アメリカ人男性の美意識

この間、会社の日本人の同僚から、日本と欧米の文化の違いが如実な面白い話を聞きました。

アメリカ人で現在は上海在住の人が、日本の割と有名なあるホテルに泊まって衝撃を受けたことがあるそうです。それは一体何でしょうか?

私は先日出張で都心のホテルに数泊しました。考えてみたら、東京出身なので、東京のホテルに泊まるのは、人生初めての経験です。いつも泊まり慣れているアメリカのごくごく平均レベルのホテルと比べて、ベッドの小ささと部屋の狭さに驚いたのですが、それ以外は、ホテルのアメニティーも充実しているし、朝ごはんは和食と洋食のビュッフェが両方食べられてどれも美味しいし、快適な滞在で、このホテルに不満を持っている欧米人がいるとは思いもよりませんでした。

アメリカ人男性が不満だったのは、ホテルにフィットネスジムがないことです。
ホテルに聞いたら、近くの提携ジムを使用できるとのことだったそうですが、それも割引価格とはいえ、有料と言われて驚いてしまったそうです。

考えてみると、アメリカのホテルは、3流のモーテルのようなところにはジムはありませんが、出張で私がよく泊まるような2流ホテル(例えば、Residence Inn, Courtyard, Double treeといったマリオットやヒルトン系列の出張で定番のホテル)でも、小さくても必ずジムとプールがあり、無料で使用できます。それだけ、アメリカ人の需要があるのが、ジムなのです。

確かに、考えてみると、アメリカではジムの会員になり、せっせとジム通いをしている人が多いです。それは、美容と健康に関心がある女性ばかりではなく、男性でも皆常に何かしらの運動をして汗を流しています。

良いマンションであれば、建物内にジムがついていて使用することができますが、マンハッタンの街中には、そうしたジム以外にも、Equinoxをはじめとする高級ジムから、全米あちこちの都市で展開しているお手頃価格のSports Club(頭に都市名がつくので、NYの場合は、New York Sports Club)まで、様々なタイプのジムがあります。

アメリカ人男性がこんなにジムに熱心なのはなぜでしょうか。
それは、日本と欧米での外見の価値観の違いにあるのではないかと思います。
先日、たまたま読んだ海外を飛び回っている日本人男性のブログにも書いてありましたが、欧米人男性にとって、筋肉がしっかりとついた鍛えた身体が重要なのです。それは、欧米人女性がそうした体型を求めているからかもしれません。
夏になるとより肌が露出した服を着るので顕著ですが、街を見渡してみると、日本でいえばいわゆるマッチョのような体型を目指している男性が多いように思います。
中には、筋肉をつけるために、トレーニング前にプロテインのような粉を飲んでいる人もいます。

先日もこちらの人が、やせている男性は病気のように見える、と話していて、日本でやせていることはごく普通のことですが、海外ではそのように思われてしまうのか、と驚きました。

アメリカ生活が長くなると、嗜好もアメリカ人のようになってくることがあり、確かに言われてみると、細い人よりは、鍛えた欧米人のほうが良く見えてきたりもしますが、皆さんはいかがですか?