“Good bye”よりよく使われている挨拶表現

ニューヨークで暮らすようになってから、いたって簡単な表現でも、日本の学校で出会わなかったものに遭遇することが多く、その度に教科書英語の限界を感じていますDASH!
そして、その一方で、こんなにインターネットが発達して国境を超えて自由に情報が行き来できる時代なのに、なぜ日本ではそもそもネイティブたちがほとんど使っていない表現が学校で教えられているのか、不思議な気持ちにもなりますかお
{5EB00751-12B9-4EAC-ABCC-E641B3D4F9B3:01}

マンハッタンの象徴の一つ、クライスラービル。いつ見ても美しいです。

最近のブログでは、”Thank you”への答え方を紹介しました。(こちらからどうぞ)今回は、“Good bye”よりも、はるかによく使われている表現をご紹介したいと思いますひらめき電球
時間帯によって使い分けが必要ですが、
午前中であれば、“Have a good day.”、午後であれば、“Have a good afternoon.”、夕方や夜であれば、“Have a good night.”と言います。

この表現は、友人間のようなカジュアルな場面、会社の同僚や上司との挨拶、クライアントの方との間のような少しかしこまった場面でも使える優れものメモ

また、レジの店員さんが、お客さんに対して使っているのもこの表現です。また、電話を切る時に使われるのも、この言い回し。

見ず知らずの人がエレベーターを降りる時に使っている場面に遭遇することも多々あります。

これらの表現への返事は、
“You too. Thank you.” 
「さようなら」ということを言うのに、”Good bye”ではなく、「良い一日を」といった意味合いの表現が使われているのは、非常に興味深く、また、日本で形だけで使われているような「お疲れ様」よりも、ずっと心がこもっているように感じます宝石赤
そして、それに対して、「あなたもね、ありがとう。」と答えることで、相手との間に温かい会話が成り立ったように感じられ、気持ちも良いです。
電話等ではなく、顔が見える相手との間では、ぜひ笑顔で答えましょうアップ
オフィシャルな場面で初めて会った人に対してや、ビジネスの場面でかしこまった状況での言い回しは、“Take care” これは、「さようなら」といったニュアンスです。さようならと言われているだけなので、返事は、”Take care.” で大丈夫です。
ちょっとかたいニュアンスの表現なので、使われる場面は限定されてきます。
海外旅行に行ったら、ホテルの従業員、エレベーターで一緒になった他のお客さん、店員さんに”Have a good day.”と言ってみてください。相手からも温かい返事が返ってくるはずです音譜

ニューヨーカーの夕食に欠かせないホームページ

時刻表のないマンハッタンの地下鉄。突然各駅停車だったはずの電車が急行になったり、宅急便の配達時刻指定ができなかったり、乗っていたエレベーターが壊れたり、レストランの品質管理が徹底していないので、ガイドブックにも載るような有名店で食中毒になったり、信頼できる日系食料品店で賞味期限切れの商品が陳列されていたり、ニューヨーク生活では、日本では考えらないような出来事が、予想もしないタイミングで襲ってくることには、すっかり慣れてしまいました(上記はいずれも私の実体験です。過去記事をぜひご覧下さい。)。

一生懸命働いて、きめ細かいサービスを提供するよりも、言われたことをさっさと片付けてアフター5を楽しむことに重きが置かれているアメリカ。そのため、不便なことも多いですが、ニューヨークの方が進んでいるのでは?と思える数少ないこともあります。
今回は、ニューヨーカーで知らない人、一度でも利用したことはない人はいないと断言できるほどに有名なホームページを紹介したいと思います。
その名は、seamless webナイフとフォーク
住所を入力すると、自動検索機能により、その時間帯に開いている宅配をしてくれるレストランを教えてくれ、このページからワンクリックで食べ物の注文ができるのです。
日本では、配達してくれるお店といえば、ピザやお寿司が一般的で、年間利用回数もそんなに多くはないのではないでしょうか。
しかし、料理が苦手な人、仕事から帰宅後に夕食の準備が面倒だと思う人は多く、そうしたニューヨーカーの需要に応えているのが、このseamless webなのです。
アメリカでは欠かせないチップ(この場合は、レストランで実際にサービスを受けていないので、ウエイトレスさんへのチップは不要ですが、配達員(a delivery guy)
へのチップが必要です。)も、このページからクレジットカードで支払えるので、現金を持ち合わせていなくても、食べ物を注文できるという優れたホームページです。
マンハッタンのレストランは、ミシュランの星を獲得するような高級店を除いて、一般的に宅配をしてくれ、そうしたお店のほとんどが、seamless webに登録しています。
金融機関のように、残業が多い会社が入居しているオフィスビルの一階で、夕食時になると列をなしている配達マンを見かけることに当初は違和感を覚えていましたが、マンハッタンではごくごく普通の光景になっています。

