アメリカ流Thanks givingの過ごし方

人種のるつぼであるアメリカは、宗教のるつぼでもあります。

キリスト教、ユダヤ教、イスラム教等々。

 

Thanks givingがアメリカで重要なイベントであるのは、特定の宗教に偏らないお祭という要素も大きいですベル

クリスマスも一大イベントですが、ユダヤ教の人はお祝いしません(人気ドラマ、Sex and the Cityでも、ユダヤ教徒の人と結婚しようとしたシャーロットが、クリスマスがなくなってしまうことを知ってショックしょぼんを受ける場面がありました)。

そのため、Thanks givingは、宗教に関係しない祝日としては独立記念日と並ぶお祝いの日なのですひらめき電球

続きを読む

ロッジで過ごすThanks giving

11月の第4木曜日はThanks givingですクラッカー

アメリカではハロウィンが終わるとThanks givingの話題でもちきりですアップ日本ではこうした休日がないので実感が湧かないのですが、日本でいうとお盆とお正月をあわせたような日ですっていったら重要度が伝わるかもしれません。

Thanks givingとはいわゆる感謝祭。毎年、秋の収穫をお祝いとして、家族で集まってひたすらごはんを食べる日です中トトロ?また、街ではHappy Thanks givingというカードも売られていて、親しい人同士でカードを送りあう習慣もあります手紙みんな実家へ帰省するので、道路や空港、電車は大混雑。当日は仕事や学校はお休みですが、今年は混雑を避けるためにその前から休暇をとって帰る人も多く、Thanks giving直前のJFK空港の大混雑の様子がテレビに映し出されていました飛行機

 

私は、お隣のニュージャージー州のロッジへ小旅行に行きました電車

マンハッタンからわずか電車で1時間ちょっと、そこから車で10分ぐらいのところなのですが、そこには見渡す限り林が広がり、人一人として歩いていません。都会の喧騒を離れる、といっても、ここまで何もないと逆に驚いてしまいますビックリマーク

この一帯は、Palisades州立公園クローバー

ロッジはこの公園の中にひっそりと建っていました。
N.Y.に恋して☆-lodge1
こんな感じの山小屋です。

 

そこはまるでアメリカの古いドラマを彷彿とさせるような世界クマ

木造平屋建てで、中には大きな暖炉があり、団欒のための大きなテーブルといすが並び、数十年も前のときにタイムスリップしたような感じですリサイクル

 

ここは、Thendara Mountain Club という自然愛好家が集まるクラブが所有するロッジで、今回の企画をしてくれた方は、このクラブのメンバーです。メンバーになると、好きなときにロッジを予約して家族や友人を招き、皆ここでそれぞれの休日を過ごします。
N.Y.に恋して☆-lodge2
裏口には手作りのかわいい看板がかけられていました。

 

日本でもこうした会員制のクラブのようなところはあると思いますが、一番大きな違いは、もっと開かれた世界であるということOK

全然知らないメンバーと予約が重なって一緒に過ごすこともあるし、一つ屋根の下にいても、本を読んだり、料理をしたり、散歩に行ったり、みながそれぞれ自分の好きなことをして過ごしていますリラックマ

色々な人と過ごすので、協調性は必要だけれど、それ以上に過度の気遣いはいらないなんとも不思議な空間でした。

 

このクラブの歴史は古く、もともとはGreen Mountain Clubの一支部だった団体が独立して現在の姿になったようで、当初のクラブは20世紀前半の設立ですチューリップオレンジ

なんともすごいのは、このロッジがその当時とほとんど同じ姿であるということ。

ロッジの一室に大切に保管されているアルバムに収められているセピア色の写真は、1918年からの写真ですが、内装は今も昔も全く変わっていません目
N.Y.に恋して☆-lodge3

自然を愛する人たちが週末に集まり、暖炉をかこんで談笑する姿は今も昔も同じで、こうして時が流れても昔の姿を大切に残していったメンバーたちの暖かい心があふれるすてきな空間です椅子

ゴミの分別は分別は不徹底だし、資源の無駄遣いが激しいアメリカの大量消費社会には日々疑問を持っていましたが、自然を愛し、日本と比べてもかなり徹底した資源を節約する暮らしがひっそりと営まれていたことは、新しい発見でしたひらめき電球

 

次回は、Thanks givingの定番料理ナイフとフォーク、そしてその翌日のBlack FridayDASH!の様子をお伝えしますニコニコ

香取慎吾、三谷幸喜の脚本でNY初舞台!

