何事も小さな一歩から

今週も出張でホテル暮らしだったので、マンハッタンに帰ることができる金曜日は朝から気持ちが軽くなります。

 

 

 

{CD71A1F1-D23A-4C57-BC92-1CC88F180A0F}

最近のマンハッタン。前回の記事の地下鉄ミュージシャンに続き、こちらの方は、ユニオンスクエアで熱心に演奏中。ニューヨーカーの音楽はユニークで、日本では見たこともないような楽器を演奏している人もよくいます。この方も、右足の下の踏み台のようなものも使って音を出していました。

 

私は日本で働いていた時はあまり出張がなかったので、日本のホテル事情は分からないのですが、アメリカのホテル大手はどこも、宿泊日数に応じてポイントを付与してくれて、年間ポイントに応じてステータスが上がり、そうすると、またポイント付与率が増え、さらにポイントが貯まり、そうしたポイントをギフトカードに変えたり、プライベートの旅行の時のホテル予約に使うことができます。

 

このポイント付与率が割と良く、溜まったポイントのおかげで、今こうしてブログを書いているパソコンを買ったりと、恩恵を受けています。時には年間2ヶ月は超えるであろうホテル暮らしをしていた私は、ヒルトン系列、マリオット系列ともにかなり良いステータスを維持していて、ポイントを貯めることは、出張中の数少ないモチベーションにもなっています。

 

今回の出張、いつもは電車で帰ってくるところですが、今日はレンタカーをしていたこともあり、利便性を考えて、マンハッタンまで1時間半の道のりを車を飛ばして帰ってきました。

 

この高速道路にはちょっとした思い出があります。つい3年前にも仕事で何度も通っていたのですが、その当時免許を持っていなかった私は、後輩が運転する車に乗せてもらっていました。

日本で免許もなかった状態だったので、その当時は今思えば、ブレーキとアクセルの位置関係も、ウインカーの出し方も知らない、という本当に無知の状態でした。そんな状態だったので、こうした高速をすいすいと走ることは夢のまた夢だったのです。

 

それからしばらくして、なんとか免許を取得しました。

アメリカには、青葉マークのような親切な制度はないので、いざ免許を取って路上に出てしまったら初心者ということに誰も気付いてくれず、手加減して道を譲ってくれたり、大目に見てくれたりすることはありません。免許があるんだから走れるでしょ、というのは、いかにもアメリカらしい発想です。

 

そのため、せっかく免許をとっても交通量の多い場所での運転ができずに、なかなか車に乗れない人もいるようです。

そんな状況の中、私に率先して運転実習をしてくれるという奇特な同僚が現れ、田舎に出張中は、ホテルと出張先の会社までの10分から15分ほどの高速道路での運転中、いつも助手席に座って、同じ速度を保ちながらスムーズに走る方法や、「今、右、右!」なんて言いながら、車線変更のタイミングを教えてくれました。

 

そして、今日は、3年前にはここを運転するなんて考えられないと思っていた高速道路を、ラジオを聞きながら、一人で楽しく運転して家まで戻ってきました。

どうやら私は運転が好きなようで、長時間の運転も全然苦ではないし、運転中は特にすることもないので、ブログのネタを考えたりとゆっくりできるのも良いのではないかと思っています。

 

大きくなると何事も成長は気づきにくいですが、3年の時を経て、できなかったことができるようになったことを実感できるのはとてもうれしいですし、少し感慨深いです。こうして、私が日々取り組んでいることも、少しずつ実っていったら良いなぁと思います。(今年取り組んでいることの一つはこちら)

まだ知られていない良いものに囲まれた上質な暮らし

インターネットがこんなにも普及して世界中のニュースが瞬時に手に入り、オンラインショッピングの発達で、世界中のあらゆるところから好きなものが取り寄せられるようになった便利な時代。良いものはどこへでもすぐにでも広まりそうですが、実はそうではないのではないかということを最近感じています。

 

昨年夏ぐらいから数ヶ月にわたって一緒に仕事をしていて、このブログにも何度か登場したパキスタン人の同僚Sくん(過去記事はこちら)。パキスタンで数年働いた後、20代の頃にアメリカに拠点を移しました。そのため、もっと幼い頃に渡米した人と違い、私がNYにいながら日本の暮らしを大切にしながら生活しているのと同じで、Sくんは、パキスタンの暮らしを丁寧に守りながら、NYでのキャリアを築いています。

