遊び心満載☆ノスタルジアトレイン

年々暖冬になっているニューヨーク。日によって気温差はありますが、今年も総じて過ごしやすい日が続いています。
私がニューヨークの寒さの基準としているのは、着るコート。本当に極寒のニューヨークでは、日本で着ていたコートでは全然間に合わず、私はZARAで買った内側がもこもこでスキーのジャケットのようなダウンジャケットを引っ張り出してきます。このコートが登場しないうちは、本格的な寒さではないかもしれません。

そんな過ごしやすい冬のニューヨークのこの時期の楽しみといえば、街中を彩るイルミネーションやホリデーデコレーションではないでしょうか(ニューヨークには色々な宗教の人がいて、クリスマスはあくまでクリスチャンのための行事なので、ニューヨークではあえて特定の宗教を避けるために、この時期のことをホリデーシーズンと呼んでいます。)。

ニューヨークの冬の楽しみ方は、皆それぞれ違うかもしれませんが(過去記事でご紹介した冬のおすすめは、NYで冬を楽しむのカテゴリー内の記事をぜひご参照ください。)、この時期はイベントが多すぎて、毎年消化不良です。

しかし、今年は私が渡米以来やってみたかったことをついに達成しました。
それは、期間限定のノスタルジアトレインに乗ること。鉄道おたくでは決してありませんが、歴史あるものが好きなので、ずっと気になっていたこの企画。

それは、なんと、1930年代に実際に使われていた地下鉄にそのまま乗車できるというものです。

丁寧に保存されてきたからか、現代の汚い地下鉄よりもきちんとしているかもしれません(笑)

 

イベント好きのニューヨーカーが考えそうなこの面白い企画は、ニューヨークの冬の風物詩の一つとなっています。それは、11月後半から12月末にかけての1ヶ月間、特定の週末に数本だけ、普通の地下鉄の路線を、大昔に使われた地下鉄が走るというとてもユニークなものです。

毎年ブルックリンの遠くの路線で行われていてなかなか行けませんでしたが、今年は2nd avenue line開通記念で、アッパーイーストの2nd avenueの始発96丁目の駅を通る路線が選ばれました。

1930年代といえば、日本は昭和の時代が幕開けしてまだ間もない頃です。そんな時代の電車がいまだに当時の姿で保存されていることだけでもすごいことですが、冬の楽しみとして、実際に運行してしまうという発想は遊びが大好きなニューヨーカーらしい発想かもしれません。

2nd avenueの96丁目駅。

 

電車が駅に到着すると一斉に拍手が沸き起こり、皆良い写真を撮ろうと一目散に電車へ近づいていました。電車は外観だけでなく、中も当時のまま。いすは意外としっかりしていて、裸電球がむき出しになっていたり、当時のまま広告も残っていて、時代の面影が至るところに感じられます。走っている途中で、蒸気機関車のような音が突然鳴ったり、電球が一瞬切れて社内が真っ暗になるところは、当時を再現した演出なのか、ただの不具合なのかは分かりませんが、友達とおしゃべりしながら、あっという間にマンハッタンの反対側まで到着しました。

昔の地下鉄は、こんなに落ち着いた色だったようです。

ネコの耳のカチューシャをつけた可愛い子もうまく写真に入ってくれています。

社内の広告にも注目です。

数年に一度ずつの度重なる値上げを経てついに1回の乗車運賃2.75ドル(ニューヨークの地下鉄は距離に関わらず、一律料金です。)にまでなった地下鉄ですが、当時はたったの10セント。

裸電球やむき出しのファンにも時代を感じます。

 

友人によると、この電車を含め、他にも昔の地下鉄は、ブルックリンにあるNew York Transit Museumに保管されていていつでも見ることができるようですので、ニューヨークの昔の姿に興味がある方は、ぜひお出かけください。
ノスタルジアトレインの運行スケジュールも同じくTransit Museumのサイトから確認ができます。

New York Transit Museum

ノスタルジアバスもあるようですが、こちらはHPに正確な運行スケジュールが載っていませんでしたので、運良く乗れたらラッキーかもしれません。

Harvey Weinsteinニュースの余波

今朝からアメリカは、Matt Lauerさんのニュースでもちきりです。
最初名前を聞いたとき、誰だろう?と思ったのですが、顔を見たらすぐに分かったこの方は、NBCというアメリカを代表するテレビ局(フジテレビのようなイメージ)の朝のニュースの看板キャスターのおじさんです。

ウィキペディアより。

平日に毎朝アメリカのリビングルームでその顔が流れ、丹精な顔立ちと落ち着いたキャラクターで人気を博していた看板キャスターは、今朝、いつも通り朝のニュースに出演するために出勤したところ、朝4時に解雇を言い渡されました。他の番組出演者たちには、動揺しないように、7時に番組が始まるたった数分前まで伏せられていたそうです。

