渡米して気づいたアメリカにはない、ある考え方

日本では、お取り寄せ文化が発達していて、実際に旅行をせず、自宅にいながらにして、地方の特産品を手軽に入手することができます。その土地独特の旬のものを食べられるのは、何よりの楽しみではないかと思います。

そんな当たり前だと思っていたことが実はそうではないと気づいたのは、渡米してしばらく経ってからのことでした。

残念ながらアメリカには、日本のお取り寄せ文化の考え方は、ありません。どうしてそうなのか、私なりに考えてみました。

地方の特産物が限定されている

アメリカで観光地としても名の通った都市、ニューヨーク、ボストン、ロスアンジェルス、ラスベガスといったところは、人を惹きつけるだけの魅力に溢れ、都市としての個性がありますが、そうではない内陸部はどうでしょうか。

私は出張で、普通、観光では行かないような田舎の州もいくつか行ったことがありますが、そうした州は、どこにいるのか区別がつかないぐらいに、町のつくりが似通っています。広い道路、点在するファーストフード店、広大な駐車場を持つ大型ウォールマート、大規模なショッピングモール・・・。

アメリカの田舎は、金太郎飴のようにどこに行っても同じなのです(英語では、cookie-cutterと言います)。そのため、その地域でしかない手に入らないというものは圧倒的に少ないです。

クール宅急便がない

アメリカのインフラはあらゆる意味で日本より劣っていますが、こんなにオンラインショッピングが発達している国なのに、クール宅急便は存在しません。そのため、地方の鮮度ある食品を買うことは、物理的に不可能です。

食へのこだわり度が相対的に低い

アメリカに来てから、日本の食べ物の質がどれだけ高いかということを再認識しました。

例えば、日本では、コンビニのヨーグルト一つとっても、150円ぐらいととても安いのに、丁寧に作られています。これは、かつて世界を席巻した日本の電化製品がそうであるように、細部までこだわり抜いた日本のモノ作りの真髄が、あらゆる場面に見られることによるからだと思います。それに対して、アメリカのヨーグルトは大味だし、正直なところ、私の口に完全に合うものは、8年経った今でも見つかっていません。たぶん存在しないのだと思います。

こうした小さな例にも見られるように、アメリカ人の味覚は、日本人よりも大味好みで、一部の美食家しか繊細な味は分かりません。日本人なら普通に分かるだしの「うまみ」という感覚も、アメリカ人にはないようです。(日本の影響で、umamiという単語は近年、英語にもなっていて、ニューヨークにはumami burgerというおしゃれなハンバーガー屋さんもありますが、ここではumamiは人口調味料によって作られています。)
このように、アメリカでは、残念ながら、地方独特の新鮮な食べ物を自宅で食べるという文化がないため、メイン州のロブスターやアラスカのサーモンが食べたいと思ったら、自分で現地まで調達に行かなければいけません。(大手スーパーでは規格化された商品も売っていますが、それらは大量生産されたもので、日本のように中小のお店独自の商品を手に入れることはできません。)

ただ、一つの国の中で9つものタイムゾーンがある広大なアメリカでは、面白いことに、特定の地域にしかないファーストフード店やチェーン店も存在します。ロスアンジェルスのIn-N-Out Burgerがその代表格でしょう。そうした、その地限定の食べ物をチェックするのは、旅行の楽しみだと思います。

全米中が湧いた99年ぶりの皆既日食

今日8月21日は、午後のある時間帯に、かなり大規模な皆既日食が見られるとあって、数週間前から全米中が大騒ぎしていました。

世紀的なこの天体ショーは、全米のほぼどこからでも見えたようですが、太陽と月のルートから、一部の州ではその見え方が特に素晴らしいと事前に報道されていたことから、皆既日食を見にこうした場所へ出かける人たちもいたようです。

今回の皆既日食は、地球と太陽のちょうどあいだを月が通ることから、太陽が完全に月で隠れるというかなり珍しい現象であったことに加えて、この日食が午後2:44という皆が起きている時間にあるということも相まって、全米あげての一大イベントのようになっていました。

太陽を裸眼で直視するのは目に良くないので、特別なメガネもあちこちで売り出され、アマゾン等では事前に在庫が底を尽きたようです。

また、日食が良く見られるといういくつかの州は、アメリカの田舎中の田舎。普段人がなかなか泊まらないようなさびれたモーテルも、皆既日食の時期だけ1泊800ドルちょっとと一気に高騰したようで、この皆既日食の経済効果がどれぐらいあったのか気になるところです。