「Talk Like Singing」音譜

 

このミュージカルのことを最初に知ったのは日本版Yahoo!ニュースでしたが、NY在住日本人の間でもかなり話題の作品です。初対面の日本人と会ったら、「見に行った!?」という会話があいさつのように交わされます笑

 

http://www.skirballcenter.nyu.edu/calendar/talk_like_singing

 

↑NY大学内のホールで行われていました。

 

この作品は、香取慎吾が主演、そして三谷監督が脚本・演出・作詞を手がけ、元ピチカート・ファイブの小西さんが作曲と音楽監督という豪華トリオの作品キラキラそして、なんといっても、ニューヨークで初演を迎える初めての日本の作品ということで、公開前からあちこちで話題となっていました目

 

N.Y.に恋して☆-talk like singing

香取慎吾演じるターロウ(Tarlow)くんはこんな子です。

 

 

 

気になってネットでチケット情報を見ていたものの、始まって人気だったら行ってみようかなーっと思っていた矢先に、なんと一番高額な席を韓国人クラスメートにもらいましたチケット

 

というのも、彼の韓国人友達(韓国在住)が香取慎吾の大ファンで、3公演分のチケットを早々にキープしてNYへ見に来る予定だったのですが、都合により行けなくなってしまい、彼がチケットを譲り受けたそうです。そして、日本人の私が興味があると思ってチケットを譲ってくれたのですアップ

 

そして先日行ってきましたニコニコ

 

席はなんと前から5列目の真正面ビックリマーク周りは日本から駆けつけたと思われるジャニーズファンで熱気あふれる空間でした。

 

(ここから先はネタバレになってしまう可能性があるので、1月からの日本公演を楽しみに待っている方は読まないでくださいね。)

 

この作品は、普通に話すことができず、歌と踊ることでしか他人とコミュニケーションできないという特殊な病をかかえる香取慎吾演じるターロウ(英語名はTarlow)くんの成長を描いています。

 

3年前から構想を練っていたという三谷監督。

 

下駄や盆栽といった和の道具を登場される一方で、ハンバーガーショップ、バスケ等アメリカ的要素も取り入れて日米の観客が楽しめるように工夫がされていましたひらめき電球

 

このミュージカルで大活躍だったのが、太郎の病気の研究者として登場するDyson先生(川平慈英さん)。

 

最初から最後まで、英語で太郎の症状を分析し解説してくれました。

 

実は、彼の活躍なくしてこの作品は成り立たなかったと思いますグッド!

 

また、劇団四季出身の堀内恵子さんの演技は、これぞプロと言えるものでした宝石赤

 

香取慎吾演じる太郎くんは、彼が持つ独特のキャラで、歌い、そして踊り、日本のテレビで見るイメージそのものでしたクラッカー

 

しかし、残念なことにせりふと歌は半分が日本語かおそのため、外国人の観客は半分しか楽しめなかったのではないかと思います(見に行った韓国人の友達も分からないところがけっこうあった、、、と話していました。私の後ろに座っていた日本人は、ひたすら隣りの席の友人に小声で英語で訳していました。)。

 

「所変われば…」ということわざのように、次回は全部英語でもっとたくさんのニューヨーカーに日本の笑いが伝わったらいいな~、と思いながら会場を後にしましたベル

 

米田選手に直撃~前編~

米田選手には、選手時代からお世話になっているメンターの方がいますアップ

その方は、プロを目指す若い子たちからオリンピック選手まで多くのスポーツ選手のメンタルトレーニングを行っていて、現役引退した米田選手は、いまその方のもとでコーチング技術を学んでいます。

