NYでよくあるルームメイトとの暮らし

10年ひと昔という言葉がありますが、あと4日で、私は渡米10周年を迎えます。
心躍りながら、ニューアーク空港に降り立った時のことを鮮明に覚えているので、もうあれから10年とは自分でも感慨深いです。

10年前の私、と言えば、いま振り返ってみても驚くほど不運な事件ばかりに見舞われていました(その頃の様子は、2009年秋頃の記事をご覧ください)。でも、そのうちの一つ、ルームメイトにまつわる事件は、今思えば、英語力が足りなかった私は、家の契約時点から完全に相手に見下されていたために起こったのだと思います。

日本では、少し前に、シェアハウスを舞台にしたテレビ番組が流行っていたようですが、まだ赤の他人と住む、ということに抵抗を感じている人は多いと思います。
でも、ニューヨークでは、学生時代に限らず、社会人になってからも、ルームメイトがいる人はかなり多いです。

家賃が高すぎる上に、学生ローンの支払いを抱えている人も多く、さらには、新人レベルでの仕事でニューヨークでサバイブできるようなお給料を払う会社は、ウォール街の金融業界や大手法律事務所、グーグルなどの成熟したテック企業ぐらいではないでしょうか。経験が重視されるアメリカでは、新卒のお給料は一般的にかなり抑えられています。

img_6268

おしゃれなタウンハウスが並ぶブルックリンのパークスロープ。SATCの見過ぎで、いつかキャリーのようにタウンハウスに住んでみたい、と夢見ていますが、夢のまた夢。
NYでルームシェア、といっても、こういうおしゃれな建物ではなく、古いアパートでの生活が一般的です。

 

寮生活が基本のアメリカ
アメリカは、個人主義の国。ただ、集団生活で社会性を学ぶという趣旨からと、日本と比べて圧倒的に多い勉強量のため学校の近くに住む必要があること、からなのか、大学時代は学校内の寮に住むことが一般的です。たとえ学校が自宅から通える距離にあっても、寮に入っているケースがほとんどだと思います。

寮は相部屋。学生時代であれば、ルームメイトと一生ものの友達になることでしょう。

社会人になってもルームメイトがいる生活
驚くことに、アメリカでは、社会人になってからしばらくの間、ルームメイトと生活、というパターンは一般的です。
特にNYのように家賃が高すぎる都市では、なんとか家賃の支出を減らすために、ブルックリンやクイーンズでルームシェア、という話をよく聞きます。

運よく、大学時代の友人たちとルームシェア、というケースもありますが、他州出身であれば、友達がNYで社会人生活を送るとは限りませんし、NY出身であっても、友達と部屋の条件が合うとも限らないので、見ず知らずの人とキッチンやトイレ、お風呂を共有しての共同生活を送ることになります。

ルームメイトにまつわるあるある事情
家賃支出を減らせるというメリット以外に何のメリットもないのがルームシェア。
家に帰ってきてもリビングに他人がいるのはたとえ仲が良い友達だとしても気を使うし、綺麗さの度合いも人によって違うので、共有部分の掃除をめぐって喧嘩になるというのもよくある話です。それ以外にも、ルームシェアならではの事件は数々あるのですが、最近、アメリカらしいルームメイトをめぐる出来事を見聞きしたので、次回は、そんなルームメイトあるある事情をご紹介したいと思います。

 

NYでは公園は大人の憩いの場

突然質問ですが、皆さん、公園へどのぐらいの頻度で行かれますか?

今日、ブライアントパークでランチを食べながら、ニューヨークの公園は独特だなぁとつくづくと思いました。
日本で働いていた頃、日常的に公園へ行くことはありませんでした。行ったとしても、1年に数えるほどでしょうか。
公園というと、滑り台やブランコ、砂場があるような子供の遊び場を思い浮かべる人も多いかもしれません。

でも、ここニューヨークには、大人向けの公園が街中にいくつもあります。
ニューヨークで一番有名な公園は、セントラルパークかもしれませんが、ニューヨークの公園はそれだけではありません。
ブライアントパーク、マディソンスクエアパーク、ユニオンスクエア、ワシントンスクエアパークなどなど。
そして、それぞれの公園に特徴があるのも、ニューヨークらしいと言えるかもしれません。

