NYで今一番オススメのお店❤︎

コロナの猛威はまだまだ治らないようで、世界経済にも大きな影を落としてしまっていて心配です。昨日ウェストビレッジとソーホーを歩きましたが、目抜き通りはいずれも、半分以上の店舗が撤退または閉店に追い込まれるという前代未聞の事態となっていました。

ソーホーのMUJIも店舗が貸しに出されていて、大変なんだろう、と思っていましたが、夕方、米国で破産法chapter11を申請し、再建を図るとの報道がなされて驚愕してしまいました。

レストランも小売も、明るい話題のない昨今ですが、そんな時こそ、アメリカ発の面白いお店を紹介したいと思います。

続きを読む

コロナ関連で感じたNYと日本の違い

まだまだ長引くコロナですが、ニューヨーク市の経済再開計画は着実に進んでいます。
6月22日から美容院がついに再オープン。そして、テイクアウトとデリバリーのみだったレストランやカフェも、外の席での食事の提供が始まりました。これにより、住宅街を中心に、太陽が照りつけるもとで、食事を楽しむ人たちをよく見かけるようになりました。

アメリカは50州もあるため、州により状況は様々。つい最近も、アメリカのコロナ感染者が激増、というニュースがありましたが、これは、ニューヨーク以外の州での出来事です。
前回の記事(こちら)にも書きましたが、メディアのニュースでアメリカ全土が危ない、という誤解を招いていないといいな、と思います。

コロナでは、失業して困窮している人が多い中で、アメリカの大企業のトップ層が自社株の売却で富を増やしたり(数日前にも、アマゾンのCEO、ジェフ・ベゾスがこの数ヶ月で4000億円も資産を増やし、自己最高額の資産になったことがニュースになっていました)、社員への気遣いが足りない経営者の姿が明るみになったりと、もともと地層に隠れていた社会の問題や矛盾が一度に噴出しているような状況です。

この週末はJuly 4th. アメリカ人にとって重要な独立記念日。いつもよりアメリカの国旗を掲げている家が多かったです。

7/4にBBQに興じるニューヨーカー。

その一方で、私は、困難な状況の中でも前向きな姿勢を忘れないニューヨーカーの強さ、自己中の人が多いと思っていたアメリカで、こういう時に他人に手を差し伸べるニューヨーカーの優しさを目の当たりとし、ニューヨークの底力を感じていることも事実です。

そのような中、先日、日本で起こっているという驚くような話を耳にし、いまだに驚愕しています。

続きを読む

NYは、本当に危険いっぱいなのでしょうか?

ここ数ヶ月、日本の友人と話していると、日本で報道されているニューヨークの状況と、実際の状況があまりに乖離していることにただただ驚いてしまいます。日本では、NYは、世界一危険な場所と報道され、そんな報道と合わせて、色々な恐怖を煽る映像が流れていたようです。

SOHOは小売店は閉まったままですが、掠奪防止のために外のガラスに張ったベニヤ板がストリートアートの宝庫となっています。

確かに、NYは、全米の中で感染者も死者も多く、NY州全体が完全ロックダウンとなっていました。

NYのロックダウンは、日本の緊急事態宣言よりもずっと厳しかったです。生活に必要な事業(essential businessと呼ばれる病院、スーパー、公共交通機関など)以外の人は、完全に在宅勤務となったのです。

銀行のオフィスワーカーの席。プラスチックのパネルがあり、お客さんとのソーシャルディスタンシングが徹底されています。

これにより、通常のオフィス勤務の人たちは全員リモート勤務。また、先日の記事でも紹介しましたが、休業しているレストランも多く、そうしたレストランで勤務しているシェフやウェイター・ウェイトレスたち、ヘアサロンやネイルサロンのスタッフたちも自宅待機。

一方で、自宅待機中にお酒が買えないと困る、とのニューヨーカーの主張を受けて、酒屋は生活に必要な事業となり、また、地味ではありますが、携帯電話やインターネット回線の会社、郵便局や配送業者は生活に必要な事業。確かに、彼らが休んでしまったら、Wi-Fiにトラブルがあっても対処してもらえないですものね。さらには、犬や猫を飼っている人が多いNYでは、ペットショップや獣医さんも生活に必要な事業とされていました。

こうして見てみると、友人たちと会えないこと、自宅で仕事をしなければいけないこと、を除いては、特に不便もない生活でしたし、日本で報道しているような恐ろしい場面も、自分の行動圏内では目撃したことがなく、あくまでネットの記事で見る、という感じでした。

