米田選手に直撃~前編~

米田選手には、選手時代からお世話になっているメンターの方がいますアップ

その方は、プロを目指す若い子たちからオリンピック選手まで多くのスポーツ選手のメンタルトレーニングを行っていて、現役引退した米田選手は、いまその方のもとでコーチング技術を学んでいます。

今回のNYツアーも、もちろんその方も同行していて、私たちの交流会にも参加されていました。

 

その方が、「いままでにたくさんの選手の指導をしてきたけれど、現役時代からこんなに物事を深く考えている選手に出会ったことはないビックリマーク」としきりに話していました。

その言葉のとおり、世界を舞台に戦った選手の深く重みある言葉に、参加者はどんどん吸い込まれていきました目

 

当日の1問1答を、アテネオリンピックにいたるまでの道のりアテネ本番引退そして指導者への道を目指すいま、の3段階に分けて再現したいと思いますひらめき電球

 

ヒミツアテネオリンピックにいたるまでの道のり

Q1 スポーツ選手は、本番のほんの数十分の演技に向けて何年間も厳しいトレーニングを積んでいますが、その間どのようにしてモチベーションを高く保っているのでしょうか?

 

いつかスポーツ選手に会うことができたら(まさかこんなに早くその機会が訪れるとは思っていなかったのでビックリです!)絶対にしてみたいと長年思っていた質問をしてみました。

 

A1 モチベーション維持の方法は、選手時代常に考えていたことでした。その日の練習で撮影したビデオを寝る前に見て修正点をチェックし、次の日の課題を見つけることでモチベーションを維持できました。

また、毎日体育館にこもっているので、できる限り色々な人(特に違う分野の人)に会って話しをし、感銘を受けることも良い刺激となりました。テレビでスポーツ選手のドキュメンタリーも見ていました。

 

Q2 米田選手の選手人生を変えるきっかけとなった印象的な言葉はありますか?

A2 特に具体的な言葉はありません。しかし、常に相手がどうしてそう考えるのか、どうしてそう行動するのか、なぜそれは起こったのかといったことはよく考えていました。たとえば、「なぜ人はミスをするのだろうか?」、「なぜ練習に遅刻してくる選手がいるのか?」といったことです。

 

こうした深い質問は、日ごろからメンタルトレーナーの方にも投げかけていたようで、その方もよく驚いていたそうです。

 

スペードアテネ本番

Q3 本番の演技で一番緊張した瞬間は?

A3 オリンピックの会場、特に決勝の会場は、選手だけでなく観客も緊張していて、その緊張感が会場中を支配していました。そのため、決勝の最初の床の演技のときが一番緊張しました。

団体競技では、競技を終えたメンバーの精神状態が次に演技するメンバーに影響を与えてしまうので、たとえ小さなミスがあったときでも、キャプテンとして、常にみんなを鼓舞することを心がけていました。そうすることで、緊張を克服できたと思います。

 

Q4 団体競技では、キャプテンとしてどのようにしてチームをまとめていったのでしょうか?

A4 絶対に金メダルをとりたいと思っていましたが、その言葉を直接チームメンバーへ投げかけることはしませんでした。かえってプレッシャーを与えて逆効果だと思ったからです。そこで、先にマスコミに金メダルをとる!と公言して記事にしてもらい、外からプレッシャーをかけることでチームメンバーに刺激を与えました。(団体は28年間金メダルを逃していたので、この言葉は意外性も手伝って有効に機能したようです。)

その後、メンバーがリラックスしている時、食事のときやお風呂に入っているときに、一人ひとりに「僕たち金メダルとれるかな?どう思う?どうしたらいい演技ができるかな?」と問いかけて、チームとしての最終目標を明確にしていきました。
N.Y.に恋して☆-Isao Yoneda2

 

オリンピックの演技を見ているだけでは分からない裏話に、私はどんどんひきこまれていきましたきゃー

スポーツは、その裏にいつもいろいろなドラマ、秘話があり、そうしたことを知ると、結果だけにとらわれることはなくなくなり、選手の魅力も再認識することができるようになると思います音譜

 

次回は、現役引退した米田選手のいまをつづりたいと思いますグッド!

イケメンオリンピック選手とツーショット

私は、日本人と日本語を勉強するネイティブの学生の交流サークルに加入しています左右矢印

こちらの学生は、日々たくさんの宿題に追われているので、サークル活動にかける時間もおのずと少なくなっています。

そのため、活動はいたってシンプル宝石白

月に1,2度集まって、数人のグループに分かれてフリートーク。

15分ごとに英語タイムと日本語タイムがあって、おのおの身近なメンバーと会話をしますマイメロ

 

そのサークルに、先日スペシャルゲストが来てくれましたビックリマーク

その方とは、アテネオリンピック体操団体で金メダル、個人鉄棒で銅メダルを獲得した米田功選手ですキャッ☆
N.Y.に恋して☆-Isao Yoneda
オフィシャルHPは、こちら ベル

 

特に団体種目ではキャプテンとしてチームを牽引し、28,年ぶりの金メダルという偉業を達成した中心選手だった米田選手ひらめき電球テレビにかじりついて見ていたのが記憶に新しい人も多いと思います。もちろん、私もその一人です目

 

そんな米田選手は、北京オリンピック代表に落選してしまい、現役を引退。現在は、自己の体操技術とメンタル管理を融合させた画期的な指導法確立のために、新しい道を歩んでいますアップ

 

NYへは、海外のスポーツジム見学のために短期滞在をしていました。

 

間近で見た米田選手は、スポーツ選手とは思えない穏やかな雰囲気、そして私たちが投げかける質問1つ1つに対して、一言一言丁寧に言葉を選びながら、本当は忙しいはずなのに時間を気にすることもなく、しっかり私たちと向き合ってくれるとてもすてきな方でしたキラキラ女性陣だけでなく、男性陣からも「かっこいい」という言葉が漏れていたほどです。

 

当日はフリートークで、私たちから質問をして、それについて米田選手が答えていく、といった形で進んでいきました。米田選手は、選手時代から考えることが好きで、日々色々なことに思いを巡らせていたそうです。私たちの質問に対しても、とても深い答えをくれて、楽しい時間はあっという間に過ぎてしまいました。

世界を舞台に活躍している方から生の声は、説得力があり刺激的です音譜そして、新聞や雑誌からは知ることができない体操界の話も盛りだくさんでしたので、次回はその模様を臨場感たっぷりにお伝えしたいと思いますニコニコ