ニューヨークにひそむ誘惑とは?!

帰国子女でもなく日本で生まれ育った私が大人になってからニューヨークへの移住をした経験をもとに、先日、このブログ内に「グリーンカード取得まで」というカテゴリーを作りました。

NY移住を考えている人は、ごくごく少数かもしれませんが、私自身が、留学ではなく、仕事を探すための渡米を考えていた時に、少ない情報の中で綱渡りという状態だったので、自分の体験談が、本気で渡米を考えている人の一助になれば、と思います。

また、ニューヨークには、自力で渡米して輝いている日本人女性がたくさんいるので(日本人男性の場合、会社からの駐在という形の人が多いので、自力渡米というパターンはかなり少ないです。)、なかなか踏み出せないけれど日本で高い能力を発揮している女性たちにとって、人生のある時期、海外で働いてみる、という思い切った行動をしてみることで、もしかしたら、人生の視界がかなり開けるのではないかという想いもあり、この「グリーンカード取得まで」というコーナーは、そうした日本人女性たちへの応援の気持ちも込めています。

ニューヨークで仕事を探すということを考えた場合、人材紹介会社へ登録をする前に、絶対にしておくべきことを前回の記事(こちら)では紹介しましたが、その理由が、その部分がゆらいでしまうと、ニューヨークがもたらす数々の誘惑にはまってしまい、結局何も成し遂げられないまま時だけが過ぎてしまうということになりかねないからです。

その誘惑とは、例えば、遊びの誘惑。ニューヨークと東京は傍からみたら同じような大都市かもしれませんが、ニューヨークの方が遊びの幅は広いと思います。おしゃれなバー、次々にオープンする話題のレストランやホテル、あちこちで開かれているイベントやパーティーにクラブと枚挙にいとまがありません。もちろん、社交のためにそうしたところに行くことも時には必要ですが、もし、本気で仕事や勉強をしようとしていたら、まずはそれにつながることを優先すべきで、そうしていると、そういったところに行っている時間もおのずと限られてくるはずです。

ルーフトップバーがあるニューヨークのホテルは多く、ブランチや仕事後に一杯するニューヨーカーで賑わっています。

 

また、日本では考えられないほどに色々な人生を歩んできて、見かけも、考え方も違う人たちがニューヨークでは暮らしていて、ニューヨークはむしろ、そうした人たちの集まり、といった方が自然かもしれません。ほぼ単一民族と言える日本のような国から来ると、目新しいものばかりで、全然面識がないのにちょっと親切にしてくれた人、声をかけてくれた人が、なんとなく良く見えてしまう人もいるかもしれません。
ニューヨークという土地柄、街中やスタバで簡単に声をかけてくるような人は普通にいますが、当然ですが、そういった人たちは普通ではないことがほとんどだと思います。
冷静に考えれば分かることでも、渡米当初、ちょっとでも英語を話してみたい、といったような思いでいるとうっかりまた会う約束をしてしまう人もいるかもしれませんので、ここではちょっと触れてみました。以前もこのブログに書いたことがありますが、そういった人たちは渡米間もなくて初々しそうな人たちを狙っているのです。

カザフスタン出身の親しい友人との思い出のカフェ。

 

さらに、異国の地での仕事探しは大変なので、自分を安売りしてしまい、結局取り返しがつかなくなってしまうということにも注意したいです。
なかなか仕事が見つからなくて焦ってきてしまった時に、ビザサポートをしてくれる会社が出てきたら、藁にもすがる思いで飛びつきたいところですが、その仕事が、自分がニューヨークでやりたいことを実現するための道筋の上に乗っているかどうかの検討はとても重要です。
日本での職務内容よりもかなり低いレベルの内容だったり、お給料が低すぎたり(ニューヨークで日本人が設立したローカルの日系企業(日本の会社のニューヨーク支社ではないです)の中には、ニューヨークで働きたい人が仕事探しに苦労しているのを知っているので、悪徳ブラック企業の場合(意外とあるので注意が必要です!)、そうした人たちの足元を見て、かなり劣悪条件を提示したりしています。)して、ニューヨークでキャリアを築くどころか、生活に困窮してしまい、その後の未来が閉ざされてしまったり、元のレールに戻るまでに時間がかかったりしてしまいます。自分を過大評価することは禁物ですが、日本人にありがちな謙虚さを全面に出して、自分を過小評価しないことも重要です。

