祝・2nd avenue line – 画期的な地下鉄が開通 –

今年の1月1日、ニューヨーカーたちやニューヨークの地元の新聞を賑わせたのは、2nd avenue lineの開通、というビッグニュースです。

{E4C41FBA-F42D-4B03-A96D-D3354B55A4A9}

86th streetのピカピカの駅。マンハッタンの地下鉄は汚くて当たり前だと思っているので、きれいだと不思議と違和感があります。

日本は、JRのおかげで、どんなに閑散とした地域にも電車が走り、政治家の利権もあるのか、ほとんど利用者がいない廃線に近いような路線も時刻表通りに正確に運行されています。(卒論にJRのsuicaカードの普及についてを選んだ日本通のルーマニア人の友人が、日本の田舎まで津々浦々と縦横無尽に走る電車にただただ驚いていました。)
しかし、西と東で3時間も時差があるような広大なアメリカ大陸では、電車が通っているほうが珍しく、しみじみと自動車社会という現実的と向き合っています。
そんな中、いくつもの地下鉄が網の目のように巡っているマンハッタンは特殊な場所かもしれません。
それでも、マンハッタンの地下鉄は日本と比べると不便なことだらけです。
その一番の理由が、ほとんどの地下鉄が南北に走っているということです。
東西の移動は歩くかバス、タクシーに頼らなければいけません。
そんなこともあり、東側の人は東で用を足し、西側の人はあまり東側に行かないということもあったりします。
2nd avenueは、マンハッタンの東側の地域。
マンハッタンの東を通る電車は今まで、4、5、6番という緑の地下鉄しかありませんでした。
そもため、緑の地下鉄が走るLexington avenueより東側は陸の孤島のような状態で、その不便さから家賃も少し安めになっていたりもしました。
その2nd avenueを南北に走る地下鉄ができたということは、マンハッタンの人の流れや商流にも少なからず影響があるぐらいの大きな出来事なのです。
これにより、2nd avenue沿いには高級コンドミニアムが建ち始め、新しいお店やレストランのオープンも期待されています。
{E2A56A92-16FD-4079-ADE7-8DA6532BB318}

駅の看板も初々しいです。私は地下鉄オタクでは全くありませんが、2nd avenue lineにはぜひ乗ってみたいと思い、わざわざ乗りに行きました(笑)

{0F598A95-F745-495D-A413-8126790EA38B}

2nd avenue lineは、黄色のQというラインです。

そして、個人的に画期的だと思ったのは、この電車は、96th streetから72nd streetまでを南北に走った後、西側に折れ、東西に移動した後、今度はマンハッタンの西側を南北に走ることです。
これにより、マンハッタンの南西から北東への移動が可能となったのです。
工事計画が立てられた1920年代からほぼ100年の時を経て開通した2nd avenueラインを今後もどんどん活用したいと思います。

(完全保存)ニューヨーク・地下鉄の切符の買い方

アメブロには、過去1週間でよく読まれた記事を表示してくれる機能があり、私のブログの中でどんな記事が人気があるのかをよく見て研究しているのですが、意外にも、一番の人気記事は、「地下鉄の切符の買い方」について書いたものです。

地下鉄の乗り方はどのガイドブックにも詳細に書いてあるのに、私のブログでそうした内容を見に来て下さる方がいらっしゃることは、とてもうれしいです。
{6AD805B8-E79C-47CD-9F49-F1FE5EEB72B4}

今年の地下鉄に関する話題と言えば、2nd avenue subwayの開通!!これにより、マンハッタンの東の端、2nd avenueの住人たちの利便性ははるかに向上することとなりました。こちらはピカピカの86th streetの駅。

アメリカの地下鉄は、都市ごとに若干異なりますが、NYの地下鉄は特に分かりにくいと思います。
そのため、過去に2回にわたって、切符の買い方について書いてみました。
改めて記事を見返してみると、数年前に書いたもののため、料金改訂もあり、若干記事の内容が古くなってしまっていましたので、今回一部加筆修正してみました。
まずは、こちらの記事をご覧ください。
また、下記の以前の記事を膨らませて、今後、地下鉄の乗り方全般のまとめ記事も書いてみたいと思っています。