アメリカの芸能人にも有名人にも疎い私でも知っているこの方は、私がニューヨーク生活に慣れ始めた頃、英語の勉強のためにと毎朝見ていたニュース番組のキャスターで、もちろん会ったことはありませんが、私にとって馴染みのある方でもあります。

ご自身のtwitterより。

その方に一体何があったのでしょうか。全ての事の発端は、日本のニュースでも大きく報道されていたHarvey Weinsterinのセクハラ疑惑に遡ります。
その後、映画界の人だけでなく、テレビのキャスター等、アメリカのメディア界を引っ張ってきた多くの人たちにもセクハラ疑惑が次々と持ち上がり、数日に一人という驚くべき頻度で、有名人が次々と加害者としてニュースに登場してきました。
そして、極めつけは、Matt Lauerさん。アメリカのニュースキャスターの巨塔の一人で、アメリカ大統領へのインタビューやオリンピック中継のメインキャスターを何度も務め、その他、つい先週のサンクスギビングの代名詞とも言えるMacy’sが主催するパレードの実況中継も1998年から担当していたベテランキャスターに、一体何があったのでしょうか。

報道によると、2日前の11月27日にNBCの女性職員が、Mattから長年に渡ってセクハラ被害にあってきたことをNBCの幹部に告げ、そこから直ちに始まった調査で、この件以外にも複数の疑惑が浮かび上がり、今回の決定に至ったそうです。

Harvey Weinsteinに始まる一連の騒動は、色々謎めいた点も多いです。
Harvey Weinsteinのセクハラ疑惑は、業界関係者の間では有名だったものの、なぜ何十年も封印され続けられてきたのでしょうか。そして、なぜこのタイミングで公にされたのでしょうか。

Harveyの場合は、映画制作者という彼の肩書とそのあまりにも強い権力から、駆け出しの女優さんたちが、自分の仕事がなくなってしまうのを恐れて泣き寝入りしてきてしまった、というのは納得がいきますが、NBCのような大手テレビ局の内部で起こっていたセクハラ疑惑は、なぜ今まで封印されてきたのでしょうか。NBCのようにしっかりした会社であれば、従業員による匿名のホットラインのような制度もあったでしょうし、人事部も大きな力を持っているはずです(アメリカの人事部は、日本企業の人事部と比較して、総じてかなり社内での力が強いです。)。ソチオリンピックの頃から始まったと言われているMattによるセクハラの被害者は、匿名という形でも過去にこの件をNBCの幹部に伝えることはできたはずですが、現時点での報道では、過去にそうした動きがあったとの報道はありません。善悪がかなりはっきりしているのがアメリカ社会の特徴ですが、長いものには巻かれるの原理で、相手の男性があまりに有名人だったり力がある人だと、会社側も男性を守ろうという動きになりがちで、女性側は、自分の訴えは跳ね返されてしまうと思い、ずっと今まで我慢し続けてきたのでしょうか。
しかし、こうして名乗りを挙げるまで何年間もの間、MattにNoと言うことはできなかったのでしょうか。

私がアメリカ社会の仕組みについて知らない部分が多いために、こんなにも女性たちが強くて自分の意見を主張する国で、泣き寝入りがあることに驚いていますが、私の疑問は何かの機会に、アメリカ人の友人に聞いてみようと思います。

NBCニュースでMattと長年タグを組んできた女性キャスターは、今日、この件について、昨日までMattと一緒に出演していた朝のニュース番組でコメントを発表しました。突然のことに動揺が隠せない様子で、Mattのことをdear friendと呼び、仕事の上でも尊敬していたことが伝わる内容だっただけに、皆が衝撃を受けています。

今回の件で驚くのは、NBCの対応の早さです。月曜日に発覚した件が水曜日早朝には解雇という事態へと発展。しかも年収20億円と言われる看板キャスターです。日頃思うのですが、アメリカ人の思い立ったときの行動力には目を見張るものがあり、ほぼ1日半から2日という短い間に解雇するに足る証拠を集めてしまいました。
これがもし日本で起こっていたら、こんなに早くこうした形での決着を迎えていたかしらと、ふと思いました。

ニュースキャスターの英語はそれなりのテンポはあるものの聞き取りやすく、私のリスニング力の手助けをしてくれていた方が、こうした形で、自らの手で自ら築いてきたキャリアを棒に振ってしまい、一瞬にして第一線から消えてしまったのは、とても残念です。

*Weinsteinの件については、アメリカ事情に詳しい日本の友人が教えてくれたこちらの記事が、鋭い考察力で読み応えがあります。

ニューヨーク移住を考えた時に最初にしたいこと

ニューヨークに住んでみたいと憧れる人はたくさんいると思いますが、日本で築いてきた生活を手放して、実際にどうやったら移住ができるのか、という情報はあまり世の中に出回っていないように思います。