私は、ちょっと様子が見たくて2:30頃にオフィスの外に出てみました。すると、普段人通りが少ないちょっと外れたエリアにも関わらず、あちこちのビルから人がい外に出てきていて、太陽が見える歩道には人だかりができていました。


何もないエリアですが、すごい人だかり。

事前に調達したメガネを持っている人もいれば、郵送用の箱にアルミホイルを貼ったりして独自の観測グッズを持っている人もいました。


観測メガネをみんなで回しあって使っているニューヨーカー。


こちらは独自の観測グッズで一生懸命見ようとしている仲間たち。

私は何も持っていなかったので、あまり良い写真も撮れていませんが、なかなかないこの貴重な瞬間に立ち会えただけで良かったです。


雲が多い中で唯一撮れた写真。

先日こちらでご紹介した天性の予知能力を持つメリッサによると、この8月、特に今の時期には強いエネルギーが集まっているので、自分が本当に叶えたいことを明確に意識してノートに書き起こすと良いそうです。

アメリカ人の女の子がプライベートで話していること

前回の記事(こちらからどうぞ)では、アメリカ人の女の子と友達になる方法について書きましたが、今回はその続きで、いざ友達になって出かけたときに実際どんな話をしているのか、また、どんな話題を持ち出せばよいのかについて私なりに感じたことをご紹介したいと思います。

お互いに興味がある内容
当然ですが、会話は相手ありきなので、自分だけでなく相手も興味がある内容である必要があります。現在、または過去の職場の同僚の場合、仕事の話からが入りやすいでしょう。

ただ注意したいのは、日本や韓国では、同僚と飲みに行くことは、職場ではできない仕事がらみの話をすることもその目的に入ることがあると思いますが、アメリカでは、そういったことは決してないということです。あくまで会社外でごはんに行ったりするのは、プライベートでの楽しみとして行くものなので、仕事の話をメインにしないように気をつけましょう。

そのため、仕事そのものの話というよりも、仕事上で面白いと思ったエピソードを話したりします。私は今年に入ってから、あるプロジェクトで隣の州の田舎のホテル暮らしを3週間ほど強いられていたのですが、驚くことに、ニューヨークの一歩外に出ると、ニューヨークでは信じられないぐらい保守的なアメリカ人も多いです。私のプロジェクトメンバーは、食べ物の好みも保守的で、その田舎にあるとあるデリをとても気に入っていて、周りには他にもっと良いお店があるのに、なんと私がその田舎に滞在中、ランチは毎日そのデリから頼むことになりました。野菜もほとんど入っていないお肉だらけのあまり美味しくないサンドイッチばかりを置いているデリで、太ることを恐れた私は、そのデリでかろうじてカロリーが低そうな2,3種類のサラダを見つけ、それらを日替わりで食べて生き延びました。そんなエピソードを「ねぇねぇ、こんなありえない話があったんだよ。」と話したりしました。


健康嗜好なニューヨーカーの間では、今新鮮な野菜ジュースが流行っています。

最近1年ぶりに会った前職の同僚は、現在の職場をとても気に入っているけれども、一つ嫌なことがある、という話をしていました。それは隣のグループの男性で、趣味が仕事のようになってしまっていて、アメリカ人にしては珍しく、なぜか毎日夜遅くまで会社に入り浸っているそうです。デートのひとつもすれば良いのに、全然そんな感じじゃないのよ、と私の友人はぼやいていて、その子は、転職してまだ間もないので、自分の仕事がきちんと終わった状態でも、毎日その人の席の前を通り過ぎて先に帰るのがなんとなく気が重いそうです。

このような感じで、仕事の話といっても、仕事そのものの話というよりは、仕事上で発生した出来事をユーモアたっぷりに話したりします。

万人受けする話題
多くの人に好まれやすいのは、旅行や食事の話です。最近旅行で行って良かったところや近々計画している旅行先、自分のお気に入りのレストランのこともよく話題にのぼります。こうした話題は、どこの国の人にも好まれると思います。

自分の話
帰国子女で大学時代とほんのわずかの社会人時代しか日本に住んだことがなく、国際結婚をして今は香港で食品輸出会社を経営しているある女の子のブログを愛読していますが、そのブログでも以前書かれていたのは、日本人は自分の話題が少ないということでした。出る杭は打たれる、ということわざが存在するぐらいに他の皆と横並びであることが求められる日本社会(なお、このことわざは、欧米では、日本の閉鎖性からくる特殊な文化を表現する際に、半ば皮肉のような形で必ず語られます。)においては、相手に自分が自分がと思われてしまわないか、また、自分の自慢話をしているようにとられてしまわないか、ということを気にするあまり、自分のプライベートな話をすることは、欧米人に比べて極端に少ないと思います。