ブライアントパーク:都会のオアシス。例えると、大手町のビル街のど真ん中にあるようなイメージです。夏は映画やダンス、ヨガのイベント、冬にはスケートリンクやホリデーマーケットで賑わいます。また、夏の時期は、ここでランチを食べに、お昼時になると椅子が見つからないほどに連日人で溢れています。

img_6258-1

ランチ時のブライアントパーク。一人でランチする人から、グループでする人まで様々です。

img_6218

ある日の夕方6時からは、無料のヨガクラスが。みんなが同じポーズをしていて異様な光景。また、ヨガはせずに、芝生で寛ぐ人たちも。

img_6214

なぜかコロンビアのダンスを踊っている人たち。自国を懐かしんでいるのでしょうか。洋服の色や雰囲気まで南米そのものです。

 

マディソンスクエアパーク:日本でも大人気のシェイクシャックの1号店が、公園の治安改善に一役買ったと言われている、こちらもマンハッタンの中心に位置する公園です。ドッグランがあったりして、大きな犬もよく見かけます。

ユニオンスクエア:地下鉄の路線が複数通る便利な駅の真横に位置する広場。週に数度、近隣農家がやって来てファーマーズマーケットが開催される他、見知らぬ人とチェスの対戦ができる場所としても有名。(公園の南側には、チェスの対戦相手を待っている人が常時何人もいます)

img_6086-1

よく集会めいたものが開催されるのは、ユニオンスクエアパーク。写真は、今年のゲイパレードの日のものです。

 

ワシントンスクエアパーク:マンハッタンの有名私立校NYU(ニューヨーク大学)のお膝元。大きなアーチと噴水が特徴的で、週末になると何らかの芸をする人たちがどこからともなくやって来ます。手品師を昔見かけたことも。水遊びをする子供や犬と戯れる人が多い公園。

ざっとそれぞれの公園の特徴を書いてみましたが、公園のつくりや場所によって集まってくる人も全然違うのはニューヨークらしいです。

ニューヨーク観光の際にはぜひ公園のベンチに腰掛けて、しばしニューヨーカーを観察してみませんか。日本では絶対見ないような個性的な人たちばかりのニューヨーク。どれだけ見ていても飽きないかもしれません。

お騒がせキム・カダーシアンの”kimono”下着騒動

梅雨が長引く日本と打って変わって猛暑が続くニューヨーク。異例の熱波注意報が出され、私が住むマンションでは、コミュニティールーム(普段は有料でイベントなどのために使用する部屋)が、家にクーラーがない人のために解放されています。あまりの暑さで外を歩いている人も少ない週末です。

イエローキャブがこんな姿に!車内に冷気を届けるための太いパイプが。。

数週間前のことになりますが、お騒がせカダーシアン家の中でも特に有名なKim Kardashianが、自身が立ち上げた下着ブランドを”kimono”という名前にする、と発表し、あちこちで論争が湧き起こりました。

その結果、わずか数日でkimonoという名称の撤回をしたキム。

続きを読む

過去最大規模?!ニューヨークのゲイパレード

(途中過激な写真がありますので、ご注意下さい。)

6月最後の日曜日は、ニューヨークでは恒例のゲイパレードの日。

ゲイやレズビアンのニューヨーカーたちは、この日のためにここぞとばかりの衣装を用意し、パレードに繰り出します。

先日の記事(こちらからどうぞ)でも触れましたが、今年は、ニューヨークで最も有名なゲイバー、Stonewall Innのニューヨーク市警による襲撃事件から50年の節目の年で、このパレードに向けての高まりは、今まで見たことがないものでした。

続きを読む

アメリカのラーメンは⚪️⚪️でないと流行らない!

久しぶりの投稿になってしまいましたが、アメリカは、7月4日の独立記念日を前に、お休みモードの人が多いです。今年は独立記念日が木曜日に当たるため、金曜日もお休みをとって4連休という人も多いことでしょう。

今日は、ここ数年、ニューヨークでお店が増え続けているラーメンにまつわる面白いお話です。

続きを読む