この週末は、ニュージャージーの友人宅へ。ハロウィンの飾り付け🎃が残るアメリカらしいお家。

私自身、9年前ぐらいに、一人で渡米の計画を立てていた頃は、右も左も分からず、仕事から帰っては、夜な夜なニューヨークや留学、移住というキーワードで、ネットサーフィンをして情報収集するという毎日でした。

そして、渡米してからは、ブログで見つけた情報を参考にしながら、自分なりにこうしたらいいのではないかという戦略のもとに、試行錯誤を繰り返していました。


再開発により完成したワールドトレードセンター跡地の最寄駅、フルトンストリートにつながるショッピングモール、Oculus。

ニューヨークに移住しようなんて考えること自体、日本では珍しかったかもしれませんが、ニューヨークに渡ってから、自力で渡米してキャリアを築き、生き生きと輝いている多くの日本人女性と知り合い、熱い想いと適切な戦略と行動力があれば、一見無謀と思えるような渡米も、十分実現可能であることを改めて感じています。

今日は、私のように、社会人になってからのニューヨーク移住を考えている方々に向けて、渡米に先立って最初にやった方が良いと思うことを書いてみたいと思います。

まず、一番重要なのは、ニューヨークで何をしたいか、ということです。

ニューヨークに短期で住むのであれば、会社を休職したり、仕事を辞めて次の仕事を見つけるまでの間に来ることができますが、長期となるとそういうわけにはいきません。

そこで重要になってくるのが、ニューヨークでの長期的な目標設定です。これが、ニューヨークで生活を立ち上げ、大変なことがあっても乗り越えていく原動力になるものなので、ぶれない目標であることが重要です。

私の場合の目標は、日本のキャリアの延長として、ニューヨークで国際人としてのキャリアを築き、グリーンカードを取得する、というものでした。

なぜ目標設定が必要かというと、これは後から感じたことですが、ニューヨークで暮らしていると、色々な誘惑、時には魔の手が忍び寄ってくることがあり、そうしたことに遭遇した時に、正しい判断をして、「ぶれないで」いられるからです。

なぜこんな風に思ったかと言うと、様々な事情によって軸足や本来の渡米の目的がぶれて自分の自身を見失ってしまったために、結果的に辛い思いをすることになってしまったり、目標叶わずして日本へ本帰国することになってしまったりといったことがあり得るからです。

その辺の事情を次回は掘り下げて書いてみたいと思います。

<検証>アメリカで太った人は昇進できないという神話

私が日本で暮らしていた頃、「アメリカでは太った人は、自己管理能力がないとみなされて昇進できない」という話をまことしやかに聞いたことがあります。

アメリカ人の友人がいたわけでもないので、その当時はこの噂の真偽を検証することができませんでしたが、渡米して、私の会社にいるトップ層の人たちやクライアントのそれなりの地位についている人たちを見て思うのは、太った人が昇進できないのではなく、「昇進して良い地位についている人たちが引き締まった体型をしている」のです。

アメリカでは、実際のところは分かりませんが、表向きは差別はタブーです。
差別は、人種差別から男女の性差による差別、年齢による差別、体型による差別など様々ですが、こうしたことで差別して昇進の機会を与えないといったようなことが起こると、会社自身が差別の対象となった従業員に訴えられて負けてしまうことは大いにあります。
そのため、太っていることが原因で昇進できない、ということは考えにくいです。

ただ、言えるのは、アメリカで、しかも名の知れた会社で上へと上がっていくことは簡単ではありません。日本ではまだ終身雇用制の考え方が残っているので、会社にいれば、いずれ自分のすぐ上にいた人はその上の位へと昇進し、空いたポジションに自分が就くことが可能です。
しかし、アメリカでは、空いた人のポジションは、自動的にそのすぐ直属の部下で埋められることはありません。なぜなら、即戦力が求められるので、そのポジションの経験がない人では、すぐにそのポジションの仕事を回せないからです。
そのため、外部に募集をかけて、その空いたポジションを任せられる人を探すということは一般的です。

下からステップアップしていくには、常に上を見て、自分の上の人たちの仕事内容も遂行できるような知識をつけておく必要があります。そのためには、たゆまぬ努力が必要ですし、周りの人たちと上手くやっていくという協調性、さらには、自分の立ち位置をしっかりと把握し、確かなポジショニングをとる必要があります。

そんなことができる人はどういった人でしょうか。
まず言えるのは、自分に厳しい人、妥協しない人、自分を客観的に見ることができる人だと思います。
それは、仕事だけでなく、プライベートにも言えて、自分が外からどのように見られているのか、ということを考える人であれば、まず、外見に気を使うことでしょう。
そして、自分に厳しい人であれば、体型維持のために、定期的にジムに行って運動する、といったたゆまぬ努力も惜しまないでしょう。