ニューヨークで暮らす日本人

ニューヨークで暮らし始めた当初は、生活の立ち上げと学校の勉強、そして当時は就職活動に大忙しで、英語力向上のためにも、日本人ばかりが集まる場所へはあえて行かないようにしていました本

それからしばらくして、今では大切な友人で、私のニューヨーク生活に大きな影響を与えてくれることになる日本人女性と知り合ったことをきっかけに、私のニューヨーク生活の土台が形成され、その後大きな発展を遂げていくことになりました。

どこで暮らしていてもそうだと思いますが、特にニューヨークのように、想像を超えるほどに色々な人が渦巻いている世界で暮らしていくためには、「素晴らしい友人」の存在は、不可欠です。お互いに困った時に自分のことは差し置いてでも助け合え、そして母国語で話ができる友人は、海外生活が始まって早いうちに見つけておきたいです。

彼女を始めとする親しい友人たちを除いては、アメリカ人に囲まれて英語力を伸ばすことしか頭になかった渡米当初の私は、ニューヨークにどんな日本人が暮らしているのか思いを巡らすことはありませんでしたが、本当に色々な生き方や世界が広がっていますので、今日はその一端をご紹介したいと思いますベル

ニューヨークに暮らす日本人は、大きく分けると、こんな方々です。
1 駐在員: 土地柄、日系企業の駐在員はとても多いです。20代後半から30代前半の若手、もしくは40,50代の管理職での駐在に層が分かれます。最近では優秀な若手女性駐在員もいます。
2 大学留学: SUNY(State University of New York)やCUNY(City University of New York)と呼ばれる、州立や市立の大学は私大に比べて学費が抑えられていることもあり、こうした大学への留学生が一般的です。
3 大学院留学: マンハッタンにあるアイビーリーグといえば、コロンビア大学。大学院やMBAには、国家公務員やコンサルティング会社勤務で、会社派遣の方が多いです。また、会社派遣でコロンビア大学やニューヨーク大学のロースクールに通う方々も。その他、日本で一定のキャリアを積んだ女性が、さらなるキャリアアップのために、自己資金でこうした大学院に通うケースも。また、アメリカの方が自由な研究環境があるようで、修士や博士課程の研究者の方も多いです。
4 語学留学: 短期間海外生活を経験するために、学生、または会社を休職したり、会社を辞め、次の仕事までの間に来る人達。ただ、マンハッタンにはそうした人たちを対象とした語学学校が無数にあり、きちんとした学校を選ばないと、英語力上達はおろか生活費を稼ぐために、違法のバイト(学生ビザでは、学外でのバイトは全て違法です。)に精を出し、目的なくニューヨーク滞在を続けることになってしまいます。
5 研修生: 駐在員とは別枠で、1年から1年半ぐらいの期間、海外での就労経験を積むために日本で働く会社から派遣されるケース。20代後半から30代前半の人が多いです。これ以外に、ニューヨークで暮らすために、日本で勤めていた会社を辞め、代行機関から、ニューヨークで研修ができる会社の紹介を受けてビザ取得の上、渡米するケースも。
6 お医者さん、弁護士さん: 海外の医療事情を知るために、自らアメリカの難関試験を受けて、マンハッタンの病院で研修医として働くお医者さんは意外と多いです。また、日本の法律事務所からの派遣で、こちらのロースクールに通い、アメリカの弁護士資格も取得して、一定期間マンハッタンの法律事務所で働く弁護士さんも。
7 現地採用のサラリーマン: 一番数が多いのは、現地採用の日本人。大学や大学院留学でこちらに来て、自然な流れでニューヨークで就職して働いているパターンです。ただ、英語の壁はありつつも、アメリカの会社で働くか、日系企業に就職するかで、待遇に大きな差が生じてしまうという厳しい現実も。(日系企業は、日本からの駐在員には手厚い待遇の一方で、こちらで薄給でも働きたい人がいることを知っているため、現地採用の待遇は一般的にとても悪いのです。) 中には、アメリカでの経験をもとに、独立する人もいます。
8 アーティスト: アートの街とも言えるほどに、文化や芸術活動も盛んなニューヨーク。こちらの美大に留学し、そのまま活動の場を求めてニューヨークでキャリアを追求するアーティストさんは、数知れません。レストランでバイトをしながら作品制作に励む駆け出しの方から、成功してご自身のデザイン事務所を持つ方々まで、様々です。
9 駐在員の奥さん: 上記1-8には当てはまらないので、あえて別枠を設けてみました。旦那さんの会社からの制約等で働きたくても働けないというケースもあるようで、日中は趣味に興じたり、奥さん仲間で集ったりしているそうです。語学学校や料理教室に通うのが一般的です。