私の身近にはいませんが、日系企業で正社員の仕事をしていながら、生活費を稼ぐために、夜はピアノバー(日本でいうキャバクラ。ニューヨークにある日系のキャバクラにはなぜか昔、ピアノが置いてあったことの名残で、今でもニューヨークではピアノバーという名称が定着しています。)で働いていたり、また、フリーランスのアーティスト(ダンサーやミュージシャン)としてのキャリアを目指しているけれど、まだまだそれだけでは稼げないので、仕事がない時間は日本食レストラン等でのアルバイトに精を出し、逆にそちらが本業のようになってしまって、本来の夢のために使う時間も体力もなくなってしまったりということも、ニューヨークではよく聞く話です。

タクシーでの仕事帰りの夜景。

 

「夢を叶えるために」ニューヨークに住むのではなく、ニューヨークに住むということ自体に憧れていると、気づかぬうちに、自分が本当にやりたかったことを見失ってしまい、少しでも長くニューヨークに居続けるために、生活費の高いニューヨークで暮らすための生活費を稼ぐということに知らず知らずのうちに軸足が移ってしまうのです。

一度移ってしまった軸足を戻すのには相当なエネルギーがいりますし、そこに至るまでの時間も労力もとてももったいですし、日本に帰った後のキャリア形成にも響くことになってしまうので、ニューヨークで本当にやりたいことを日本でじっくりと考えるという時間はとても大切だと思います。

ニューヨーク移住を考えた時に最初にしたいこと

ニューヨークに住んでみたいと憧れる人はたくさんいると思いますが、日本で築いてきた生活を手放して、実際にどうやったら移住ができるのか、という情報はあまり世の中に出回っていないように思います。


この週末は、ニュージャージーの友人宅へ。ハロウィンの飾り付け🎃が残るアメリカらしいお家。

私自身、9年前ぐらいに、一人で渡米の計画を立てていた頃は、右も左も分からず、仕事から帰っては、夜な夜なニューヨークや留学、移住というキーワードで、ネットサーフィンをして情報収集するという毎日でした。

そして、渡米してからは、ブログで見つけた情報を参考にしながら、自分なりにこうしたらいいのではないかという戦略のもとに、試行錯誤を繰り返していました。


再開発により完成したワールドトレードセンター跡地の最寄駅、フルトンストリートにつながるショッピングモール、Oculus。

ニューヨークに移住しようなんて考えること自体、日本では珍しかったかもしれませんが、ニューヨークに渡ってから、自力で渡米してキャリアを築き、生き生きと輝いている多くの日本人女性と知り合い、熱い想いと適切な戦略と行動力があれば、一見無謀と思えるような渡米も、十分実現可能であることを改めて感じています。

今日は、私のように、社会人になってからのニューヨーク移住を考えている方々に向けて、渡米に先立って最初にやった方が良いと思うことを書いてみたいと思います。

まず、一番重要なのは、ニューヨークで何をしたいか、ということです。

ニューヨークに短期で住むのであれば、会社を休職したり、仕事を辞めて次の仕事を見つけるまでの間に来ることができますが、長期となるとそういうわけにはいきません。

そこで重要になってくるのが、ニューヨークでの長期的な目標設定です。これが、ニューヨークで生活を立ち上げ、大変なことがあっても乗り越えていく原動力になるものなので、ぶれない目標であることが重要です。

私の場合の目標は、日本のキャリアの延長として、ニューヨークで国際人としてのキャリアを築き、グリーンカードを取得する、というものでした。

なぜ目標設定が必要かというと、これは後から感じたことですが、ニューヨークで暮らしていると、色々な誘惑、時には魔の手が忍び寄ってくることがあり、そうしたことに遭遇した時に、正しい判断をして、「ぶれないで」いられるからです。

なぜこんな風に思ったかと言うと、様々な事情によって軸足や本来の渡米の目的がぶれて自分の自身を見失ってしまったために、結果的に辛い思いをすることになってしまったり、目標叶わずして日本へ本帰国することになってしまったりといったことがあり得るからです。

その辺の事情を次回は掘り下げて書いてみたいと思います。

ドミニカ共和国の女の子の馴れ初め

最近、ドミニカ共和国出身の両親を持つ、NYで生まれ育った女の子と一緒に仕事をしています。カリブ海に浮かぶ小島、灼熱の太陽の日差しのもとで、のびのびした国民性というイメージが強いドミニカ共和国のイメージそのものの、明るい太陽のような女の子で、それでいて、さらに真面目でテキパキと仕事をこなしてくれるMちゃんを私はとても慕っています。

