NY・予定を決めない散歩のススメ

私は外に出かけて新しいことを見聞きするのが好きなので、週末もいつも友達との予定がぎっしり詰まっているのですが、今日は1年に1日か2日あるかないかという全く何も予定がない週末でした。

どこにも行かずにのんびりと過ごそうと決めたので、お昼は顔見知りのオーナーが共同経営する近所のカフェへふらりと出かけてみました。

このカフェのオーナーは、以前こちらのブログでもご紹介したこの方
どういうわけか日本人女性のことを気に入っていて、私にもいつも親切にしてくれるし、過去記事でも書きましたが、お世辞とは言え、顔を合わせると”You are beautiful!”と必ずおだててくれるのでたまに足を運びたくなるし(笑)、話相手にもなってくれるので一人で出かけるのには最適なカフェなのです。

欧米の人は感情表現が豊かですが、久しぶりだったこともあり、とても喜んでくれて、テイクアウトではなくてお店で食べて行ったらと言われ、北アフリカ料理を楽しみました。
そして、その合間に、その方の母国アルジェリアの話を聞くのは、生の地理の勉強をしているようです。

その後、近所の日系スーパーへ。
最近別のスーパーへ行く機会が増え、このスーパーからは何ヶ月も足が遠のいていたのですが、さつまいもはここでしか売っていないのでお散歩がてら出かけてみました。

このスーパーの近くのホテルの1階には、期間限定のポップアップストア用の小さなスペースがあるのですが、今日はおしゃれなカバンが数多く並んでいる店舗に惹かれて、ふらりと中へ入ってみると、イタリアのフィレンツェからやって来たという老舗カバン屋さんの期間限定のお店になっていました。

File_002 (1)

お店のロゴが入ったおしゃれな本革のハンドバック。

 

NYの友人を頼って、初めての出店で慣れないながらも頑張っているというイタリア人の店員さんは、代々続く老舗カバン屋さんの息子。全て本革の手作りという丁寧に作られたカバンなのに破格の値段。その店員さんに説明してもらいながら色々な商品を見せてもらい、思いがけず素敵なポシェットに出会うことができました。

(ネットで見たところ日本では個人輸入業者が扱っているようですが)日本へはまだ未出店で、フィレンツェの店舗へ直接買いに来る日本人観光客が多いようです。そんな日本人に「お手頃価格ですよ!」という代わりに、誰が教えたのか「貧乏プライス」と言って声をかけていると教えてくれました。「貧乏プライス」は響きが良くないのでもっと良い表現があるよ、なんて話をしている間に、別のお客さんが2人も来店してかばんを購入して行きました。

File_001 (2)

パーティーやちょっとしたお出かけに重宝しそうな長バック。

File_004 (1)

ボストンバックの形をしたスーツケース。取っ手の部分を引っ込めて横にするとボストンバックになるというおしゃれな作り。

File_003 (1)

お財布とメガネケース。

 

誰もお客さんがいないお店よりも人がいたほうがお店に入りやすいから、あなたがいてくれたおかげです、とフレンドリーなイタリア人の店員さんは喜んでくれて、なんと私のポシェットを25%も割引してくれました。

決められた予定に基づいて行動するのも楽しいですが、こうして時間がたっぷりある時に、気が向くままに行動してみると思わぬ良いことがあるのも、NYの面白いところです。

こちらのお店、仕事用から旅行用、お出かけ用のカバンからお財布まで良質の製品が揃っていて、驚くほどお手頃価格です。あと2,3ヶ月は出店しているようですので、お近くの方、近々NY旅行を計画されている方はぜひお立ち寄りください。

Pratesi
お店は、Roger Smith Hotelの端っこ(47th streetとLexington avenueの北東の角)で、グランドセントラル駅から徒歩3分です。
http://www.pratesishop.com

人生のレール

日本では、世間で名の通った会社に就職したり、ステイタスのある仕事に従事し、社会がいつの間にか敷いた規定のレールに乗った人が勝ち組とされ、そのレールに乗りそびれてしまった人や途中でレールから脱落してしまった人は、自然と負け組扱いされてしまう風潮が強いことは、NYへ来るまであまり意識することはありませんでした。

しかし、肌の色も髪質も、話す言葉も、信じる宗教も、普段食べるものも違う人たちが混じり合って暮らすNYで、何のレールもないところを自らレールを作りながら歩んでいる人たちを目の当たりにし、自分でレールを作っていけるこの環境がとても心地よくなり、私がNYにこだわる究極の理由はここにあるのではないかと思います。

私は日本でもNYでも普通の会社員ですが、面白いことに、私がプライベートでNYで集っている友人たちの会社員率は極めて低いです。
毎日決まった時間にオフィスに出社するという生活ではなく、フリーランスという形や、会社員でも自分で仕事を作り出して働いていたり、在宅ワークをしていたり、そのスタイルは様々です。

それぞれが、それぞれの形で、自分のやりたいことに向かって邁進することを可能にしてくれ、その夢を形にしてくれる都市は、世界中を見渡してもなかなかないのではないかと思います。

日本人に限ると、NYでこうして自由に羽ばたいているのは圧倒的に女性が多いです。
日本人男性は、駐在員が多いため、日本で敷かれたレールの延長に一定期間のNY駐在があり、また日本のレールに戻っていかれる方が多いのです。

日本とアメリカでの仕事には色々と違いはありますが、大まかな違いへの対応が分かってしまえば、残る大きな壁は英語力のみだと思います。
アメリカ人は、日本人のようにきめ細かで丁寧な仕事はしないし、深い思考力も、トップクラスの人を除いた平均レベルでは、日本人の方が圧倒的に勝っています。

つい最近、私の会社の日本からの駐在員の方は、駐在の任期が過ぎた後もアメリカに残るという選択をし、日本の会社を退職してアメリカの現地法人との雇用契約へと切り替えました。
3年という駐在期間の間に、こちらの生活が気に入ったようです。日本からの駐在でアメリカで働いている人の中には、アメリカの生活の方が気に入っている人もたくさんいます。
どこでどういった人生を送るかは、完全に自分次第だと思いますが、日本のレールを外れてみると思いがけない面白い世界が広がっていることもあるので、そういった選択肢が選べるような生きる力を身につけることに精進するのも良いかもしれません。