(一部更新)就任1週間で大暴走、そして大きく揺れるアメリカ

トランプ政権の最初の1週間が終わりました。

遊説中は不可能に思えるような非常識なことを豪語していたけれど、いざ大統領に就任したら意外とまともな対応をするのではないかという淡い期待は、残念ながら、完全に、そして思わぬ形で覆されてしまいました。
アメリカ生活8年目ですが、こんなにも大統領の動向がメディアで報道されているのは見たことがありません。それだけ、奇想天外な行動に、皆が戦々恐々としているのです。
まず、メキシコとの国境に壁を作り、メキシコからの輸入品に20%の関税をかけることで、壁の費用を捻出するというとんでもない案を公にし、メキシコの大統領は近いうちに予定されていたトランプとの会談をキャンセルしました。
そして、昨日は、executive orderと呼ばれる大統領令が出されたのですが、それにより、トランプが不法移民が多いと判断したイラン、イラク、シリア、イエメン、スーダン、ソマリア、リビアの7カ国からの人々の入国が今後90日間禁止されることになりました。また、シリアからの難民の入国も禁止されることに。
executive orderは聞き慣れない言葉だと思いますが、調べてみたところ、議会での承認なく大統領の権限で発動できる命令のことのようで、トランプは、自身の権限を利用して、こんな命令を発動したのです。
ニューヨークタイムズ紙の記事を読んでいると、この大統領令が発動された直後から、空港の移民局での警備が突然強化され、これらの国々からアメリカに「合法的な」理由で戻ろうとしたり入国しようとした人々は、たとえ有効なグリーンカードや就労ビザ等があっても、入国を拒否されてしまっているそうです。アメリカに家もあり、家族もいる人々が、出張であれ旅行であれ、たまたま大統領令発動直後の便でアメリカに入国しようとして突然拒まれ、トラブルに巻き込まれてしまっているのです。
自分の力で合法的な滞在資格を取得し、今まで何ら問題なく暮らしてきた人々が、トランプが敵対視するイスラム教がメインの国出身だからという理由で、アメリカで暮らす権利を奪われてしまうというのは、一体どういうことなのでしょうか。
これに対してミシガン大学はいち早く声明を発表し、どんな国からの人であれ、平等にアメリカで教育を受ける権利があること、それを大学がサポートすることを明確にしました。さらには、生徒の出身国の情報はたとえ政府が相手であれ、求められても公表しないようです。
私の会社も、色々な国の人が働いているので、早速法務部から異例のメールが届き、今後の移民関連ニュースに注視するようにとのことでした。
幸い日本に対しては、ひどい対応はないと思いますが、トランプによって勝手に敵対視されてしまった7カ国の人たちの想像もできないような不安や抱えきれないようなストレス、そしてアメリカに戻ることができずに困り果ててしまっている人たちのことを考えると、人ごとではない大事態です。
NYの海外への玄関口、John F Kennedy空港では、今日の午後抗議デモが起こったそうです。
トランプがビジネスを行なっているトルコやアラブ首長国連邦のような国は、アメリカとの間にちょっとした確執があったり、イスラム教徒がメインの国であっても、今回の大統領令からは外されていて、完全に公私混同しているとの指摘もあります。
このexecutive orderが出されたのは、1月27日夕方4時半頃。トランプの突然の暴走に対して、その翌日の28日、ブルックリンの連邦裁が、空港で足止めを受けている人たちを開放するようにとの異例の立場を公表し、executive orderは裁判所判断でまったがかかりました。これにより、なんとかアメリカに戻ることができた人たちもいたようです。
移民の力で発展し、移民によって成り立っているアメリカが、移民たちを敵対視するという矛盾した方向へ突き進んでしまっていることに、危機感を覚えずにはいられません。

就任式翌日に爆発したニューヨーカーたちの不安

ついに1月20日、この日を迎えました。新政権の誕生。

一体この日を皆、どのような気持ちで迎えたのでしょうか。

 

私はまだ就労ビザでアメリカで暮らす移民なので投票権もなく、アメリカ生活もまだ7年ちょっとでアメリカの学校教育を受けていないのでアメリカの政治についても知らないことが多く、アメリカ人とは受け止め方がまた少し違うかもしれません。

とてもリベラルで、会社のEメールの署名にも”I support inclusion”という文字とともに虹色マーク(同性愛者の象徴)を既定設定している同僚は、朝起きた瞬間、「あぁ、この日が来てしまった。」と愕然としたそうです。

 

11月の選挙の後にもたびたび行われていたデモですが、就任式の翌日土曜日、デモの勢いは最高潮に達しました。

このデモは、Women’s Marchという女性の人権を訴えるもの。
ワシントンDCがメインだったそうですが、全米各地、さらには世界の主要都市にも広がりを見せていたようです。

NYでは、マンハッタンの中心、ミッドタウンのエリアで大行進が行われ、人々は、5番街のトランプタワーへと向かったようです。

 

{E052CD08-66F4-4C76-8CA5-43B3AAD2A7CF}

デモスタート地点の近く。パトカーもたくさん出動して交通整理していました。

{1C2B1E2B-A53D-42D1-9DD5-53DF552FDCA2}

皆思い思いのプラカードを掲げています。

政治について身近な人と話す機会が少なく、さらには、政治家に対する期待値も低い日本では、正直なところ、首相が変わっても、人々の生活が大きく変わったり、価値観を覆されるような出来事が起こることはないでしょう。

しかし、アメリカでは、一国の統治者がどのような舵取りをするかで、末端の人々の生活まで大きく変わります。

 

例えば、オバマ政権になり、同性愛者の権利は、世の中の大多数を占める異性愛者と平等になりました。同性愛者同士の結婚が連邦政府レベルでも合法化されたのは、歴史的な出来事です。