そんなMちゃんと、先週、今週と地方出張で一緒に仕事をする機会があり、2人で田舎の和食屋さんで夜ご飯を食べながら、色々な話をしました。

Mちゃんは、入社まだ2年目という若い女の子ですが、昨年結婚しました。
しかし、NYで生まれてアメリカ国民であるMちゃんと違い、ドミニカ共和国出身の旦那さんは、まだグリーンカードを待っている段階で、Mちゃんは、なんと交際期間も含めて6年間、旦那さんと遠距離で暮らしています。

そんなMちゃんが、結婚前に旦那さんと取り決めをしたことがあるそうです。それは、家事の平等な分担。

日本では、まだまだ男性の力が強い上に、長時間労働のために、物理的に男性が家事や育児に積極的に参加することは難しい状況ということを、NYには普通にいる家庭的な男性たちを見ると強く感じますが、ドミニカ共和国では、その状況は日本よりもっとひどく、男性は、たとえ女性が働いていても、女性が家のことはすべて行うことを期待しているそうです。
それは、女性の社会進出がアメリカのように進んでいるわけではなく、専業主婦も多い国のため、自然と男性が家のことに協力しないという構図が作られていってしまうことにもよるのかもしれません。

しかし、男女平等、そして女性の社会的自立も広く謳われているアメリカ社会で生きてきたMちゃんは、ドミニカ共和国の封建的なスタイルを受け入れることはできず、今の旦那さんに、結婚する前に、家事はお互いが働いている以上、半々で行うことを提案したそうです。
旦那さんは、ドミニカ共和国出身の男性の中では珍しく、とても柔軟な考えを持っていたようで、今でもMちゃんが半分以上家事をやってくれたらいいな、という思いがある反面、「Mちゃんが幸せであることが一番で、そんなMちゃんを見ていることが好きだから。」と言って、Mちゃんの思いを全て受け止めてくれ、それが、Mちゃんにとって、今の旦那さんと一緒にいることを決意する決め手になった、とMちゃんは私に話してくれました。


ウォール街からマンハッタンを臨む。少し雲がかっていますが、パノラマのようです。

アメリカでは、相手に合わせて自分を無理に変えようとしたり、相手の顔色を伺って自分の考えを言ったり言わなかったり、ということは、特にプライベートな状況ではまずなく、自立した女性たちは、皆、自分の凛とした考えを持っています。

それに対して、日本では、相手に合わせて、つい何でもいいよ、と言ってしまったり、さらには、自分の意見を言わないということがまだまだあるような気がしています。また、自分の考え(たとえば、小さなことでは、何を食べたいかとか)を常に言う社会ではないので、そういったことからも、自分が納得するかしないかは別にして、なんとなく他人が言ったことに合わせる習慣がついてしまっているのかもしれません。

そんなことから、相手に対しても、あくまで自立した一人の人、として、自分の核となる部分はぶらさずに生きているMちゃんは、とても素敵だと思いました。

正直、遠く離れたドミニカ共和国ではなく、自分が住む身近なNYに恋人がいたら良いと思って、大学時代にちょっとデートしてみたりもしたそうですが、あまりに誠実でない男性たちに辟易し(都会ゆえの事情でしょうか。NY、特にマンハッタンには、真面目な男性は少ない、というのはよく言われています。)、結局、自立したMちゃんを尊敬してくれ、そのスタイルを受け入れてくれた今の旦那さんがMちゃんの生涯の伴侶になりました。

欧米では、日本特有の「何でも良い」は通用せず、”What do you want?”と聞かれたら、必ず自分の答えを言うことが求められます。
“What do you want?”と聞いてきた相手は、こちらが伝えたことをきちんと叶えようとしてくれますので(叶えることを楽しんでいるかのようでもあります)、海外では、自分の意見を恐れずに伝え、自分らしく生きていくことを強くおすすめしたいです。

 

ニューヨーカーが並んでも食べるランチ

9月も半ばですが、こんなに湿度が高いのも珍しいというほどに、夏のように蒸し暑い陽気のニューヨークです。

物価の高いニューヨークでは、ランチもその例外ではなく、大戸屋の定食セットが25ドルもしたり、10ドル出してもコーヒーとそこそこの味のサンドイッチしか買えません。そんな事情から、節約のためにお昼を持参する人も多いです。

そんなお昼時に大行列をなしているお店があります。それは、ポケ丼屋さん、Dig Inn、sweetgreenです。

ハワイ発のポケ丼は、昨年夏頃から急速に人気を博し、有名レストランのシェフがメニューにポケ丼のアイディアを取り入れ始めたのですが、今では、いくつかのポケ丼屋さんがこぞってチェーン展開をするようになりました。

