NYで起こった民泊にまつわる悲劇

前回の記事(こちらからどうぞ)では、あまり知られていませんが、NYで意外とリスクが高い民泊事情について書いてみました。なぜ、リスクが高いかというと、市場に出回っているほとんどの民泊物件は違法だからです。

ただ、Airbnbだけでなく、インターネットの掲示板等、あちこちに短期の部屋貸しの情報が氾濫している昨今、それらを取り締まるのは現実問題難しいのかもしれません。
そのため、意図的に、違法事例を取り締まる動きは、よほどのことがない限りないかもしれませんが(警察にとっても、駐車違反のようなケースと違い、違反切符が切れるわけでもないので、掃討するような動きはとっていません。)、万が一、規則に反していることが分かった場合には、思わぬ落とし穴が待っているのも事実です。

{6E4395A4-6DD6-40C6-81FC-7E8F121C6756}

やっと気温が上がった週末にSOHOで見かけたピアノ弾きの旅人。このピアノには、小さなタイヤがついていて、コロコロ引っ張ることができます。この旅人さんは、どんなところで寝泊まりしているのでしょうか。

以下、私の知人や周りの人の体験談です。

ケース1:着の身着のままで締め出しに。。
私のNY1年目、夏の語学学校の短期コースに通っていた時のこと。
コースが始まってまだ数日というときに、ある悲劇が私のクラスメートを襲いました。
彼女は、NYに住む母国の友人が、夏休みを利用して母国に帰るのと入れ違いでNYへやって来て、その友人がいない間、友人の家に住ませてもらう約束をしたそうです。(ただし、このアパートでは、住人がいない時に他人が住むことは禁じられていました。)

物件の本当の借り主にとっては、友人が住んでくれればいない間の家賃の足しになるし、その友人にとっても、住宅事情の悪いNYで大変な思いをして安い物件を探し回る手間が省けるし、ということで、お互いにwin-winのはずでした。

NYの物件はオートロックが多いのですが、それに慣れず、ビルの地下のランドリールームに鍵を持たずに、そして、すぐに戻ってくるつもりだったので手ぶらで行ってしまった私のクラスメートは、部屋へ入れなくなってしまったのです。(信じられないかもしれませんが、マンハッタンのアパートは、排水事情の悪さから、基本的に家に洗濯機はなく、マンション内のランドリールーム、それもない場合は、近所のコインランドリーを利用します。)

ビルのドアマンに事情を話したものの、ビルのルール違反で例外は認められない、と言われてしまい、彼女はなんとスーツケースをとりに部屋の中に入ることすら許されなかったのです。
そのため、語学学校の期間は、別のクラスメートの家を点々とすることになるという最悪の事態となってしまいました。

ケース2:NYの日本領事館の人の話。
NYの日本領事館には、ニュースにならないような数々の事件がよく舞い込んでくるようですが、ルームシェアに関する被害もわりとあるようです。
変な人とルームシェアはしたくないからと、ルームシェアの相手はきちんと選んでも、ルームメイトの背後にいる人間関係まではまず分からないでしょう。

自分が外出している間に、家でパーティーが開かれ、その隙に、ルームメートの友人に物(それもパスポートのような貴重品)を盗まれる、という事件は氷山の一角のようです。

ニューヨークのアパートの場合、よほどのことがない限り、家の玄関口のドア以外に鍵はついていません。疑い出したらキリがありませんが、自分がいない間に、ルームメートが自分の部屋に勝手に入り込んで、物をとってしまうことも不可能ではないのです。

ケース3:有名ホテル予約サイトに載っていた詐欺物件
先日、私の知人たちがNYへ来たのですが、予算等々諸事情により、滞在型物件が良いということで、世界的にも有名な大手ホテル予約サイトで探したアパートメントホテルに泊まることになりました。

インターネットでの記載を見る限りでは、Airbnbの装いは全くなく、あたかもマンハッタン内にその会社がいくつか持っている物件を滞在型用に内装を仕上げて短期で貸しているようでした。

