世界基準を知るということ

日本時間で24日に行われた注目の女子フィギュア。NY時間では、23日夜でした。日本のニュースのほうが詳しいので、そちらで色々チェックしていたら、NYとの時差が14時間あることをすっかり忘れていて、あやうく見逃すところでしたあせるアメリカは、やはり野球バスケアメフトの国なのでしょうかはてなマーク

オリンピックは、NBCというチャンネルで放送されていますが、日本のような盛り上がりは全くなく、普通の試合とほぼ同じような扱いなので、ついオリンピックが4年に1度しかない特別な舞台であることを忘れてしまいそうですかおアメリカは、メダル争いもトップを走っているのに、不思議でなりません。

解説は、金メダル候補となる外国人選手(フィギュアでは、プルシェンコやキムヨナ、真央ちゃん)以外は、やはりアメリカ選手に熱がこもりがち。アメリカ生まれの日本人、長洲未来ちゃんは、真央ちゃんと同じぐらい大きく取り上げられていました。

日本にいたら、日本選手が登場したら、見ている私まで緊張して競技が終わるまでずっと固まってしまうところですが、こちらの解説者がドライであるからか、そして日本選手も他国選手と全く平等に報道されているからか、冷静に競技を楽しんでいますリボン

そこで気づいたことは「世界基準」で戦うということの重要性ひらめき電球

続きを読む

寒い冬を吹き飛ばすホットなNYの週末

NY在住歴の長い人たちの間では、年々暖かくなっているというNYの冬ですが、先週半ば、今日と2週連続で雪景色です雪

そんな冬のNYをホットにするイベントが目白押しの週末でした音譜

 

王冠1バンクーバー冬季オリンピックが開幕

スポーツ観戦好きの私にとっては、待ちにまったオリンピック。

でも、アメリカで迎えるオリンピックは日本とはちょっと様子が違います。アメリカ選手偏重の放送スポーツ実況中継特有の英語の表現に戸惑いよく内容がつかめない番組、日本のような特番がなく試合スケジュールが分からないので行き当たりばったりでの観戦あせる

私がスポーツ観戦が好きなのは、スポーツには必ずドラマがあるから宝石ブルー試合の行われる特定の時間に合わせて何年も努力を積み重ねてきたアスリートたちそれぞれのストーリーを知ってこそ、その試合が楽しめるので、試合前の解説も私にとっては重要パートなのですが、こちらでは当然ながら、日本人選手のバックグラウンドや最近の調子等は一切解説がないのでただ試合を見る、という形になってしまいますしょぼん

 

今日は親友の送別会をわが家で開催したのですが、偶然男子フィギュアシングルと重なり、韓国人、フランス人、ギリシア人、プエルトリコ人、そして私で白熱のテレビ観戦となりました。

プルシェンコ選手の再起の舞、高橋選手の復活となる華麗なるジャンプ等々で大盛り上がりでしたが、観戦にもお国柄が出るのが私にとってはそれもまた刺激的でした(こんなところに注目するの?という面白いお国柄の詳細は、次回アップします)ビックリマーク

 

チョコバレンタインデー

NYでのバレンタインデーの位置づけは、日本とは若干異なっていました左右矢印

「義理」という英単語がないことからも分かるように、こちらにはそういった概念もないので、日本のようにデパ地下のような広い会場に、チョコレート会社が軒を連ねる、という光景はどこにも見当たりませんでした。つまり本命のみなのです。

私はその日は地下鉄に乗る機会が多く、色々な路線を渡り歩いていたのですが、バラの花束(といっても大きなものではなく、5,6本程度)を持っている人との遭遇率が高かったですブーケ1

海外では、男性から女性へプレゼントする、と聞いたことがありますが、花束を持っているのは男女半々でした。きっと出身国によってもまた違うのでしょう。あと、ユダヤ人で、色とりどりの小さなハートマークを編みこんだ毛糸の帽子(宗教上頭にのせているもの)をかぶっている人がいて愛らしかったですニコニコ

 

ベルChinese New Year

14日は、旧正月でもありました。

NYでのアジア人人口の大半を占める中国人と韓国人にとっては、1月1日よりもこちらが正式なお正月なので、各地でイベントが行われていましたクラッカーマンハッタンにあるチャイナタウン、そしてマンハッタンから45分ほど東へいったフラッシングというところにあるチャイナタウンでは、恒例のパレードが開かれたようです。

以前記事にもしました(こちら からどうぞ)が、欧米人にとっては1月1日よりもクリスマスのほうが一大行事。そうすると、1月1日を盛大にお祝いする民族って世界中で実は日本人だけなのでは、と最近思っています!?

 

口紅ファッションウィーク開幕

NYでは、毎年9月と2月に行われるファッションウィーク。

世界中の名だたるブランドが一同にNYに会し、新作のショーを行いますワンピース

さすが最先端のファッションの発信地でもあるNY。連日その模様がテレビでも放映されています。
N.Y.に恋して☆-fashion week1

会場となっているブライアントパークには、こんなテントが登場目
N.Y.に恋して☆-fashion week3

こんな感じに関係者たちが続々と会場入りしていきます。

一体何食べているの?と思うような細さ、そして半径数メートル以内の人々を一瞬にしてひきつける独特のオーラをはなっているモデルさんたちキラキラ

N.Y.に恋して☆-fashion week2

真ん中の金髪、茶色のコートのお兄さん、どこかで見たことある気がして思わずシャッターを押してみたのですが、いまだに思い出せません汗ご存知の方、ぜひ教えてくださいひらめき電球
N.Y.に恋して☆-fashion week4
さっそうと通り過ぎるモデルさん。右端の男の子、どこかのテレビ局のクルーなのですが、旧正月にあわせてトラのかぶりものをしていておちゃめですニコニコ

HIROMIがニューヨーカーを魅了した夜♪

記憶が薄れないうちに、この感動の夜のことを記しておかなければいけません目

それは、1月下旬の北風が肌に突き刺さるように冷たかったとある夜のこと。NYの中でも特におしゃれなエリアとして知られるSOHOの家賃が高騰した後に、多くの画廊がその場所を移し、それと同時に芸術の発信地としていまやSOHOと並ぶエリアに成長したチェルシーにあるHighline Ballroomというクラブでの出来事。

私が長年熱いファンとして応援している、天才ジャズピアニスト、上原ひろみ
(海外での名前はHIROMI)ちゃんのNY公演が、1日限定で行われました音譜

続きを読む

本当のアメリカン・ドリーム

すっかり更新が滞ってしまいましたしょぼん
ブログ開設からもうすぐ半年。細々と始めたこのページですが、更新していない日でも毎日多くの方々が訪れてくださり、そして多い日には開設当初の10倍以上ものアクセスがあり、自分でも驚いています。
いつもご訪問ありがとうございますくつ

最近、私を取り囲むあらゆる方面で様々な新しい風が吹き始め、中にはものすごい追い風もアップ

続きを読む