住むことが一般的なニューヨークでのルームシェアですが、相手がどんな人かはちゃんと確認した方が良いことは言うまでもありません。なぜなら、その人がどんな人かはその人の交友関係=その人の家を訪れる友人たちにも大きく影響しているからです。以前、NYの日本領事館に勤める人から、自分がいない間にルームメイトが開いたパーティーで部屋を訪れたルームメイトの友人にお金やパスポートを盗まれた、という被害届があったと聞きました。ルームシェアと言っても、個別の部屋に鍵がついていることはまずありません。通常、ルームシェアは、家族でも住めるような2、3室あるような部屋に他人と住むというスタイルなので、各部屋が鍵をかけられるつくりになっていないのです。ルームメイトの人となりを最初に判断することも、ルームシェアでおかしなトラブルに巻き込まれないための重要なポイントです。

ルームメイトの彼氏(彼女)が入り浸り!
これは、つい最近、私の同僚がこぼしていた愚痴です。その同僚は、赤の他人とのルームシェアが成功したラッキーなケースで、ルームメイトとなった2人の女性たちと意気投合し、最近、3人で引越しもしました。ただ、そのうちの1人のルームメイトの彼氏の滞在頻度が多いことを不満に感じているそう。というのも、ルームシェアでは、光熱費は折半するので、そのルームメイトの彼氏が使った光熱費の一部は、残りのルームメイトも負担しなければいけないのです。また、朝、誰もがトイレやシャワーを使いたいときに(アメリカではトイレとシャワーは分かれていません)、そのルームメイトの彼氏が占領している時があるのも不満の種のようです。私の同僚は、家賃を払うために頑張って生活を切り詰めて暮らしているのに、家賃も払っていないルームメイトの彼氏が、必要なときにトイレやシャワールームにいることが許せない、というのです。さらに、最近は、ルームメイトがいない時(仕事で帰りが遅い時など)でも、彼氏だけが先に家に滞在していることもあると言って、それはやりすぎだと怒っていました。

それを聞いた、その同僚よりもはるかに年上のアメリカ人女性のアドバイスはとても的を得ていて、なるほど!と思いながら聞いていたのですが、彼女のアドバイスは、

・自分にもいつ彼氏ができてその人が部屋に遊びに来る状況になるか分からないから、鬱陶しいかもしれないけど、ルームメイトの彼氏が家に来ることには寛容になるべき。
・ただ、朝の忙しい時間などには、トイレやシャワーは、もともとその家に住んでいる人が優先されるべきだから、ルームメイトの彼氏にはその旨きちんと伝えて線引きをすべき。
・ルームメイトが家に戻っていないのに、その彼氏だけが家にいるのは、非常識。ルームメイトが戻って来るまで、近くのカフェで時間を潰すなどして、一人で家に入り込まないようにすべき。

というものでした。

こうした事件簿は、ドラマのようですが、ニューヨークでは、ごくごく普通にあるような出来事でもあったりします。

私は渡米最初のある事件をきっかけとして(2009年秋のブログをご覧ください)、絶対にルームメイトとの暮らしはしないと決めたので、渡米後何年間も、家賃を払うために働いていると言っても過言ではありませんでしたが、その選択のおかげで、ルームメイトにまつわる面倒な話には巻き込まれずに平穏を保てたと思っています。

駐在員のように会社から補助が出て高級アパートに住めるのではない限り、海外での良い住環境を確保するのには、相当な努力が必要です。でも、住環境が良くないと、本当にやりたいことを余裕を持って行う心持ちにもなれないので、良い住環境を一刻も早く確保することは、ニューヨークで平穏に暮らす鍵の一つでもあると思います。

トランプ支持がきっかけでビジネスが大損害?!