欧米社会では、皆驚くほどに自分や自分の家族の話をします。先日も、もうすぐ結婚1周年を迎える同僚に、1周年記念のお祝いの計画があるのか聞いたら、特にない、と話していましたが、「旦那さんがきっとサプライズで何か考えてくれているんじゃない?」なんて言ったら、「私が海外出張に行くたびに、その初日にホテルの部屋に大きな花束を手配してくれたりするから、確かに何か考えているかもねー。」と話していました。日本ではなぜか自慢話のように受け取られてしまうようなこんな話も、アメリカではごくごく普通に語られています。

私の場合は、アメリカ人の人たちが周りのアメリカ人からは聞き得ない話、つまり、私が日本人であることに関連した話をすると、割と受けが良いです。それは、日本とアメリカの働き方の違いや考え方の違いだったり、アメリカでの就労ビザの取得がどれだけ厳しいかといったことだったり、私はニューヨークで2度転職しているので、昔の会社でのエピソードだったりです。


メトロポリタン美術館で開催中のコムデギャルソンの創始者、川久保玲さんの特別展。

こうして見てみると、アメリカ人の場合、皆興味は自分に向いているので、日本ではありがちな他人の噂話というような自分と関係ない話題が語られることはかなり少ないです。

アメリカ人は話好きな人が多いので、自分からたくさん話すことに慣れないうちは、相手の話を聞いて、興味があった箇所についてさらに質問をして会話を発展させてみるのが良いと思います。そして、自分が話せる場面で話してみる、という体験を積み重ねていけば、自分が話す時間を少しずつ伸ばしていけるでしょう。

 

アメリカ人の女の子と友達になる方法

アメリカ生活が長くなっても意外とできないのが、アメリカ人の同姓の友達です。

渡米当初は語学学校に行っていたので、ネイティブでない子達とは、男女を問わず、すぐに友達になりました。その中には、同じアジアの血が流れているので息が合いやすい韓国人や中国人もいましたが、中には、世界地図でしか見たことがないようなカザフスタンやウクライナといった国の子達もいました。

英語が少し上達すれば、ネイティブの友達ともできるかな、と思っていましたが、なかなか難しいです。なぜかというと、語学の問題だけではなく、まず共通の話題がなかなかないのです。アメリカ人の中で日本の話に興味がある人たちはごく一握りですし、私自身、アメリカのドラマや映画、音楽にも詳しくないです。

アメリカにいながら日本人とばかり集って生きていくことも可能ですが、せっかくアメリカに住んでいるのであれば、アメリカ人とも触れ合う生活をしないと、本当のアメリカは見えて来ないですし、アメリカ生活の楽しみの重要な一部分が欠落してしまい、とてももったいないと思います。

そこで今日は、私の実体験を交えながら、アメリカ人の同姓の友達を作る方法をご紹介したいと思います。


晴れた日のランチに最適なブライアントパーク。

仕事を通じて接近

一番の近道は、一緒に仕事をした子と仲良くなることです。アメリカはオンとオフがはっきりしていて、ある程度仲良くならない限り、仕事の後に一緒にごはんに行くことはありません。

しかし、ランチタイムを一緒に過ごすことは多々あると思いますので、そういう時に少しずつ話をしてお互いのことを知り合う、ということが、仲良くなる第一歩です。どういう経緯で今の会社に入社したか(アメリカは中途採用も多いので、前職について聞いたり、大学時代に取り組んでいたことについて聞いても良いと思います。)や週末何をしたか(日本では相手が話さない限りあまり周りの人にこうしたことは聞かないかもしれませんが、アメリカでは積極的に聞いてOKです。)、ペットや旅行の話といった身近な話題から入っていくのが自然でしょう。

そして仲良くなる重要なポイントは、仕事上の信頼関係を築くことです。そもそも職場の人と飲みに行く文化がないアメリカで、相手が仕事外でも一緒に時間を過ごしたいと思う人と考えた時に、仕事がいい加減だったり、仕事ができない人は入ってこないでしょう。そのため、お互いに仕事で協力し合って持ちつ持たれつのバランスの良い関係が構築できていることが重要です。


日本のガイドブックにも載っているアッパーイーストの人気ベジタリアンレストラン。このインド料理のプレートは、なんと完全ベジタリアン。

共通の趣味友達

仕事以外では、日本人同士でもそうだと思いますが、アメリカ人の場合、共通の趣味があると友達になりやすいです。

先日、日本文化を紹介するあるイベントに行ったときのこと。もともと友達と行く予定だったのですが、友人たちは来れなくなってしまい、イベントの主催者の中に友人たちがいたので、とりあえず一人でふらりと行ってみたところ、会場に同じく一人で来ている子を発見。しかも、とても可愛い女の子なのです。