しかし、お金は全額事前に入金が要求されたにも関わらず、NY到着1週間前になっても、先方から物件の住所も鍵の引き渡しについても連絡がなかったそうです。
メールしても返事がなくてらちがあかないということで、私からもその会社に電話やメール、さらにはそのホテルのサイトのカスタマーサービスセンターにも電話を入れました。

先方からは、2,3通に1通ぐらいの割合で返事は届くものの、NY到着の便名を何度も尋ねるのみで一向に話が進みません。

最終的に、ホテルのHPを運営している会社のカスタマーサービスの計らいで、キャンセル、そして全額の返金をしてもらうことになったのです。
NYには変な人が多いので、7年半も住んでいると、こうした事件に慌てることもなくなり、キャンセル不可の状態からどうやってカスタマーサービスの人と交渉したらよいかも見えてきますが、友人は、面倒だから泣き寝入りしていたかもしれないので、全額戻ってきてうれしい、と話してくれました。

こうして見てみると、民泊にまつわる良くない話は割と多いです。
もちろん、民泊で滞在費も節約できて、とても良い滞在ができた人たちも多いことと思いますが、民泊はほぼ「違法」という事情を踏まえ、それでも民泊をするのかしないのかは、自己責任のような気がしています。

異国の地でトラブルに巻き込まれると大変なので、少しでもそうした被害がなくなることを願って、今回、記事を書いてみました。

ブログの姉妹版、インスタグラムはこちらからお楽しみ下さい。

ニューヨーク・民泊の思わぬ落とし穴

驚くほど家賃の高いニューヨークでは、私を含め、毎月の家賃を払うために働いているという人も少なくありません。
マンハッタンの交通の便が良い場所にあるホテルの宿泊料金も高いので、日本から出張で来る方でも、会社の経費規定との兼ね合いから、ホテル選びに苦労することもあるようです。そんなニューヨーク独特の事情から、airbnbの知名度が高まるにつれて、短期の旅行や出張で家を空ける際に、その部屋を民泊として貸し出すことを積極的に行っている人たちもいて、そうした方たちの部屋に滞在して宿泊費を節約したい、という方たちも多いようです。

ただ、ニューヨークで民泊として貸し出す人、借りる人共に知っておきたいのは、ニューヨークでの民泊は法律的にほぼ禁止されている、ということです。
常日頃、ニューヨークでの民泊にはリスクが高いのではないかと思っていたのですが、今日、ちょうどテレビでも、ニューヨークの法律に照らして、合法な範囲内で民泊を行うことはかなり難しいとのニュースをやっていました。

{E18ADE20-30DA-4B63-B226-A5CEA0EBBC6A}
ニューヨークでのホテルは、ここグランドセントラル駅界隈のミッドタウンエリアが便利。

他の都市の事情は分かりませんが、ニューヨークの民泊がほぼ「違法」と私が考える理由の一つが、ニューヨークのアパートの契約、そして、ニューヨーク独特のドアマン事情にあります。

法律社会のアメリカでは、アパートの契約でも、10ページぐらいにわたる契約書への署名が義務付けられます。そうした契約書は標準的な雛形になっていて、「借主以外の人が無断で住んではならない。」や「借主の人が他人に又貸ししてはならない。」という条項が盛り込まれていて、基本的に民泊としての物件提供ができないようになっています。

また、ニューヨークの高層アパートには、24時間体制でドアマン数人が交代で勤務しています。彼らの重要な仕事の一つは、アパートを出入りする人たち(特に入ってくる人)の監視です。
これは、時間勤務で日中だけ管理に携わっている日本のマンションの管理人との大きな違いだと思います。
ニューヨークでは、何百世帯と住んでいるようなどんなに大型のマンションでも、ドアマンたちは引っ越してきたばかりの人を含め、全ての住人の顔を知っていて、住人ではない人がロビーを通り抜けてエレベーターホールに向かおうとすると、必ず呼び止めて、名前と誰の部屋を訪問するのかを聞きます。
ドアマンたちは、部外者がビル内に立ち入ることを防ぐことが大きな任務の一つであるため、住人たちの名前は知らなくても、住人すべての人の顔、誰と誰が結婚しているとか、恋人関係であるとかいったことまで含めて把握しています(笑)
そのため、民泊で一時的に部屋を借りようとした人がビル内に立ち入った場合、必ず誰のところに行くのか聞かれますし、その部屋の主が家を留守にしていることもすぐに分かってしまいますので、民泊がばれるリスクはとても高いです。

