NYの確かな情報を入手する方法

私がニューヨーク移住を計画していた時に一番苦労したのは、ニューヨークの現地の情報を仕入れることでした。こんなにインターネットが発達した社会でも、「ニューヨーク移住」のノウハウをネットで見つけることは、ほぼ不可能でした。

しかし、日本とは何もかもが異なるニューヨークでの生活。ビザのこと、生活の知恵等々、確かな情報をある程度持つことは、ニューヨーク生活で困難な状況に直面した時や決断を迫られた時に、考え方の幅が広がるので、とても重要だと私は思っています。

今日は、ニューヨークの情報を仕入れるための方法をご紹介したいと思います。

続きを読む

ニューヨークへの移住へ向けて

今月11日に、私のニューヨーク生活は丸9年を迎えました。インターネットの目覚ましい発展で、今やどこにいても世界中の情報が見聞きでき、海外との距離は縮まっていると言われる時代ですが、ニューヨークに来て、様々な実体験を通じて、世界は私が思っていた以上に広いことに驚きました。渡米当初は、毎日の生活に必死で、9年後に私が何をしているかなんて想像もできませんでしたが、ニューヨークが私にもたらしてくれたものは計り知れないほどに大きいことを改めて感じています。

続きを読む

NYでぜひ食べたいインドカレー

NYというとステーキというイメージがなぜか定着していて、NYに遊びに来る友人たちは、ステーキ屋さんに行ってみたいとようですが、ニューヨーカーの間にはステーキはNYの食べ物、という感覚はあまりないように思います。

しかし、「NY=ステーキ」というイメージは、たぶん日本人観光客の間だけではなく、他国の観光客の間でも定着しているのか、マンハッタンにはステーキ屋さんがあふれています。物価の高いNYでは、皆が行きたいような高級店であれば、ステーキのお肉だけで50ドルぐらい、さらにサイドにマッシュポテトや野菜をつけたり、ワインを飲んだりすると、チップも入れて一人約100ドルとかなり高額です。

NYには、世界中からの移民が暮らしていて、旅行で普段行かないような国の料理が食べることができたり、日本で食べたことがある国の料理も、NYではより本場に近い家庭の味付けで食べられたりするため、個人的には、NYを訪れた際には、そうした各国料理をぜひ試していただきたいです。

続きを読む

いきなりステーキのNYでの挑戦

驚くような出店攻勢をかけ、日本ではいまや知らない人はいないほどの有名店に駆け上がったいきなりステーキ。
銀座に1号店がオープンしたのは2013年のこと。私が渡米した2009年にはまだ店舗がなかったため、私は2年ほど前までこのお店のことを全く知りませんでした。

2017年に入ってすぐにNYにお店をオープン。それからまだ1年半しか経っていませんが、既にマンハッタンに5店舗ほどお店を開きました。

いきなりステーキと言えば誰もがまず思い浮かべるのは、「立ち食い」。アメリカではステーキは高級食。家族や親族皆で集まった時やクライアントとの会食、誕生日等、特別な時に高級なステーキ店を予約し、おしゃれをして、大きなテーブルを囲んで美味しいワインとともに楽しむステーキ文化が定着したアメリカで、スピード重視の立ち食いステーキが果たしてどこまで受け入れられるのかと、NYに住む多くの日本人が注目しました。

続きを読む

夏の午後にMad Hatter’s Tea Party!

最近、ブルックリンにはまって、ほぼ毎週のように遊びに行っています。

ブルックリンと言ってもそのエリアは広く、エリアごとにそれぞれ特色があり、また、どのエリアに行くかによって、乗る電車も異なってきます。日本でも最近注目されつつあるブルックリンの楽しみ方をこのブログでも、今後ご紹介していきたいです。

先週末は、友人に誘われて、ブルックリンで開かれている面白いイベントに参加してきました。その名も、Mad Hatter’s Tea Party! Mad Hatterは、「不思議の国のアリス」でお茶会を主催している帽子をかぶったキャラクターです。そのMad Hatterが開くお茶会があるというのです。

続きを読む