Dig Innは、カジュアルな丼屋さんです。アメリカ流の丼は、キヌアか玄米がベース。そして、目の前に並んだ数多くの具材の中から、野菜系を2品、メインを1品選ぶとスタイルです。並んでいるトッピングは、いずれも新鮮でヘルシーなものばかり。どのお店もランチ時には長蛇の列ができるほどの人気です。

sweetgreenは、サラダ屋さん。こちらは野菜や果物を中心に、いくつかの具材とドレッシングを選んで、その場でかき混ぜてもらい完成です。farm to tableを謳い、野菜はどれも生産者が分かる厳選されたものを使用しているようです。

これら3つのお店の共通点は、

ヘルシー、カスタマイズ自由、手頃(ボウルに入っていて持ち運びしやすい)、こだわった食材(特にDig Innとsweetgreen)

だと思います。

ポケ丼屋、Dig Inn、sweetgreenいずれも、多くの選択肢の中から食べたいものを選ぶことができます。既にメニュー化しておいてもらった方が楽だと思ってしまいますが、アメリカ人が好き嫌いも激しいので、目の前に並んだ多くの食材の中から自分で選びます。流れ作業式でお店の人がテキパキとオーダーしたごはんを完成してくれるので、とても効率的です。

ニューヨークのように、外見も特に気にする人達が多い街では、数年前までは、お昼にサラダを食べて頻繁にジムに通うという生活スタイルが一種の流行のようになっていました。そして、Equinoxを筆頭に、オシャレな高級ジムが続々と登場してきたのです。

ただ、その頃は、どんなサラダを食べるかにこだわっている人は少なく、とりあえずカロリーが低ければ、という前提でサラダを選ぶという発想でした。

それが、ここ最近は、どんなサラダを食べるかにも気を配るようになった、というのは、大きな変化だと思います。

アメリカというと、マクドナルドのイメージが消えませんが、安くてお腹にたまるものを食べるという思考回路が大きく崩れるつつあるのを、ヘルシーな食べ物チェーンでのお昼時の長い列を見ながら感じる毎日です。

人生のレール

日本では、世間で名の通った会社に就職したり、ステイタスのある仕事に従事し、社会がいつの間にか敷いた規定のレールに乗った人が勝ち組とされ、そのレールに乗りそびれてしまった人や途中でレールから脱落してしまった人は、自然と負け組扱いされてしまう風潮が強いことは、NYへ来るまであまり意識することはありませんでした。

しかし、肌の色も髪質も、話す言葉も、信じる宗教も、普段食べるものも違う人たちが混じり合って暮らすNYで、何のレールもないところを自らレールを作りながら歩んでいる人たちを目の当たりにし、自分でレールを作っていけるこの環境がとても心地よくなり、私がNYにこだわる究極の理由はここにあるのではないかと思います。

私は日本でもNYでも普通の会社員ですが、面白いことに、私がプライベートでNYで集っている友人たちの会社員率は極めて低いです。
毎日決まった時間にオフィスに出社するという生活ではなく、フリーランスという形や、会社員でも自分で仕事を作り出して働いていたり、在宅ワークをしていたり、そのスタイルは様々です。

それぞれが、それぞれの形で、自分のやりたいことに向かって邁進することを可能にしてくれ、その夢を形にしてくれる都市は、世界中を見渡してもなかなかないのではないかと思います。

日本人に限ると、NYでこうして自由に羽ばたいているのは圧倒的に女性が多いです。
日本人男性は、駐在員が多いため、日本で敷かれたレールの延長に一定期間のNY駐在があり、また日本のレールに戻っていかれる方が多いのです。

日本とアメリカでの仕事には色々と違いはありますが、大まかな違いへの対応が分かってしまえば、残る大きな壁は英語力のみだと思います。
アメリカ人は、日本人のようにきめ細かで丁寧な仕事はしないし、深い思考力も、トップクラスの人を除いた平均レベルでは、日本人の方が圧倒的に勝っています。

つい最近、私の会社の日本からの駐在員の方は、駐在の任期が過ぎた後もアメリカに残るという選択をし、日本の会社を退職してアメリカの現地法人との雇用契約へと切り替えました。
3年という駐在期間の間に、こちらの生活が気に入ったようです。日本からの駐在でアメリカで働いている人の中には、アメリカの生活の方が気に入っている人もたくさんいます。
どこでどういった人生を送るかは、完全に自分次第だと思いますが、日本のレールを外れてみると思いがけない面白い世界が広がっていることもあるので、そういった選択肢が選べるような生きる力を身につけることに精進するのも良いかもしれません。