そして、今週発売の現地で一番大手の無料新聞、週間NY生活には、邦人男性がシェアハウスでクレジットカードの情報を盗まれて不正請求がなされてしまった事件についての記事が記載されていました。
この男性は、シェアハウスでのルームメートにより、クレジットカードの紛失届けと住所変更の手続きを勝手に取られ、新規カードが別の住所に郵送され、不正使用されてしまうという被害にあったそうです。その事件の顛末を掲示板に書き込み、今回新聞の記事で取り上げられたようですが、シェアハウスや民泊にまつわる被害は後を立たないように思います。

大手の会社が大々的に行っているので「合法」とは限らないのが気をつけないといけない点で、あまり知られていないのではないかと思った民泊の落とし穴についてこちらでシェアしたいと思いました。

音譜ブログの姉妹版、インスタグラムもどうぞお楽しみ下さい。
https://www.instagram.com/whitecatinny/?hl=en

ニューヨーカーに人気のスーパー・フェアウェイ潜入 第4弾

過去3回に渡って、ニューヨーカーに愛されているニューヨーク発のスーパー、フェアウェイのご紹介をしました。

フェアウェイ独自の陳列方法
フェアウェイが誇る豊富な商品のラインアップ
フェアウェイ独自の工夫日本と同様で、アメリカのスーパーも、入り口近くに果物や野菜が並び、少し奥に行くとお肉やお魚のコーナーが登場し、さらにはお惣菜コーナーへと続きます。

{81C34A34-542D-4130-AAC1-9935AC46ECD3}

日本と同じく量り売りのスタイル。正直なところ、興味をそそられるものはありませんでした。

日本人のように自炊をしない、もしくは自炊ができず外食頼みのアメリカ人にとって、お惣菜コーナーは欠かせないでしょう。

{5F5625DB-8FD9-4800-A033-F1C17AF09363}

こちらは温かいお惣菜コーナー。ニューヨークで人気のホールフーズと似たような感じ。

そして、今でも和食=SUSHIと思っているニューヨーカーも少なくなく、アメリカのSUSHIは、アメリカ人が好きなように中の具を変えたり、巻き方を変えたりとアレンジが施されていて、和食はよく知らないけれども、SUSHIは好きというアメリカ人はとても多いです。

{DFE03B43-C4CF-42A8-8A1E-EEEEF2795143}

割と広く占めるスシコーナー。

アメリカで確固たる地位を築いたSUSHIは、今ではアメリカのスーパーでも売られています。

{BC4C7967-C1A0-41A4-887B-A4843FA47370}

アメリカにいると見慣れてしまいましたが、これらがアメリカのスシです。どれもアメリカ人好みの濃い味付け。

そして、前回ご紹介したコーヒーのコーナーと同様に種類が豊富なチーズのコーナー。

{C3ACBFB0-DECF-4A5B-BA8E-C6E9DB94B723}

アメリカだけでなく、ヨーロッパのチーズも扱っていました。

最後は、アイスクリームやお菓子のコーナー。

こちらもその種類の豊富さにただただ圧倒されてしまいます。

{252977E1-EA5E-40AA-8346-036B4BAE3FE5}

同じものでも種類が豊富。

{D333AEBD-8383-4A55-AEBE-1346F837238D}

私はやはりハーゲンダッツ派。

{73137629-6D8F-4551-87B8-F4DABEA8627C}

オーガニックっぽいこんなアイスもありました。

{CCB4AE57-40DA-4729-9BF8-489289D41463}

そして、アメリカのスーパーでいつも驚くのがオレンジジュースの品揃え。果肉入り(with pulp)、果肉なし(without pulp)と、とにかく種類が豊富です。

こうして見てみると、アメリカのスーパーは日本と異なる点もあり、面白いです。
スーパー観察をしてみると、その国のことがまた違った視点で見えてくると思います。
リボンブログの姉妹版、インスタグラムもどうぞお楽しみ下さい。

ニューヨークの今を伝える!