たまたま飲み物を待っている時に隣にいたので、”How did you know about this event?”と話しかけてみました。イベント情報が載っているアプリで見つけたようですが、なぜアメリカ人の子が日本のイベントに?と内心思っていると、彼女の方から、自身が幼ない時に家族でキューバからアメリカに逃れて来てマイアミで育ち、その時に日本人と付き合っていたことがあることを話してくれました。どうやらその人との良い思い出がたくさんあるようで、日本には行ったことがないものの、日本関連のものには顔を出しているようです。

そんなことからすっかり仲良くなり、これから一緒に日本のイベントに行く約束をしたり、携帯の番号を交換したりしました。

アメリカ人の子と1対1で話すのは、良い英語のスピーキングの練習になりますし(ヒアリングの練習は家で一人でもできますが、スピーキングは相手ありきです!)、何より、新しい価値観や考え方を知ることもできるので、とても楽しいです。

少しずつですが、2人でお出かけする仲のアメリカ人の女の子の友達ができてきたので、彼女たちがどんな話をしているのかを、追ってご紹介したいと思います。

夏のブライアントパークの楽しみ方

ニューヨークで公園と言うとまず思い浮かぶのはセントラルパークかもしれませんが、ニューヨークには、それ以外にも数多くの魅力的な公園があります。

そのうちの一つが、ブライアントパーク。ブライアントパークは、ミッドタウンというマンハッタンのちょうど中ほどに位置しているという最高の立地条件に加えて、真ん中には広い芝生のスペースがあり、ニューヨーカーにとって憩いの場となっています。

今日はそんなブライアントパークの夏の楽しみ方をご紹介したいと思います。


緑の芝生が色鮮やかなブライアントパーク。


その日に行われるイベントが書かれたボード。1日にいくつものイベントが開かれています。無料のイベントも多いのはありがたいです。

同僚や友達とランチ

ブライアントパークには、テーブルや椅子がたくさんあるので、木陰で席を取り、テイクアウトをしたごはんを食べることができます。

公園の北西の角には、Breads bakeryという小さなパン屋さんの出店があったり、公園の西側にはwhole foods、南側にはフランス系パン屋さんのMayson Kayser、メキシコ料理のファーストフードのChipotle、北欧系カフェのLe Pain Quotidienと、食べ物に困ることはありません。和食が恋しくなったら、日系スーパーのSunrise mart (41th streetの5番街とMadison街の間)へ。


観光客も意識してかテイクアウトメニューも充実しているホールフーズのブライアントパーク店


人気のワッフル屋さんの支店も。

夕方にお茶

夏の間は8:30ぐらいまで日が沈まないニューヨーク。退社後でも日が暮れるまで十分楽しむことができます。

公園の南側にはLady Mという日本人がけいえいする人気のミルクレープ屋さんや、日本でも人気のblue bottle coffee、公園の北側にはイギリス発のチェーン店Pret a Mangerがありますので、こうしたお店でテイクアウトしたおやつやコーヒーを公園で食べるのがおすすめです。

仕事後に軽く一杯

公園の南西には夏の間限定でバーがオープンします。屋外では飲酒が禁止のニューヨークですが、ここは合法の屋外バーなので、公園の緑を眺めながら堂々とお酒を飲むことができます。

イベントに参加

ブライアントパークでは、特に夏の間、お昼から夜にかけて、多くのイベントが催されています。

ブロードウェイのミュージカルに出演しているダンサーたちによる短いショーや、日が落ちかけた頃に始まるヨガ、日没後に行われる映画上映、社交ダンス、椅子取りゲームなどなど、イベントは枚挙にいとまがありません。


ヨガのイベントを心待ちにしているニューヨーカーたち。ヨガは全米中で安定した人気です。

読書やパソコン

ブライアントパークのすぐ東側はニューヨーク公立図書館。公園にも青空文庫が設置され、その場で本を手にとって読むことができます。また、パソコンで熱心に何かに取り組んでいる人もよく見かけますが、ノマドワーカーが多いニューヨークらしい光景です。


こちらが青空文庫。

日本にいた頃、日々の生活の中に公園で過ごす時間はなく、公園というとわざわざ出かけていくところ、というイメージがありましたが、こうして生活の中に公園が入り込んでいるのは、せわしなく都会での生活の中で、良いリフレッシュになっていると思います。

ブライアントパークに立ち寄る機会がありましたら、ぜひ立ち止まってニューヨーカーの暮らしぶりを覗いてみてください。