 

その同僚Sくんは、ちょうどおやつの時間ぐらい、午後ちょっと休憩したいと思うような時間帯になると、毎日必ずパキスタンの紅茶を飲んでいます。飲んでみない?と誘われて飲み始めたこの紅茶ですが、香り豊かで驚くほど美味しいのです。私がとても気に入っているのをSくんも喜んでいて、毎日3時頃になるとパキスタンの紅茶を飲むことが習慣となり、早くも数ヶ月が経っています。

 

この紅茶は、パキスタンでは知らない人がいないほど有名な会社の商品のようですが、先進国よりはるかに安い物価水準のパキスタンで生産されているため、30から40こほどのTバックが入ったパックが、なんとニューヨークで3ドルほどで買えるそうです。

 

{A95DE602-BB62-45B3-905D-C94F2492B7F3}

こちらがその紅茶パック。rich, aromatic and freshing teaと書かれたパッケージ。

残念ながら、マンハッタンではなく、お隣のクイーンズのパキスタン人が多く住んでいる地域のパキスタン系スーパーでないと手に入らないようで、Sくんは、毎週末その近くのヒンズー教寺院に礼拝に行くついでに買ってきているそうです。今後は私のためにも買ってきてくれることになりました。

8年前の語学学校時代の親友、カザフスタン人のAちゃんは、以前、ロシアの洗顔フォームをくれました。パッケージは完全にロシア語で何が書いてあるか全く分からず、ごくごく普通のチューブ状の洗顔フォームに見えるものの、中から出てきたのは、泥パックのようなミネラルたっぷりのこげ茶の洗顔フォーム。

この商品を使うと、不思議と肌がぷるぷるになり、友人Aちゃんの肌が真っ白でいつもハリがあったのが納得です。

 

また使ってみたいと思い、Aちゃんに聞いたところ、こちらもマンハッタンでは売っていず、お隣ブルックリンのはずれのBrighton beachというロシア人が多く住むエリアで手に入るそうです。

さすがにそこまで行くのは面倒だと思ったものの、パッケージがロシア語で英語名が分からず、ネットで検索することもできずにいたのですが、試しにロシアの洗顔フォームと検索したら、英語では、Pure lineという社名で商品をビジネスを展開していることが分かりました。

http://www.kalina.org/en/brands/clear_line/

Aちゃんによると、この会社の商品は、どれも自然の原料に余計な手をかけずに作っているので、身体にも良く、商品も自然の原料のため安価で、販売価格も安く抑えられているそうです。

 

アマゾンでは取扱いがなく、Ebayで注文したら、なんとロシアから1ヶ月ほどかけて届くことになりました。

{B52869F1-B25B-4E61-9840-E827C7969CF8}

私が大好きな優れもの洗顔フォーム。アメリカにいると、ロシアと言えば、最近は、トランプ当選のためにハッキングして選挙の投票に介入しようとした事件(この件が明るみに出たことにより、オバマさんは、昨年末にロシアへの制裁を与えています。)が取り沙汰され、ロシア全体のイメージは相当悪いですが、こんなに良い商品も作っていたようです。

こちらも、友人が話していたとおり、驚くほど安く、洗顔フォームとフェイシャルクリームのセット(2ヶ月分ぐらい)がたった17ドルぐらいでした(ありがたいことに、送料は無料)。

私がこの商品の到着を待ち望んでいる一方で、Aちゃんは、日本の最大手ブランド資生堂の商品が気になっているようです。資生堂は、海外でも成功していて、ニューヨークでも取り扱っているデパートが多いです。

お互い違う国のものに惹かれるのは、面白いです。

 

インターネットがこんなに発達しても、世界にはまだまだその国以外では広く知られていない良い商品がたくさん埋もれているので、そうしたものに出会えると、宝探しで良い宝に巡り合ったような嬉しさがあります。

 

パキスタンの紅茶とロシアの洗顔フォームは、ひそかなマイブームで、今後も手放せなさそうです。