こうして見てみると、ニューヨークに暮らしている日本人といっても、本当に色々な方がいて、皆それぞれ違ったバックグラウンドで、異なる思いや期待に胸を膨らませてこの街にやって来て暮らしているのですドキドキ

こうした日本人が、どんなことを考え、感じながら、日々生活しているのかは、追ってご紹介したいと思います。

“Thank you”への答え方

アメリカ人と一緒にいると、ちょっとした簡単な会話でも、日本で習っていたのとは違う受け答えがされていることに驚かされますビックリマーク

 

たとえば、日本の中学校の教科書には間違いなく、

「Thank youに対しては、You’re welcomeと答えましょう。」

と書かれていると思います(最近の中学校の教科書は見ていませんが、私が中学生の時には確実にそう書いてありました。)。

 

しかし、ネイティブの人の会話の中で、このお決まり文句を聞くことはほとんどありませんビックリマーク

 

その代わりに使われているのが、「No problem」。

 

日本語に訳したら、「いいえー(どういたしまして)」といった感じでしょうか。

 

初めてこの受け答えを目の当たりにしたとき、教科書英語とのあまりの乖離にびっくりし、その後1,2年ほど「Thank you.」に対してネイティブの人たちがどのように答えているのかを、その都度、その場面に遭遇したときに、逐一チェックするという小さな研究をしてきたのですが、驚くことに、ほとんどのケースが「No problem」でした。

 

英語には敬語はないといわれているものの、やはり言葉。友人同士や同僚同士、仕事でのお客さんと話すとき、何かをお願いするとき、大勢の前で話すときに使われる単語や表現はそれぞれ異なっているのですひらめき電球

 

ただ、日本との大きな違いは、日本のような上下関係社会はほとんどないため、上司、同僚、友人との間での言葉遣いは同じで大丈夫です。そのようなことから、英語には敬語のような概念はほとんどないとの誤解を招いてしまうのかもしれません。

 

そして、「No problem」という返答は、通常の場面、つまり、友人との間や会社で使われているのです。

友人同士や上司から部下へのメール、携帯のテキストでは、NPと訳してもOKです。(ただし、部下から上司へはNPとは書かず、No problemとタイプしたほうが良いでしょう。)

 

では、「You’re welcome」はどんな時に使われるのでしょうかはてなマーク

それは、もっとかしこまった場面、相手との距離が離れている場合

例えば、仕事上でのお客さんとの会話、初対面の人との会話といった場面です。

 

日常会話でも、英語は奥が深いです。