NYで食べる NYで驚きの体験 NY発☆最新ニュース

クロナッツ狂想曲とニューヨーカーの食事情

最近、食生活に気をつけるニューヨーカーが増え、それも、ただサラダを食べるという発想から、作り手の分かる野菜を使ったサラダを食べる方向へと変化しつつあるという記事を先日、投稿しました(こちらです)。

これに対して、ニューヨーク事情に詳しい読者の方から、クロナッツのようなこってりしたものも流行ったりして、ニューヨークの食事情は二極化しているのではないでしょうか、というコメントをいただきましたが、同感です。


世界的にも有名となったクロナッツ。

先日は、ヘルシーなものを求めるニューヨーカーが数年前とは比べ物にならないぐらい増えている側面に注目しました。しかし、シェイクシャックやベアバーガーに代表されるハンバーガー屋さんも未だ盛況ですし、日本のラーメン屋さんもここ数年で数を増やし、もはや不動の地位を確立しつつあります(ニューヨークで人気のラーメンはこってり系の豚骨ラーメンです)。

そして、もともとSOHOで静かにパン屋さんを営んでいたドミニクアンセルベーカリーは、クロナッツの大成功で、その名を世界中に広めることに成功しました。


SOHOの外れにあるドミニクアンセルベーカリー。清潔感溢れる店内で、スタッフも親切でした。

クロナッツは、クロワッサンとドーナツを掛け合わせた菓子パンで、相当なカロリーが予想されますが、登場から5年近く経過した現在でも、その人気は健在で、お店のホームページによると、8時開店に合わせて、7時半には並んでいた方が良いそうです。一念発起しないと一生食べる機会を逃してしまうと思い、ある日の朝早起きして行ってみました。


アメリカでよく見かけるキャッチフレーズをクロナッツ用にもじったポスター。

こんなにしてまで手に入れたはずだったのですが、正直なところ、期待していた味からは程遠い驚くほどの甘さで、一口で切り上げたくなってしまいました。

日本にいると、皆が同じようなものを食べて育ってきているので、自分の食生活がユニークだと思うことはありませんでしたが、何もかもが皆違うニューヨークでは、食べ物も例外ではありません。生魚を一切食べない人(お寿司もタブーです)、野菜嫌いで大人になっても野菜を食べない人、宗教上の理由から食事制限がある人(牛肉がタブーなヒンズー教徒、豚肉がタブーなイスラム教徒、甲殻類が全部ダメだったりととにかく食事制限が多いユダヤ教徒等々)はごくごく普通に見かけ、逆に、好き嫌いなく何でも食べる日本人の柔軟性に驚いてしまうほどです。

日本で健康的な食事というと、元気でいるため、という理由が真っ先に思い浮かぶと思いますが、アメリカでヘルシーな食事というと、まずはカロリーを抑えた太らない食事。痩せるということに焦点が置かれて、病気にならないための食生活の管理という発想を持っているアメリカ人は、ほとんどいないかもしれません。そのため、アメリカでヘルシーというと、生野菜のサラダ、ということになります。日本人的発想からすると、同じ野菜でも温野菜にした方が栄養素を摂取しやすいのではないか、となりますが、そんなことを考えるアメリカ人はいません。


ニューヨークで人気急上昇中のsweetgreen。ヘルシーな食事の代表格のようなお店。

ただ、カロリーの低い食事を提供するお店が確実に増えているのは、私にとってありがたいです。


0

-NYで食べる, NYで驚きの体験, NY発☆最新ニュース
-, , , , , , ,

© 2021 NYに恋して☆