色々な偶然が重なり、先週の日曜日に突然始めたインスタグラムですが、このブログではお伝えしきれていない「NYの今」を切り取るのに最適な手段であることが分かり、毎日せっせと更新しています。
(アカウントは↓です。)

https://www.instagram.com/whitecatinny/?hl=en

{3AD4F428-99D3-493C-9F25-24C41CEDA106}

イースターバニーとイースターエッグ。この時期は街中にうさぎグッズが増えて、とても可愛いです。

こちらのブログでは、ブログ開設時の7年半前から変わらず、NYで起こっていること、NYで暮らしてこそ分かる本当のNY、アメリカ的価値観や人生観等、私が日々見聞きしたことをもとに思っていることを、これからも綴っていきたいと思います。そして、インスタグラムは、このブログの姉妹飯として、ニューヨークらしさが分かる場面を捉えて、臨場感あふれるニューヨークのこの瞬間を発信していきたいです。

何より歩くのが早いニューヨーカーたちが行き交う歩道で、どれもささっと撮った写真なので、完璧なアングルで、そして加工もして、プロのような写真を載せている他の人たちのインスタグラムより見栄えは劣りますが、こちらも、ブログと同様に、NY在住者の視点から、観光時にこんなところに注目したら面白いのではないか、ガイドブックの情報を超えて、こうしたことも見たらNYのことがもっと分かるのではないか、という場面に焦点を当てて、NYの今をお伝えできたらと思っています。

このインスタグラムのおかげで、以前から憧れている素敵なブログを書かれている方からメッセージをいただいたり、インスタグラムをフォローしていただいたり、ニューヨークの有名レストランの方がいいねボタンを押してくれたり、とまだ始めて5日目ですが、予想以上に反響があり、ただただ驚いています。

また、ブログの姉妹版として、当初日本語でしか投稿していなかったのですが、驚くことに、ニューヨーカーだけでなく、パリのジャーナリストさんやイタリア在住の生粋のイタリア人も見てくれたりしたので、英語の文章も入れてみています。

いつも温かい応援をありがとうございます。

これからも、よろしくお願いします。

white cat

N.Y.に恋して☆からのお知らせ

私を昔から知る人はご存知だと思いますが、私はいたって機械が苦手で、パソコンも仕事でなんとか切り抜けられるぐらいの最低限の知識しかない状態で今まで過ごしてきました。

 

いまだに今の急速な情報化社会にも全然ついていけずにいますが、春になり、心機一転、新しい試みを行ってみることにしました。

 

それは、このブログのInstagramのアカウントの開設です!!!

 

以前から、ニューヨークで気に入った光景を携帯電話のカメラで撮り貯めてきたのですが、その時に書いているブログの記事と全く合っていない写真であることも多く、ブログに掲載することを躊躇してしまい、多くの写真はお蔵入りとなってしまってきました。

 

そんな行き場のなくなった写真が携帯電話に貯まってきているのですが、日々変化するニューヨークの街では、何気ない写真であっても、その当時の街の様子が分かる貴重な記録なのではないかと思うと、携帯の多くのメモリーを占めてしまっていても、なかなか消去できずにいました。

 

そして思いついたのが、そうしたNYの街角、NYの今が分かる光景をInstagramに載せるということです。

 

Instagramの特徴を生かして、NYの「今」が分かる瞬間、ニューヨークらしい一コマをうまく切り取って、ニューヨーク好きの読者の方たちにお届けできたらと思っています。

 

早速この週末に撮った写真を1枚アップしてみたのですが、誰にも宣伝していないのに、投稿後10分もしないうちに「いいね」ボタンを押してくれる人がいて、すっかりやる気に溢れています。

 

このブログと合わせてお楽しみいただけたらうれしいです。

リンクは↓です♡

https://www.instagram.com/whitecatinny/?hl=en