ニューヨーク移住を考えた時に最初にしたいこと

ニューヨークに住んでみたいと憧れる人はたくさんいると思いますが、日本で築いてきた生活を手放して、実際にどうやったら移住ができるのか、という情報はあまり世の中に出回っていないように思います。


この週末は、ニュージャージーの友人宅へ。ハロウィンの飾り付け🎃が残るアメリカらしいお家。

私自身、9年前ぐらいに、一人で渡米の計画を立てていた頃は、右も左も分からず、仕事から帰っては、夜な夜なニューヨークや留学、移住というキーワードで、ネットサーフィンをして情報収集するという毎日でした。

そして、渡米してからは、ブログで見つけた情報を参考にしながら、自分なりにこうしたらいいのではないかという戦略のもとに、試行錯誤を繰り返していました。


再開発により完成したワールドトレードセンター跡地の最寄駅、フルトンストリートにつながるショッピングモール、Oculus。

ニューヨークに移住しようなんて考えること自体、日本では珍しかったかもしれませんが、ニューヨークに渡ってから、自力で渡米してキャリアを築き、生き生きと輝いている多くの日本人女性と知り合い、熱い想いと適切な戦略と行動力があれば、一見無謀と思えるような渡米も、十分実現可能であることを改めて感じています。

今日は、私のように、社会人になってからのニューヨーク移住を考えている方々に向けて、渡米に先立って最初にやった方が良いと思うことを書いてみたいと思います。

まず、一番重要なのは、ニューヨークで何をしたいか、ということです。

ニューヨークに短期で住むのであれば、会社を休職したり、仕事を辞めて次の仕事を見つけるまでの間に来ることができますが、長期となるとそういうわけにはいきません。

そこで重要になってくるのが、ニューヨークでの長期的な目標設定です。これが、ニューヨークで生活を立ち上げ、大変なことがあっても乗り越えていく原動力になるものなので、ぶれない目標であることが重要です。

私の場合の目標は、日本のキャリアの延長として、ニューヨークで国際人としてのキャリアを築き、グリーンカードを取得する、というものでした。

なぜ目標設定が必要かというと、これは後から感じたことですが、ニューヨークで暮らしていると、色々な誘惑、時には魔の手が忍び寄ってくることがあり、そうしたことに遭遇した時に、正しい判断をして、「ぶれないで」いられるからです。

なぜこんな風に思ったかと言うと、様々な事情によって軸足や本来の渡米の目的がぶれて自分の自身を見失ってしまったために、結果的に辛い思いをすることになってしまったり、目標叶わずして日本へ本帰国することになってしまったりといったことがあり得るからです。

その辺の事情を次回は掘り下げて書いてみたいと思います。