Social distancingのNYの暮らし

日本のメディアでも報道されているようですが、NY州では、3月22日の夜8時から、non essentialの仕事の人は全員自宅勤務が義務付けられています(期限未定)。先日の記事にも書きましたが、それまでは、75%以上の人が自宅勤務だったので、さらに外出規制が強化されています。なお、美容室やネイルサロン、マッサージサロンなどのサロンは同じく22日の夜8時から、無期限の営業停止となっています。

街中はこんな張り紙だらけ。。

続きを読む

現地在住者から見たNYのコロナ騒動

コロナ騒動、NYでは木曜日の間に患者数が跳ね上がり、思った以上の患者数となってしまい、州や市の対応が強化されています。

“shelter-in-place”(自宅からの外出制限)の導入を主張していたニューヨーク市長に対して、ニューヨーク州知事が、そこまでやる必要はないと話していたのが、3月19日のこと。ただ、既に16日の段階で、ニューヨーク市長が48時間以内になんらかの決定を発表するとshelter-in-placeを示唆する発言をしていたため、どんな外出制限かも分からない状態で、人々は食料買いだめに走りました。

州知事の発言は20日には一転。朝の記者会見で、次の決定を発表しました。

続きを読む

コロナウイルスで揺れるNYの今

(下記の記事、昨日書いて保存したままだったのですが、その間に、なんと急展開が。。NY市は本日、公立学校の明日から4月後半までの休校を発表。そして、レストランは、テイクアウトとデリバリーのみという命令が市から下ったというニュースがたった今入って来ました。)

コロナウイルスで、今、世界は揺れています。
当初患者がいなかったNYは傍観体制で、念のためハンドサニタイザーやアルコールを買っている人がいたぐらいですが、今や、パニックとなった人たちがスーパーやネットで、ハンドサニタイザーやトイレットペーパー、食料を買いだめし、スーパーの棚も補充が追いつかないような状態が進んでいます。

数日前の写真なのでまだ穏やかではありますが、夜でも混んでいるスーパー。

患者の数を含め、何が正しい状況か分からない今こそ、自己判断で行動することが求められているのではないかと思います。

続きを読む