そんなことから、男女ともに、仕事で成功している人=外見も素敵な人という方程式が成り立つのです。
生まれ持って良いルックスというわけではなくても、常に自分を磨き、そして品格を備えた人であれば、その人の内面から滲み出るオーラを感じることができると思います。

NYへ来る機会がありましたら、ぜひ早起きして早朝の出勤時間帯のニューヨーカーたちを観察してみてください。(ただ街中のニューヨーカーを見るのではなく、できれば、おしゃれなホテル併設のカフェや早朝営業しているレストランへ行ってみてください。早起きのニューヨーカーたちがブレックファーストミーティングをしているところが垣間見られると思いますが、そうしたことをしている人たちは、それなりのビジネスマンやビジネスウーマンたちです。)

7年越しで達成した小さな目標

今日は日中一気に気温が上がり、夜も適度な気温が保たれて、夏らしい一日でした。

ニューヨークに来る前は、渡米数年で英語がペラペラになり、Sex and the Cityを見過ぎていたせいか、週末は金髪のアメリカ人美女とブランチをして、といった生活を夢見ていたのですが、現実はそんなに甘くはありませんでした。

英語は思った以上に難しい言語で、自分ひとりで勉強できる読みや聞き取りは一人で練習していれば何とかなるのですが、話す能力は、実際に話す場数を踏まないと上達しません。
でも、そこで問題となるのが誰と話すか、ということ。

当然ですが、模範となる英語を話す人、つまり、ネイティブスピーカーと会話をしないといけないのですが、自分の英語が下手だと、そういった場に恵まれないのです。
ネイティブの友達と知り合う一番の近道は、会社の同僚と仲良くなることですが、数年アメリカに住んでいれば、会社で複数人のアメリカ人の女の子たちの輪の中で、彼らが話していることは分かっても、彼らと同じ早いテンポ(ニューヨーカーの話す速度は通常のアメリカ人よりもはるかに早いです。)で話せないと、自分が話すタイミングを逃してしまい、聞き役に回ってしまいます。
そうすると、彼らと会社の枠を超えて友達になることはなかなか難しいです。
ニューヨーカーであれば、もともと友達は周りに十分にいるので、何か理由がないと、英語が不自由な人と友達になることはないからです。

また、英語のスピーキングと同様に難しいのが共通の話題。
アメリカで育っていない私は、アメリカの芸能人やドラマ、映画にも疎いし、アメリカ人なら誰でも知っているようなアメリカでの常識のようなこともあまり知らないので、そうすると、アメリカ人と会話を発展させるのは至難の業です。

そのため、NYでの日本人以外の友達は、語学学校で知り合った異国のクラスメート、日本に興味があり、日本語を勉強していたり日本に住んだことがある人たち(そういった人は不思議と男性ばかりです)、アメリカ出身でない会社の同僚(出身国は違っても、アメリカが母国ではないという共通点があり、仲良くなりやすいです。)で占められて、いわゆるネイティブのアメリカ人女の子の友達は皆無です。

アメリカ人の女の子と気軽にお茶したりする関係が築けないままあっという間に7年が経過したのですが、今日、その殻をついに脱出しました。
前職のアメリカ人の同僚の子から、転職相談を受けたのは、ここ最近のこと。
さらっとしたロングヘアーがよく似合い、いつもおしゃれに気を配っている彼女は、私の中で典型的なニューヨーカー。
英語がネイティブでない私にも寛大でいてくれた前職の数少ない同僚の一人です。
私が今いる会社に興味があるとメールをもらい、仕事帰りに会うことになったのです。
でも、転職活動の話というよりは、最近の話、夏の旅行のこと、ニューヨークのレストランの話等々、ビール片手に、たわいもない話で2時間ぐらい盛り上がりました。

{E3892A8F-B7B5-45A6-AA2F-F66353749F0F}

日没後のブライアントパーク。夏にはビアガーデンが登場します。今日は、お昼もブライアントパーク。今年に入って友達になった素敵な日本人の子と楽しい時間を過ごしました。ニューヨークで大好きな場所の一つです。

彼女も楽しんでくれたみたいで、これからはもっと頻繁に会おうね、と言って別れました。
ニューヨーク生活8年目を目前にしての小さいようで、私にとっては大きな進歩に、今夜は乾杯したいと思います。

{CCA3C081-52A2-4CDD-858D-488AB63AF330}

同じくブライアントパーク。こちらは西側。奥に写っているのは映画のスクリーンを設置する台。夏の間は、毎週月曜日にここで映画上映が行われます。