NYならでは!難民シェフたちが包丁を握るレストラン

人種のるつぼと言われるニューヨーク。ニューヨークにいるだけで、世界のどんな国の人とも知り合えるほどに、ニューヨークは多国籍です。

世界中からの移民、さらには難民たちを受け入れて発展してきたアメリカですが、トランプ政権下では、それが覆されつつあります。アメリカと何らかの理由でもめている国の出身者たちは、ビザが取りにくくなっているようです。

そんな時代背景の中、ブルックリンの閑静な住宅街、キャロルガーデンに佇むのは、難民としてアメリカへ渡ってきた人たちがシェフとして働くレストラン。

続きを読む

100回記念・笑い通しのショーに行ってきました!

先日、ニューヨークの日本人の間で有名なトシ・カプチーノさんの100回記念のショーに行ってきました。

(注: 記事の途中に、過激な写真があります。)

トシ・カプチーノさんは、ゲイの日本人男性です。
もともと歌が大好きで、当時有名だった「スター誕生」というテレビ番組の福岡大会で優勝も果たしているほどの腕前。
ニューヨークに渡ってからは、自分の歌のショーを企画したり、ブロードウェイ評論家として、数日に一度のペースでショーを観に行ったりと、エンターテイメントの世界で活躍されています。

そして、プライベートでは、素敵なアメリカ人の男性と結婚し、幸せに暮らしていらっしゃいます。(その様子は、世界の日本人妻は見た!のニューヨーク編でも以前放送されました。)

ゲイであることをカミングアウトできずに、日本では自分らしく生きられなかったというトシさんですが、個性が重視されるニューヨークの街で、持ち前の明るさとポジティブさで、自らの人生を切り開いていっています。

続きを読む

ホワイトハウスガーデンツアー 知っておきたい事前情報

今回は、ホワイトハウスガーデンツアー体験談の最終回として、チケット入手の方法や、スムーズにお庭に入る対策を綴ってみたいと思います。

過去記事は、

https://whitecatinny.com/2019/04/12/春爛漫のホワイトハウスのお庭に潜入!/

https://whitecatinny.com/2019/04/18/ホワイトハウスのお庭に潜入!/

{05E01FD5-CFDC-4B38-9B59-C7D900C27BE7:01}

私たちは、今回、事前にインターネットで情報収集を試みたものの、ごくごく限られた情報しかなく、最終的には、行き当たりばったり、といった感じになってしまいました。
そんな体験を踏まえて、今後ガーデンツアーに参加される人のために、知っておきたい情報をまとめてみました。

チケットは、先着順で無料です。
当日の朝に、お庭の入り口の門の隣にある公園内のビジターセンター(Ellipse Visitor Pavillion)で配られます。チケットには、30分単位で、入園時間が印字されていますので、もらったチケットに書かれた時間が、(いちおう)お庭に入れる時間となります。(混雑としっかりとした荷物チェックのために、多少の遅れが生じてしまいます。)

ビジターセンターは、ホワイトハウスへのお庭の入り口のすぐ隣の公園内にある平屋の建物で、近くまで行けばすぐに分かると思います。
ただし、ここで注意したいのは、チケットをもらう列とチケットを持った人がお庭に入るための列がそれぞれあるので、きちんとチケットのための列に並ぶことです。
念のため確認したい場合は、こんな感じで近くの人に聞いてみると良いと思います。
“Is this line for getting a ticket for the garden tour?”
“Where can I find a line to get a ticket for the garden tour?”

私達が参加した日曜日は、お庭の一般公開は10時から2時半まで。チケットの配布は9時開始でした。9時過ぎにビジターセンターに到着すると、長蛇の列。チケットは次々に手際よく配られるので、ここでの待ち時間は15分ほどでしたが、結局もらえたチケットは11時の回でした。そう考えると、だいたい入園時間の2時間前にはチケット入手が必要と言えそうです。

{52A0220F-C184-4FCF-9972-EF7EC966D43E:01}

おしゃれなデザインのチケット。入場時刻によって色が違います。

また、チケットを入手した後も、お庭に入るための列に並ばなければならず、結局、指定時間にはお庭に入れなません。そのため、可能であれば、8時頃から並んで、9時ぴったりに10時の回のチケットを入手するのが、ベストだと思います。

そして、肝心のガーデンツアーの日程ですが、例年、2週間ぐらい前に、ホワイトハウスのHPでアナウンスが行われます。
White House garden tourと検索するとすぐに見つかります。
警備等を考えたら、多大なコストがかかっていると思いますが、伝統行事として、こうした場所が一般公開されるのは、ホワイトハウスをより身近に感じることができるとても良い機会だと思いました。

セール前に買った商品がセール価格になった衝撃!

長めのタイトルになってしまいましたが、先日、まさにタイトル通りの驚くような出来事が起こりました。

やっと暖かくなってきたニューヨーク。春物の洋服を買いに行こうと、ある週末、最近お気に入りのお店へと足を運びました。ちょっと高級なスカートでしたが、おしゃれなブランドだし、わざわざ買い物に行ったのに手ぶらで帰るのも、という気持ちもあって、そのスカートを買いました。

続きを読む