それにより、確定申告(アメリカでは働いて収入を得ている人は全員必須)でも、同性愛者の配偶者を扶養控除できるようになり、税金負担は軽減されました。

賛否両論ありますが、オバマケアにより、低所得者の人たち、収入が不安定な人たちにも保険に入る道が開かれました。アメリカには国民皆保険制度は存在しないため、それまでは、低所得者の人たちは高い健康保険に入れず、それにより、病気になっても適切な治療が受けられなかったり、医療費が払えず破産してしまうこともあったのです。

 

私は政治には詳しくないのですが、オバマ政権では、オバマさんの最後の挨拶にもあったように、「国民皆が幸せになる」ということが、全ての根底に流れていました。オバマさんが掲げた”change”は、ただ何かを変えるのではなく、多くの人たちが幸せになるための「変化」だったのです。

 

それに対して、新しい大統領のメッセージは、「より強いアメリカを取り戻す」。

本人のキャラクターにも現れているように、自分が全て、そしてアメリカが全て。

彼の中でのアメリカは、かつてのアメリカの製造業を支えていた白人労働者たち。

しかし、時代は変わり、この国には、世界中から人々が移り住み、より良いアイディアを生み出し、一生懸命働き、今のアメリカの一端を担っているのです。

そうした人々への配慮はなく、さらには、女性や弱者蔑視の発言を繰り返しているため、そうしたマイノリティーの人たちが立ち上がったのが、昨日のWomen’s Marchでした。

{38A948A7-3842-4436-92C2-EC4806181093}

グランドセントラル駅へ向かうデモの軍団。

{FF172455-7F2B-4AC4-91C7-790BA03E4C72}

全く途切れることのないデモの列。

{56A80BED-DC24-4E14-971C-6E603B094B6A}

コートを改造している女性も。

{5E1317FB-5835-4BAB-8107-6C3071D901F4}

どうやらデモへの参加は事前登録性だったようです。こちらはある有名な団体の行進。

{DDA63A78-A81E-4C37-A442-73151E14CA2D}

グランドセントラル駅もデモに参加する人々で溢れかえっていました。

道もミッドタウンの地下鉄の駅もデモへの参加者たちで埋まった土曜日。果たして、彼らのメッセージや抗議活動を新大統領はどのように受け止めているのでしょうか。

海を超えて結ばれたマドリードのYちゃん

友人は、学生時代や社会人間もない頃であれば自然とできるかもしれませんが、ある程度の年になると、それなりの努力や行動が必要かもしれません。

 

学生時代、友達が簡単にできたのは、学校で同じ時間や空間を共有していたことが大きいと思います。一緒に授業を受けたり、お昼を食べたり、サークル活動に打ち込んだり、テスト勉強で協力したり。こうした小さな思い出の積み重ねが、相手への信頼、そして友情へとつながっていくのでしょう。

そして、社会人になると、同じ時期に同じような気持ちで入社した同期とのつながりが強くなっていくことでしょう。

 

海外で、日本人以外の友達を作るのは意外と難しいのですが、それは、共通することが少ない、からだと思います。

日本人同士であれば阿吽の呼吸で通じることも、逐一説明しなければ相手には分かってもらえないし、育った環境も文化的背景も異なるために、食べ物から着る物、見てきた景色、聞いてきた音楽など全てが違いすぎて、なかなか共通の話題を見つけることも難しいのです。

 

そのため、面白いことに、世界中からの留学生が集まるニューヨークの語学学校でも、自然発生的にできる友達グループは、地理的グループとほぼ同じ構図となっています。

日本人であれば、韓国や中国、さらにはカザフスタン(ぎりぎりアジアとも呼べる地域)と親しくなり、ヨーロッパ、南アメリカの人たちはそれぞれの大陸の人同士で仲良くなっていました。

私は恥ずかしながら、ニューヨークに来るまで、韓国や中国のことは全く知りませんでしたが、最初に仲良くなったのは、なんとなく同じ空気感を感じるそうした日本のお隣の国からやって来た子たちばかりで、彼らとは今でも交流が続いています。

 

そんな私が、1年半ほど前に海外出張で訪れたロンドンで出会ったのは、マドリード出身の女の子。たまたま夕食の懇親会の席が向かいになり、自然と話が盛り上がり、あっという間に数時間が経ち、ニューヨークかマドリードでの再会を約束したのでした。

全く違う場所で生まれ育った私たちが、それぞれの母国とは異なる場所でつながったのには、見えないけれども、しっかりと誰かが結んでくれたご縁を感じずにはいられません。

私がマドリードに行った際には、マドリード1美味しいタパス料理屋さんに連れていってくれることになっているのですが、残念ながらまだ実現していません。

そんな彼女が、会社の研修制度を利用して、ニューヨークに来るかもしれない、というビッグニュースを今日メールで教えてくれました。

まだロンドンで数日間しか行動を共にしていないYちゃんですが、久しぶりに会ったら、色々話が弾みそうな予感がして、今からわくわくしています。

日本にはまだ行ったことがないようなので、日本の家庭料理もたくさん作って紹介したいと思います。

{7178B0C0-424E-490A-ADFE-283A05ED9D83}

こんな素敵なお店にも案内したら喜んでくれるかもしれません。里田まいもお気に入りらしいSOHOのひろ久さん。福井仕込みの繊細な味付けです。

AD