先週末、海に行きました。今も外ではマスク着用が義務付けられているので、ビーチでもマスク。ここは、ニューヨークで綺麗なビーチとして有名なロッカウェイビーチ。

そんな大きなギャップに違和感を抱えながら過ごしていて強く思ったのは、ニュースには、発信したい人の恣意性が介入する、ということです。NYが危ないというニュースを流したければ、そうした場面だけを切り取って寄せ集めて報道することができてしまうことが、メディアの恐ろしさ、だと思います。ニュースの受け取り側は、その場にいない限りは、報道されることを鵜呑みにしてしまいますものね。

では、ニュースをより正しい視点で見るにはどうしたら良いでしょうか。

続きを読む

コロナ下で奮闘するニューヨークのフードビジネス

コロナによりどの業界も大きな影響を受けていますが、ニューヨークでよく話題になるのは、飲食店業界。ニューヨークには、家族経営で何代にも渡って続く小さな商店のようなビジネスから、朝の通勤客のニーズに応えるために夕方早々にお店を閉めるコーヒーショップ、観光客の需要に大きく依存した観光地近くのレストラン、地元ニューヨーカーに愛されてきたお店、そしてあらゆるジャンルのミシュランの星付きレストランなど、多様なお店があり、その数は数え切れないほど。毎月雨後の筍のように新しいお店ができては消え、ということが繰り返されてきました。

現在、飲食店業界は、テイクアウトとデリバリーのみ。そのため、スタッフへ払う時給などを考慮すると採算が取れないとして、完全休業を続けているお店もあれば、こんな状況下でも家賃は払い続けなければいけないので、なんとか資金を捻出しようと、臨機応変にこの状況に対応しながらお店を続けているところとに二極化しています。トランプ大統領が発表した中小企業への補助金制度では、従業員が500人以下の会社について、社員をそのまま雇用し続けることを条件に、2ヶ月分の人件費は、国から補填されることになりました。申請が通るまで一次的に休業し、補助金を受け取って営業を再開したところも多くあります。

IMG_3425

おしゃれ地中海料理のレストラン。最近、お店の入り口を利用して、こんなサービスを。人形がマスクをしているのにも注目です(笑)こんな風にしてカクテルを売っていたらつい買ってしまいますよね。

続きを読む

世界中の人を惹きつけてきたミシュラン三つ星シェフの思い切った決断

一足早く春が訪れたNYは、新緑が美しい季節になりました。感染者数は激減しているものの、ニューヨーク市に対しての州知事による自宅待機命令は引き続き行われていて、皆その解除を待ちわびています(一定の条件を満たした地域から経済の再開が許されることになり、NY州の北部地域から少しずつ開放が始まっています)。

IMG_0487

天気が良い日は公園は、お散歩や自転車、ライニングをする人たちで賑わっています。

 

essential事業として、レストランはテイクアウトとデリバリーのみでの営業が認められていますが、もともとこうした事業を行っていない超がつくほどの高級レストランは、苦境に立たされています。世界中からの食通たちを惹きつけ、2017年には、世界最高のレストランの勲章をもらい、ミシュラン3つ星の常連、Eleven Madison Parkも例外ではありません。料理の質はもちろん、盛り付けから店内のインテリア、遊び心満点の仕掛けなど、このお店を最高級のレベルに保つために雇われていたスタッフの数はなんと175人。そのトップに立っていた経営者でありヘッドシェフのダニエル・ハムさんは、窮地に立たされてしまったのです。

49851147807_1b8bc45ecd_c

マディソンスクエアパークを見渡す場所にひっそりと構えるEleven Madison Park。あまりに控えめな店構えに、よくこの前を通っていましたが、実際にお店に行くまで気がつきませんでした。2015年、突然キャンセルが出て、ディナーに行けることになりました。ブログ内の写真は当時撮影したものです。当時の体験談は、こちらからどうぞ。

 

ビザで雇われていた移民シェフも多かったというこのレストラン。なんとか従業員たちを雇い続けて守ろうとしたそうですが、今後の予約が全部キャンセルとなりお金が入ってこない状態でそれができないことはすぐに明らかとなり、考えに考え抜いたハムさんは、なんと、驚くべき事業モデルの転換を図り、注目を浴びています。

続きを読む