数日前、朝起きるとメディアがあるニュースで盛り上がっていました。
それは、高級会員制ジムのEqinoxや人気の自転車ジムのSoulCycleのオーナーであるStephen Rossが、週末にハンプトンの私邸でトランプ大統領の寄付金集めのイベントを開催することを受けて、アンチトランプの会員がこぞってEquinoxやSoulCycleを解約し始めているというもの。

トランプ大統領が、ハンプトンで寄付金集めのイベントを行うことは、それ以前から知られていて、交通渋滞が懸念されていましたが、そのイベントの主催者がEquinoxやSoulCycleのオーナーであることが判明したのは、イベントのわずか数日前。それから1日もしないうちに、ジムの解約が相次いだそうです。そのスピードは目を見張るものがあります。

このニュース、背景を知っているとより理解が深まるし、なぜこんなに大きなニュースになっているのかも理解できるかもしれませんので、少し掘り下げてみたいと思います。

ハンプトン=セレブたちの避暑地
ハンプトンとは、ニューヨーク州の東の外れにある「超」高級避暑地です。マンハッタンから車で2時間半ほどの場所に位置しているので、東京から軽井沢に行くような感覚です。
でも、その高級ぶりは庶民は寄せ付けないような異様なもの。セレブリティーなどの有名人たちが豪邸を別荘として持ったり、有名ブランドのトリー・バーチさんのように自身の家を構えている人も。
こちらが、トリー・バーチさんの豪邸。そのあまりのゴージャスぶりに、ただただびっくりしてしまいます。
https://www.architecturaldigest.com/gallery/tory-burch-takes-ad-inside-her-southampton-home

芸能界やビジネスの世界で成功した人たちが、都会の喧騒を離れて、夏の週末などに過ごすのがハンプトンなのです。車がないと絶対に楽しめないような場所の上、こうしたセレブたちは、自宅にシェフを招いてパーティーを開催したりするため、豪邸が多い割にレストランは多くなく、ただただ生きている世界が違うことを実感させられます。

綺麗な海でも有名な場所ですが、静かで綺麗なビーチのほとんどはプライベートビーチで、ハンプトンに自宅や別荘がある人の車のみが登録することができ、登録された車以外の人は駐車場にすら入ることができません。

ハンプトンで寄付金集めのパーティー
そんなハンプトンでの寄付金集めのパーティーのため、その規模は相当なもので、参加費が、トランプ大統領と話をする時間がもてるチケットは、1枚$250,000(およそ2800万円)、一緒に写真がとれる権利がついたチケットは、1枚$100,000 (およそ1100万円)だったそうです。そして、たった1回のイベントで、なんと1200万ドル(およそ13億円)が集まったそうです。

運動熱心なニューヨーカーから圧倒的な支持を集めているEquinoxとSoulCycle
健康や美容、外見に気を使う人が多いニューヨークでは、アメリカの脂っこい食事を摂りながら、なんとか体型を維持しようと、熱心にジムに通っている人がたくさんいます。その中でも男女ともに圧倒的な支持を得ているのが、Equinox。普通の会員になるだけでも、月に2万円ぐらいしますが、ジムの高級感やインストラクターの充実度などから、このジムに通っているのは、一種のステイタスにもなっている、ニューヨークで一番おしゃれで人気のジムです。新卒間も無い社会人で、節約してまでこのジムに通う人も。

そんなジムの体験記は、こちら⬇︎をご覧下さい。

https://whitecatinny.com/2017/11/27/アメリカの高級ジムに潜入!/

https://whitecatinny.com/2018/01/09/アメリカのジムでカルチャーショック!/

SoulCycleは、そのEquinoxと同じ経営の自転車専門ジム。こちらもおしゃれなスタジオと人気講師たちの存在で、一躍有名になりました。

大きな黄色の車輪が目印のSoulCycle

トランプ大統領の寄付金集めのパーティーは、そんなニューヨークのフィットネスシーンを代表するような会社のオーナーが企画したものだったので、EquinoxとSoulCycleの会員たちは、自分たちの高い会費が、そんなことに使われているのは許せない、と怒ってしまったのです。

SoulCycleの社長は、事態を重く見て、私たちの会社は、特定の政治的思想とは無関係です、との声明を社員に宛てて送ったと言われています。

会社のお金ではなく、私費で開催したパーティーなので、個人のお金をどこに使うのかはその個人の選択にもなってくるかと思いますが、特にマンハッタンはアンチトランプの人が多いので、反応も敏感だし行動力の早さはニューヨーカーらしいです。

次期大統領選挙に向けての候補者の戦いも幕を開けていますが、トランプ大統領に大差で勝てそうな民主党候補は今のところいなそうです。