イチローの引退会見で感じたNYで働くということ

すっかりご無沙汰してしまいました。
アメリカでは4月1日は特別な意味合いはありませんが、日本では新年度が始まり、そして、今年は新元号も発表され、ニューヨークにいながらも、時代の変化を感じています。

最近毎日が目まぐるしく、既に随分前のように感じますが、先日、イチロー選手が現役引退を発表されました。
日米の野球界を引っ張ってきたイチロー選手。アメリカのような厳しいリーグで20年近くも一線でピッチに立たれてきたのは、並大抵のことではないと思います。

そんなイチロー選手の引退会見を見てみました。正確な表現は覚えていないのですが、ニューヨークに移った時、毎日、明日クビになってもおかしくない、という心構えで挑んでいた、というようなことを話していたことが印象的でした。

続きを読む