今回のNYツアーも、もちろんその方も同行していて、私たちの交流会にも参加されていました。

 

その方が、「いままでにたくさんの選手の指導をしてきたけれど、現役時代からこんなに物事を深く考えている選手に出会ったことはないビックリマーク」としきりに話していました。

その言葉のとおり、世界を舞台に戦った選手の深く重みある言葉に、参加者はどんどん吸い込まれていきました目

 

当日の1問1答を、アテネオリンピックにいたるまでの道のりアテネ本番引退そして指導者への道を目指すいま、の3段階に分けて再現したいと思いますひらめき電球

 

ヒミツアテネオリンピックにいたるまでの道のり

Q1 スポーツ選手は、本番のほんの数十分の演技に向けて何年間も厳しいトレーニングを積んでいますが、その間どのようにしてモチベーションを高く保っているのでしょうか?

 

いつかスポーツ選手に会うことができたら(まさかこんなに早くその機会が訪れるとは思っていなかったのでビックリです!)絶対にしてみたいと長年思っていた質問をしてみました。

 

A1 モチベーション維持の方法は、選手時代常に考えていたことでした。その日の練習で撮影したビデオを寝る前に見て修正点をチェックし、次の日の課題を見つけることでモチベーションを維持できました。

また、毎日体育館にこもっているので、できる限り色々な人(特に違う分野の人)に会って話しをし、感銘を受けることも良い刺激となりました。テレビでスポーツ選手のドキュメンタリーも見ていました。

 

Q2 米田選手の選手人生を変えるきっかけとなった印象的な言葉はありますか?

A2 特に具体的な言葉はありません。しかし、常に相手がどうしてそう考えるのか、どうしてそう行動するのか、なぜそれは起こったのかといったことはよく考えていました。たとえば、「なぜ人はミスをするのだろうか?」、「なぜ練習に遅刻してくる選手がいるのか?」といったことです。

 

こうした深い質問は、日ごろからメンタルトレーナーの方にも投げかけていたようで、その方もよく驚いていたそうです。

 

スペードアテネ本番

Q3 本番の演技で一番緊張した瞬間は?

A3 オリンピックの会場、特に決勝の会場は、選手だけでなく観客も緊張していて、その緊張感が会場中を支配していました。そのため、決勝の最初の床の演技のときが一番緊張しました。

団体競技では、競技を終えたメンバーの精神状態が次に演技するメンバーに影響を与えてしまうので、たとえ小さなミスがあったときでも、キャプテンとして、常にみんなを鼓舞することを心がけていました。そうすることで、緊張を克服できたと思います。

 

Q4 団体競技では、キャプテンとしてどのようにしてチームをまとめていったのでしょうか?

A4 絶対に金メダルをとりたいと思っていましたが、その言葉を直接チームメンバーへ投げかけることはしませんでした。かえってプレッシャーを与えて逆効果だと思ったからです。そこで、先にマスコミに金メダルをとる!と公言して記事にしてもらい、外からプレッシャーをかけることでチームメンバーに刺激を与えました。(団体は28年間金メダルを逃していたので、この言葉は意外性も手伝って有効に機能したようです。)

その後、メンバーがリラックスしている時、食事のときやお風呂に入っているときに、一人ひとりに「僕たち金メダルとれるかな?どう思う?どうしたらいい演技ができるかな?」と問いかけて、チームとしての最終目標を明確にしていきました。
N.Y.に恋して☆-Isao Yoneda2

 

オリンピックの演技を見ているだけでは分からない裏話に、私はどんどんひきこまれていきましたきゃー

スポーツは、その裏にいつもいろいろなドラマ、秘話があり、そうしたことを知ると、結果だけにとらわれることはなくなくなり、選手の魅力も再認識することができるようになると思います音譜

 

次回は、現役引退した米田選手のいまをつづりたいと思いますグッド!